ピクシブ百科事典

ミノル・スズキ

みのるすずき

諸君らの命などいらぬ!生き残れ!以上だ!

CV:チョー

人物像

機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツパイロット
温厚で真面目な人物で、男性は「〜殿」「〜くん」、女性は「〜女史」と呼ぶ。高齢ながらもその意志の強さは作中でも髄一である。

第2次ネオ・ジオン紛争においてアムロ・レイによってシャア・アズナブルによるアクシズ落としをが阻止される光景を目撃した事がきっかけで地球連邦軍に入隊するが、その後の実戦経験がないまま一線を引き教官職に就く。しかし、実戦経験こそ無いにしてもその腕前は一流であり、特にハリソン・マディンを連邦のエースに育て上げるなど教官としての才能にも恵まれている。
その後軍を退役するとサナリィで教官となり、レコードブレイカーを駆るパイロットの育成に尽くした。
しかし、木星帝国による「神の雷」計画が迫る中で同計画を阻止出来る可能性を有するレコードブレイカーとその生産工場の破壊の任を受けた木星軍新総統の影のカリストらの手によってミッチェル・ドレック・ナーを除いた教え子は全て殺害され、レコードブレイカーも全機破壊されてしまう。
そしてその場に居合わせた人間としてトビア・アロナクスら宇宙海賊に協力し、少数精鋭による木星圏への強襲作戦「鋼鉄の7人」を実現すべく彼らと共に地球に降下、木星軍に抵抗するパイロットとアナハイム・エレクトロニクスのミノフスキードライブ搭載機「イカロス」探索の為に探索した。
この間に教え子のハリソンと再会しており、彼の量産型F91を借り受けてトビア、ギリ・ガデューカ・アスピスと共に影のカリストを破る活躍を見せた。

木星帝国の「神の雷計画」阻止に当たってはF90インターセプトタイプを駆り活躍。
年長である自分が生き残り、若い戦士が命を散らしたことに嘆いていたが、ローズマリー・ラズベリーの檄を受け立ち直る。
その後、連邦に復帰。木星の監査官になりローズマリーと結婚したが、高齢の無理が祟ってかその五年後に息を引き取った。

関連項目

機動戦士クロスボーンガンダム 鋼鉄の7人

pixivに投稿された作品 pixivで「ミノル・スズキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 313

コメント