2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

艦体データ

艦籍番号CBS-70
全長251m
武装大型GNキャノン、GNビーム砲、GNミサイル(強襲用コンテナ装備時)
所属ソレスタルビーイング
特殊装備GNフィールド、強襲用コンテナ(換装)


主な搭載機はガンダムエクシアガンダムデュナメスガンダムキュリオスガンダムヴァーチェ

概要

ソレスタルビーイングの宇宙輸送艦で、主人公の刹那・F・セイエイ達の母艦。愛称は「トレミー」(これは本艦に限らず、冒頭の天文学者(実在人物)にも使われた愛称である)。
艦長ではないが、戦術予報士のスメラギ・李・ノリエガが艦の指揮を執っている。
輸送艦とはいえ、ガンダムシリーズにおける「主役艦」にも拘わらず、全くの非武装という珍しい艦でもある。

ガンダムと同様にGN粒子をエネルギー源としているが、GN粒子を生成するGNドライブは搭載されておらず、粒子供給はガンダムのGNドライブに依存している。その為、ガンダムを搭載していない状態ではGNコンデンサに貯蔵されている限られたGN粒子しか使えない事から行動に大きな制限を受ける弱点がある。

メインカラーは上部が水色で、下部が白。イルカや鯨といった水生生物を彷彿とさせるデザインである。
艦本体前部を囲むようにガンダムを格納したMSコンテナが4つ配置されており、そのコンテナを回してガンダムを中央部のカタパルトに移動させ、ガンダムは出撃する。このコンテナは開閉式で、格納時に使用するほか、緊急時にはカタパルトを使用せず蓋を開けて直接出撃させることも可能である。
コンテナ自体は複数存在し、地上の無人島にはキャタピラを取り付けたタイプが置かれているほか、2nd season以降、艦橋で2つ繋げ輸送艦としているタイプが登場している。

内部の設備は主に登場するメインブリッジのほか、ブリーフィングルーム、メンバーそれぞれの個室、シャワー室、メディカルルーム、独房、ティエリア・アーデヴェーダへのアクセスに使用するアクセスルームなど多岐にわたる。また乗員が少ない為、ガンダムの整備には自動ロボット「カレル」が複数存在しておりハロとドッキングして使用される。

1st seasonの終盤で、艦のMSコンテナを強襲用コンテナ(後述)に換装することにより、ある程度の戦闘が可能となった。国連軍との最終決戦時に大破しメインブリッジを破壊され行動不能になったが、生存クルーが強襲用コンテナで脱出した後に残っていた船体がどうなったかは劇中では描かれていない。

強襲用コンテナ

1st season終盤から登場した、MSコンテナを付け替える形で使用される武装コンテナ。GN-Xを運用する国連軍との戦闘を考慮してGNアームズと共に投入された。GNミサイルや粒子ビームの発射に加えGNフィールドの発生もでき、艦本体から分離し単独での戦闘も可能。地上での戦闘も考慮し大気圏突入・離脱能力も備えている。ただしガンダムを格納していないと内部の粒子タンクのみでの稼働となる点は変わらない。また、コンテナ後部にはGNアームズをドッキングさせている。
2つ登場し、それぞれエクシアとデュナメスを格納している。エクシア用は早めにロールアウトし、本艦の砲撃士であるラッセ・アイオンが操縦を行った。もう一つのデュナメス用は、GNドライヴを動力源として使用する為、戦闘で大破したままのデュナメスを格納していたが、結果的に生存メンバーの脱出艇としての役割を果たした。

2nd season以降はプトレマイオスが非武装であるなどの反省点を踏まえ、単独戦闘を最初から考慮し開発されたプトレマイオス2が登場している。

余談

前々作のガンダムSEEDに登場した地球連合軍のアガメムノン級宇宙戦艦の一つが『プトレマイオス』という名前だった。

放送当時、「ガンダムコレクション」枠で1/400スケールのガンプラが発売された。実際にコンテナを回したりカタパルトを開閉して、付属の1/400スケールのガンダム4機(キュリオスは飛行形態)と合わせて出撃シーンを再現できる。また初回生産版にはクリアー素材のコンテナが付属していた。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 プトレマイオス2 ソレスタルビーイング

関連記事

親記事

ソレスタルビーイング それすたるびーいんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5820

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました