ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トビア・アロナクス

とびああろなくす

長谷川裕一による漫画作品『機動戦士クロスボーン・ガンダム』及び関連作品の登場人物。
目次 [非表示]

そうだな、ならば海賊らしく・・・いただいてゆくっ!


神よ―――

もし 本当におられるのでしたら…

決着は"人間"の手でつけます

どうか手を――― お貸しにならないで―――


CV:山口勝平


概要

ガンダムシリーズの漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の主人公。


地球から木星へ留学した学生であり、留学先となる筈だった木星圏の戦乱に巻き込まれ、そこで宇宙海賊クロスボーン・バンガードのキンケドゥ・ナウに助けられる。

クロスボーン・バンガードと行動を共にし、パイロットとして戦っていく内に優れたニュータイプとしての才能を開花させていく。


劇中の活躍

明朗活発で、前向きな性格をしており、既存の常識に捕らわれることなく、強い意志と判断力を見せる。そのため、ニュータイプの人間に生じがちな気負いや、優越感からくる傲慢さや選民思想などはなく、人同士の調和を常に求める姿勢を持つ。

戦いに身を投じたばかりの頃はベラ・ロナの「敵兵であっても極力殺さない」方針に疑問を呈していたが、敵基地潜入任務の折、キンケドゥとの会話でベラの人となりを知り、考えを改めるようになった。


木星戦役後はキンケドゥからクロスボーンガンダムX1を譲り受け、宇宙海賊のエースとして活躍。

表向きは仲間達と運送業者を営みながら宇宙でトラブルが起こった際に海賊行為を行っていた。

その後、木星帝国の「神の雷計画」の情報を入手し、それに対抗する為の機体・パイロットの確保に尽力し、木星へ強襲した。


また相棒であり恋人でもあったベルナデットとの関係は、『鋼鉄の7人』最終作戦の直前、彼女が木星の混乱した現状を知ったためにテテニス・ドゥガチへと戻ることを決意したため、それに伴い「トビア・アロナクスは木星では生きられません」(海賊軍に加わったトビアは木星では「テテニスを殺した(あるいは殺しかけた)戦争犯罪人」として木星の民の恨みを一身に受けて裁かれる存在)として別れを告げられ苦悩する事になる。

愛する者とともに歩めない現実を目の当たりにしたトビアであったが、そんな彼の脳裏に浮かんだのは、誰よりも尊厳した兄貴分であるキンケドゥの姿だった。愛する者宿業のために本来の自分を捨ててまでキンケドゥであった兄貴分の姿を思い起こしたトビアは姿見に映る自分の姿を前に、ひとつの答えを出す。


「トビアが木星に行けないなら、"ぼく"は"あなた"になってやればいいんだ」

「キンケドゥさん……今こそぼくは、あなたの"すべて"(生き方)を受け継ぎます!」


そして、トビアは最後の戦いとなる『鋼鉄の7人作戦』に出撃。『神の雷計画』を阻止するも搭乗機は大破。公式には死亡したとされている(連邦の戸籍では、そもそも木星戦役の時点で死亡扱いにされている)。


ただ、最終決戦の直前、トビアはベルナデットに。

「トビア・アロナクスは行けなくてもぼくはきっと行く

との約束を残して戦いへと臨んでいた。


パイロットとして

戦闘に関して自信を持っていないような言動を最終話に至るまで何度か取っているが、それを機転でカバーする事が多い(事実、実戦においては何度か機体を破壊される事があった)が、ニュータイプ能力の拡大に伴いエースパイロットとしての頭角を現していくようになった。

それから数年を経てパイロットとしても成長し、続編であるスカルハート、鋼鉄の7人ではクロスボーン・バンガードのエースパイロットとして活躍している。


戦闘に関しては先述のこともあり、敵であっても殺さない、いわゆる『不殺(ころざす)』を念頭に置いているが「相手や状況によっては止むを得ない」との覚悟も持ち合わせている。


ニュータイプ能力

海賊内ではキンケドゥに次いで高いニュータイプ能力を持つ。

幼い頃に両親を亡くしているが、アムロ・レイカミーユ・ビダンなどと違い、叔父夫妻に従兄弟と同じように愛情を持って育てられたためか、家族の温もりを知っておりニュータイプパイロットにありがちな内屈的な人格は見受けられない。

高いニュータイプ能力の持ち主ではあるが、トビア本人はそれ自体にはあまり価値を見いだしておらず、むしろ「人としての在り方」の方に重きを置いている。ためにニュータイプであることを誇示して人を見下したり、人間を手前勝手な尺度で選り分けるような思想の持ち主には嫌悪を示している。

また、頭に血が上った時にNT能力が一時的に上昇するのか、ザビーネ・シャルの銃弾を回避してみたり、パイロットとしては格上のカラス先生を圧倒したりしている。


搭乗機

彼は作中すべてのクロスボーンガンダムに搭乗している唯一のキャラクターである

バタラ

ペズ・バタラ

F97-X3 クロスボーンガンダムX3

F97-X2 クロスボーンガンダムX2

F97-X1 クロスボーンガンダムX1

       クロスボーンガンダムX1改・改スカルハート

       クロスボーンガンダムX1パッチワーク

       クロスボーンガンダムX1フルクロス


ゲーム作品において

スーパーロボット大戦シリーズにおいて

第2次α』にて初登場。(若干、原作と設定が違う部分もあるが)ほぼ原作通り。ちなみに、漫画作品なのだがCV付きの原作再現シーンがある。

V』『X』『T』には連続で参戦、ただし、VとTは無印終了後の時代だが、それ以降の展開はスパロボオリジナルでトビア以外の鋼鉄の7人は未参戦。実質いるだけ参戦。


Xではなんと異世界召喚された先でまだ宇宙海賊ではない頃のシーブックセシリーに出会うというとんでもない事態に遭遇する。これに対し、記憶喪失のふりをして彼らが宇宙海賊になる未来を話さないように誤魔化している。

なお、富野由悠季作品の主要人物であるアムロ・レイシャア・アズナブルカミーユ・ビダンジュドー・アーシタシーブック・アノーベルリ・ゼナムが乗るユニットを特定のマスに置くことで、隠しイベントが発生するのだが、トビアは対象外なので要注意。


関連タグ

機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーンガンダム スカルハート 鋼鉄の7人

ガンダム トビア カーティス・ロスコ

アラベル・ゾイ…ガンダムシリーズにおける中の人繋がり。セリフにオマージュがある。その為、ファンからは闇堕ちしたトビアなどと言われる事も

関連記事

親記事

宇宙海賊クロスボーン・バンガード うちゅうかいぞくくろすぼーんばんがーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270770

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました