ピクシブ百科事典

イアン・ヴァスティ

いあんゔぁすてぃ

イアン・ヴァスティとは、『機動戦士ガンダム00』の登場人物。
目次[非表示]

CV:梅津秀行

ソレスタルビーイングに所属するメカニック。プトレマイオスの総合整備士で、ガンダムやプトレマイオスの整備、装備開発などを担っている。

人物像

かつてはAEU軍所属の技術者だった。15年前、作戦行動中のガンダムを偶然目撃してしまった為、医師のモレノと共にスカウトされてCBの一員となった。

本格的な武力介入開始前に、ガンダムの存在を知られるのは避けねばならない事態であり、本来なら口封じで問答無用で消されるはずだったが、マイスターのルイード達がヴェーダと交渉した事で、CB入りを条件に助命が認められた。
巻き込まれただけの立場からすれば、その申し出はかなり理不尽なものだったはずだが、イアンはメカニックとしての好奇心から瞳を輝かせていた。

TV時点ではすっかり古参のメンバーになっている。
『00P』の第2世代マイスターとも旧知の仲で、「プルトーネの悲劇(惨劇)」の真相や、CBの下部組織フェレシュテの存在を知っている。
気さくな性格で、ロックオン・ストラトスラッセ・アイオン等からは「おやっさん」と呼ばれ親しまれている。

『00F』で初登場したシェリリン・ハイドは弟子にあたる。『00P』2ndから彼女にメカニックの手ほどきを行い、「師匠」と呼ばれ尊敬されている。ガンダムの開発も然る事ながら、メカニックとして彼女を導いたのも彼の功績の一つと言えるだろう。

「カッコよくないメカは勝てない」、「いざと言う時にこんなこともあろうかとと言えるよう準備しておくのが一人前のメカニックである」等の持論を持っている。

1st season

『1st』では52歳。ガンダムの地上での単独行動が多かった為、整備や補給、データ収集の為に共に地上に降りている事が多かった。国連軍との決戦後は、「ツインドライヴシステム」を搭載するダブルオーガンダムの他、新型ガンダムの開発を行い、CBの復活に備えていた。

2nd season

『2nd』では57歳。愛娘であるミレイナ・ヴァスティとともにプトレマイオス2に乗船。娘と共に機体の整備を務めた他、戦闘では自ら砲手を務めたりもした。最終決戦後もCBに残り、傷ついたガンダムの修復とともに、次世代のガンダムの開発を行っている。

劇場版

『劇場版』では59歳。リンダ・ヴァスティと共にダブルオークアンタの開発に専念し、機体をプトレマイオス2改まで送り届けた。ミレイナがデータのみの存在となったティエリアに告白した際には、激しく動揺する一面を見せた。ELSとの最終決戦では、夫婦でプトレマイオス2改の火器官制を担当。艦がELSに侵食され、戦闘不能になりつつも、リンダと共に「最後まで諦めるな」とスメラギたちを励ましていたが、ELSにサブブリッジを侵食されて脱出不能になってしまい、覚悟を決めてミレイナに最後の別れの通信を送るが、寸前にELSの活動が停止し、無事生還を果たした。

家族関係

妻であるリンダとはなんと25歳もの年の差結婚。リンダが初めてプトレマイオスクルーらの前に現れた際、イアンが「自分の嫁だ」と紹介した際には、リンダの若くて美しいな才媛ぶりとの不釣合いさにクルーは驚きを隠せず、沙慈は、「わ、若い…!」と思わず声に出してしまい、アレルヤに至っては「犯罪ですよ…」と突っ込まれていた。ちなみに結婚を迫ったのはリンダの方かららしい。
スーパーロボット大戦シリーズでも、「何かが間違ってる!」だの、「娘さんがいるわりには、お母様は随分とお若いんですね」だの、「こんなに若いのに、こっちの親父さんと…は、犯罪だ…」だの散々な言われよう(しかし、後の世代更に凄いが登場した為、今では微妙になっている気もしないが)。

関連イラスト

おやっさんおたおめ+α
第二世代



関連タグ

機動戦士ガンダム00 機動戦士ガンダム00P
ミレイナ・ヴァスティ リンダ・ヴァスティ シェリリン・ハイド

関連記事

親記事

プトレマイオス ぷとれまいおす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イアン・ヴァスティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23991

コメント