ピクシブ百科事典

機動戦士クロスボーン・ガンダム

きどうせんしくろすぼーんがんだむ

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』(MOBILE SUIT CROSSBONE GUNDAM)とは、長谷川裕一による漫画作品。『機動戦士ガンダムF91』の10年後を描いた続編でもある。1994年~1997年まで「月刊少年エース」にて連載された。
目次[非表示]

宇宙世紀0133
地球の誰もまだ
この戦いを知らなかった

概要

機動戦士ガンダムF91』の10年後の世界を描く同作の続編。
「漫画初出のガンダム作品」としてはガンダムの生みの親である富野由悠季が史上初めてにして現在までで唯一直接制作に関わっている作品である(ただし本編のみで、続編に関しては一切触れていない)。
一方で、作画(及びネーム切りなどの実作業)担当の長谷川裕一独自の解釈による「ニュータイプ論」「アースノイドとスペースノイドの思想対立」なども加えられており、富野作品、長谷川作品としての評価も高い(物語佳境におけるドゥガチとの「人間」というものを巡るやり取りは、長谷川が出した解に対する富野の答えともいえる)。

ベラ・ロナを中心として再興した宇宙海賊クロスボーン・バンガードと、木星圏を根城とする木星帝国(ジュピター・エンパイア)との壮絶な戦いが描かれている。
後に、外伝『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』を皮切りに外伝・続編が連載・発表されている。

モビルスーツデザインに関しては『機動戦士Vガンダム』のカトキハジメが長谷川裕一のアイデアを元にF91との折り合いを付けるようデザインを行っている(一方で、そのデザインを下敷きにした長谷川独自デザインのMSも登場)。
また、メカニックデザインの一般公募も行われ、当時アマチュアであった海老川兼武のデザインしたモビルアーマーが登場した。

なお、時期的に言えばSDガンダムの最盛期から末期にあたり、かつ前作にあたる機動戦士ガンダムF91がSDガンダムの展開において大きな取り上げられ方をしていたにもかかわらず、、当時の知名度があまり高くなかったためか、当時のSDガンダム作品群におけるキャラクター化は(ホビージャパンで発表された武者鋭駆主などのごく少数の例外を除いて)されていない。

主な登場人物

宇宙海賊クロスボーン・バンガード

トビア・アロナクス
ベルナデット・ブリエット
キンケドゥ・ナウ
ベラ・ロナ
ザビーネ・シャル
ウモン・サモン

木星帝国(ジュピター・エンパイア)

クラックス・ドゥガチ
カラス
ギリ・ガデューカ・アスピス
ローズマリー・ラズベリー
バーンズ・ガーンズバック


地球連邦軍

ハリソン・マディン

登場兵器

宇宙海賊クロスボーン・バンガード

マザー・バンガード
クロスボーンガンダムX1
クロスボーンガンダムX2
クロスボーンガンダムX3
フリント
ゾンド・ゲー

バタラ

木星帝国(ジュピター・エンパイア)

バタラ
ペズ・バタラ
クァバーゼ
量産型クァバーゼ
アビジョ
トトゥガ
エレファンテ
エレゴレラ
ノーティラス
ディビニダド

地球連邦軍

量産型F91
ヘビーガン
133式ボール

派生作品

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト
機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST

関連イラスト

決着は「人間」の手でつけます
歩いてゆく彼方
とあるパン屋さんの風景
【C86】新刊表紙その2



関連項目

ガンダム 宇宙世紀 機動戦士ガンダムF91
長谷川裕一 富野由悠季 カトキハジメ

pixivに投稿された作品 pixivで「機動戦士クロスボーン・ガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253973

コメント