ピクシブ百科事典

鋼鉄の7人

こうてつのしちにん

長谷川裕一による漫画作品で、正式名称は『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』。 同著者作品『機動戦士クロスボーン・ガンダム』(MOBILE SUIT CROSSBONE GUNDAM)の第2作である。
目次[非表示]

木星(ジュピター)――この神(ゼウス)の名を持つ世界の住人が――
地球に攻撃を仕掛けてきたのはもう3年も前のことだ……
だけど

それですべてが終わりじゃなかった
奴らは今も虎視眈々と地球を狙い続けていたんだ
……そして―――

概要

『ガンダムエース』2006年7月号より2007年9月号にかけて連載された。
「鋼鉄の7人」とは本作の中心となる7名のモビルスーツパイロットを指しており、黒澤明の映画『七人の侍』がモチーフとなっている。

宇宙世紀0136年において始まった木星帝国との最終決戦を描く。

ストーリー

木星帝国の地球侵攻作戦はキンケドゥ・ナウトビア・アロナクスクロスボーン・バンガードの活躍によってついえ、木星総統クラックス・ドゥガチも死亡した。シーブックの本名を取り戻したキンケドゥは、同じくセシリーの名を取り戻した恋人ベラ・ロナと共に、地球に安住の地を得ることができた。(『機動戦士クロスボーン・ガンダム』)

キンケドゥの志と彼の乗機クロスボーンガンダムX1を受け継いだトビアは、仲間と共に表向きは運送業・スペースデブリ回収業者「ブラックロー運送」を営みつつ、裏では海賊軍としての活動を継続させ、コロニー間の騒乱を解決して回っていた。(『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』)

そんなある日、トビアは木星帝国軍残党に追われていた一人の女性を救出する。その人物は、かつての木星帝国総統クラックス・ドゥガチの後妻にして、トビアの恋人ベルナデット・ブリエット(テテニス・ドゥガチ)の養母であるエウロペ・ドゥガチであった。
エウロペの口から、トビアらは木星帝国が勢力を立て直し、地球連邦に対し木星圏からの超長距離コロニー・レーザー攻撃計画「神(ゼウス)の雷計画」を準備していることを知る。再び木星帝国の野望を阻止するため、トビアは木星圏への到達手段と、阻止計画に参加できる優秀なパイロット集めを模索し始めるが……。

登場人物

鋼鉄の7人
トビア・アロナクス
ギリ・ガデューカ・アスピス
ローズマリー・ラズベリー
バーンズ・ガーンズバック
ミノル・スズキ
ミッチェル・ドレック・ナー
エウロペ・ドゥガチ

ブラックロー運送
ベルナデット・ブリエット
ウモン・サモン
オンモ
トゥインク・ステラ・ラベラドゥ
ヨナ
ジェラド


木星帝国
影のカリスト
光のカリスト

地球連邦軍
ハリソン・マディン

サナリィ
オーティス・アーキンズ
ミューラ・ミゲル

その他
キンケドゥ・ナウ / シーブック・アノー
ベラ・ロナ / セシリー・フェアチャイルド

登場兵器

鋼鉄の七人
クロスボーンガンダムX1クロスボーンガンダムX1フルクロス
F90I(木星決戦仕様)
ビギナ・ギナⅡ(ギリ専用機)
バーラ・トトゥガ
アラナ・アビジョ
量産型F91
アンヘル・ディオナ

サナリィ
レコードブレイカーF99

木星帝国
コルニグス
ディキトゥス

関連イラスト

塗らせていただきました
歩いてゆく彼方


クロスボーンガンダムx-1フルクロス
ビギナ・ギナⅡ


関連タグ

機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダム クロスボーンガンダム 鋼鉄の七人 ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「鋼鉄の7人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49290

コメント