ピクシブ百科事典

量産型F91

りょうさんがたえふきゅうじゅういち

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場したMS。(画像はハリソン専用機)当項目ではハリソン・マディン専用F91についても記述する。
目次[非表示]

概要

名前の通りガンダムF91量産型。F91をベースにした量産機だが、大なり小なりスペックダウンや機能のオミットが図られているジムなどとは違い、性能・外見上の差異は殆ど無い、きわめて高性能な量産機である(逆に言えば、オリジナルのF91が試作段階で既に優秀な量産性を持っていたともいえる)。
しかし、F91の特徴であった最大稼動モードは量産化の際に強制排熱を必要とするほどの限界稼動が行われる状況が発生する事が無いと判断されたため、省かれている。当然「M.E.P.E.」も発生しないが、フェイスマスクの展開機構は残されている。

武装はベース機と同一の物を使用。ヴェスバーも搭載されており、同世代のモビルスーツに対して攻撃面で強いアドバンテージを持つ。また、バイオコンピューターもパイロットを補助するシステムという側面から当初の計画通りに搭載されている。

しかし、高性能機である反面、機体を充分に扱えるだけの技量や練度を持ったパイロットがおらず、数機がクロスボーンガンダムと対峙しているが、全機敗北している。

第2次スーパーロボット大戦α」に登場した際は区別しやすくするためか、白色の部分が薄いクリーム系になっており、オリジナルとは若干異なる配色になっている。性能もオリジナルと同等…とはいかないまでも、使い勝手が良い優良機体である。
その後は「機動戦士クロスボーン・ガンダム」シリーズ自体がスパロボ参戦から遠ざかっていたこともあって出番に恵まれなかったが、十数年を経て「スーパーロボット大戦V」に久々に登場。登場した時点で旧式機という設定ゆえか、それとも「第2次α」で使い勝手が良すぎためか、分身回避能力の削除に加えて移動力や地形適応「空」の低下など、かなり弱体化させられてしてしまった。とはいえ、V.S.B.R.をはじめとする豊富な武装は相変わらず健在で、加えてストーリー中盤で攻撃力が強化されるため、改造やパーツによる補強を丹念に施してやれば、終盤まで十分に使える部類の機体である。

バリエーション

ハリソン・マディン専用F91

ハリソン・マディン専用機は、増加試作機に改修を施した機体であり、厳密には量産型F91ではない。
ハリソンの専用機は「M.E.P.E.」を起こさずともヒートシンク等の強化やバイオコンピューターの改良によりフェイスオープンと放熱フィンのみで限界稼働が可能となった。
キンケドゥ・ナウの乗るクロスボーンガンダムX1と互角の勝負を繰り広げるが、ビーム・シールドとビーム・ザンバーによる三段構えの防御によってヴェスバーを防がれ、僅差で敗北した。
カラーリングは全身が青で、各所のアクセント部分がイエローになっている。
第2次スーパーロボット大戦α」に参戦した際はこちらのカラーで、後にHGUCで発売されたのもこちら。

二代目ハリソン・マディン専用F91

クロスボーンガンダムとの戦闘で大破したハリソン機に代わり、別のF91を塗り替えたもの。
木星戦役での最終局面において使用されているが、限界稼動は行われていない。
続編におけるスカルハートでも登場。塗装が改められ白色の塗装箇所が増えたが、二代目搭乗機と全く同一の機体である(玩具「GUNDAM FIX FIGURATION」におけるF90とのコンパーチブルギミックの都合上新たに設定されたカラーリング)。
近年「ガンダムビルドファイターズ」11話にカメオ出演した事で話題となった。

ハリソン・マディン専用F91(木星決戦仕様)

鋼鉄の七人で登場。当初はハリソンが搭乗していたが後にミノル・スズキに譲られ、更にミッチェル・ドレック・ナーに譲られる。
外見には差異はないが、サナリィで改修を受けた際に量産化の際にオミットされた機能が幾つか再現されており、試作機であるF91に近い性能を有するに至っている。木星圏での戦闘を想定し推力が強化されており、一説には「質量のある残像」たるMEPEを発揮したとも言われている。

なお、機体にはミノル・スズキのパーソナルマークの「M」が描かれているが、急遽ミノルがF90に搭乗する事になり、本機は彼の部下であるドレックに譲られた。なお、パーソナルマークについてはドレックは自分のファーストネームはミッチェルであるからと特に気にしなかった。


関連タグ

F91 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 ハリソン・マディン ミノル・スズキ ミッチェル・ドレック・ナー

pixivに投稿された作品 pixivで「量産型F91」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1481

コメント