ピクシブ百科事典

ハロ

はろ

ガンダムシリーズに登場する小型ロボットの総称。
目次[非表示]

作品によって様々な形で登場する名脇役。

概要

デザインは大河原邦男。『無敵鋼人ダイターン3』で主役メカ・ダイターンを修理する小型ロボットとしてデザインされたが、監督である富野由悠季の「いいデザインだからこの程度の出番ではもったいない」との判断で登場は見送られ、次作である機動戦士ガンダムにマスコット・キャラクターとして登場することになった。
「ハロ」という名前は、映画2001年宇宙の旅に登場した人工知能HAL(ハル)9000型コンピュータに由来するとされる。
当初は黄緑色のものだけだったが、機動戦士ガンダムSEEDシリーズ以降は同形状で様々な色のハロが登場した。
有重力下では転がったり跳ねたりして、また無重力下では球体上部の左右に付けられているカバー2枚を羽根のように羽ばたかせたりして移動する事ができる。会話機能もついており、よく人物の名前を連呼している。

大まかな外見は初代から一貫して同じではあるが、作品によって大きさや手・足・口の開閉機構、口の中などデザインに差異が見られる。

近年ではサンライズの代表的マスコットにまで地位を登り詰めており、映像ソフトや映画のオープニングロゴ映像では「SUNRISEのIの上の点がないロゴが表示された後、ハロが登場。飛び跳ねて来てIの上の点になる」という映像が流れる。これはガンダム関係なくてもサンライズのロゴが必要なら使われる。
ちなみに普通は黄緑色のハロが登場するが、「SEED」関係の作品だとラクスのピンクハロが登場する。芸コマ。

機動戦士ガンダム

アムロ・レイ


シリーズ史上初めてのハロは、『機動戦士ガンダム』にてアムロ・レイのペットロボットとして登場する。声優は井上瑤。アニメ映画版Iのみ高木早苗が演じた。
サイド7からホワイトベースに乗船したアムロによって持ち込まれたSUN社製の市販ロボットであり、主にカツ・レツ・キッカ達の玩具となっていた。
市販品といってもアムロによって大幅に改造されているようであり、彼の脳波を測定したこともあった。また手足が内蔵されており、延ばして階段を上る描写もある。脱走した捕虜コズン・グラハムの足にぶつかって転ばしたり、何かの理由で腹を立てたフラウ・ボゥに蹴っ飛ばされても壊れないなど、かなり丈夫にできているようである。

機動戦士Zガンダム

宇宙を駆ける


厳密には「ハロ THE II」という名前。一年戦争が終結した後に、戦争を勝利に導いたとしてホワイトベース隊が英雄扱いされ、その際にマスコット・ロボットとしての人気が出て玩具メーカーによる商品化がされた、というのが当初の設定であったが、後にハロを販売していたSUN社がアムロから逆ライセンスを得て再商品化されたものと設定が変更された。テレビシリーズでの声優は荘真由美。劇場版では新井里美が演じた。
キーボードとモニタが内蔵されており、ノートパソコンとしての機能を持つ他、初代とは異なり手足が存在せず、転がるか、跳ねまわる事で移動する。

機動戦士ガンダム逆襲のシャア

クェス付きクリスマスリース


アムロがハサウェイ・ノアにプレゼントしたものが登場。しかしハサウェイがラー・カイラムのブリッジから抜け出したときにはブリッジに取り残されてしまった。
アムロの話によると、このハロは初代から3代目に当たるらしい(アムロの手による「二代目」の消息は不明)。なお劇中において他の登場人物との関わりが少ないためか、歴代ハロの中では最も口数が少ない。
また、閃光のハサウェイでは上巻の表紙に描かれているが、作中には登場していない。

機動戦士ガンダムUC

Hello!バナージ ~*


バナージ・リンクス父親から5歳の時にクリスマスプレゼントとして送られたもの。
作中では「1年経たずしてブームは過ぎ去り、製造元もアフターサービスを中止した」とされており、バナージはそれを独自に改造して連れている。
また、アニメ版ではアラーム機能が搭載されているのが確認できる。
声は広橋涼が担当。

機動戦士クロスボーン・ガンダム

【37】ベラ・ロナ


当作にペットロボットのハロは直接登場はしないが、ベラ・ロナのペットのオウムが「ハロ」と名付けられており、劇中ではシャア・アズナブルなどの声真似をしている。

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト

ハロロ!


ハロを模した美少女型AIハロロが登場する。

機動戦士Vガンダム

うっそ


ウッソ・エヴィンの所有物であり、もとはハンゲルグ・エヴィンが拾ってきて高性能に改造された物として登場する。声優は松本梨香
従来のものにはない、カメラ機能やシャボン玉を利用したトンネルや、シャボン玉のスクリーンで映像を映し出したりする機能も持ち合わせており、ハイランドではトマーシュの手によって圧縮ガスボンベとワイヤーガンも取り付けられた。
その後、サンドージュの電撃からウッソを助けた際に故障し、リガ・ミリティアの老人達によって修理されたが、言語機能の修復がうまくいかなかったようで「ヤベーゼ、アニキ」などと言葉遣いが変わっている。
そしてウッソがV2ガンダムに搭乗するようになって以降はコックピットにハロ専用の台座が用意され、戦闘の際にはウッソのバックアップに(もしくは、V2のサブパイロットとして)活躍。時には機体そのものを任され、V2のバルカン砲や光の翼でウッソの窮地を救ったこともあった。
ガンダムシリーズ中ここまでハロが活躍したのは珍しく、ゲームスーパーロボット大戦では、ウッソ専用のサブパイロットとされることもある。
また、ガンダムVSガンダムではV2でウッソと一緒に乗っており、アムロやカミーユなどのハロに関係したパイロットと組むと特別な台詞が発生する。

∀ガンダム

マガジンZのコミカライズにおいて何を間違えたのか機動戦士ガンダムF91に登場したバグの機能を有したハロが登場し、ディアナ・ソレルへの暗殺に用いられた。

機動戦士ガンダムSEED

【ピクシブ千羽鶴】ぴんくのお姫様


アスラン・ザララクス・クラインにプレゼントしたものが複数登場する。
声優は三石琴乃(ピンク)、折笠富美子(赤)。
このハロは歴代でも最も小型で、ソフトボール程度の大きさしかない。
最も多く登場するのは常にラクスと共に行動しているピンクのハロで、妙な関西弁や江戸弁、ネットスラングを多用して喋る。
ラクスの替え玉であるミーア・キャンベルにもレプリカの赤いハロが与えられており、こちらは英語で喋る。

機動戦士ガンダム00

スキだよ


私設武装組織・ソレスタルビーイングにて宇宙世紀シリーズに登場するハロより一回り小さいサイズの複数体が登場。ソレスタルビーイングは必要最小限の人員で活動を行っているため、回避運動などMSのサブパイロットから専属の小型ロボットによるメンテナンス活動など、あらゆる面をこなす独立型マルチAIとして存在する。
声優は小笠原亜里沙(オレンジ)、高山みなみ(赤)、入野自由(HARO)、佐藤有世(青)。

元々は木星探査船「エウロパ」においてスカイ・エクリプスの製作した物がベースとなっており、木星圏から地球圏へ太陽炉を輸送した個体をソレスタルビーイングのメンバーがコピー・量産して現在に至っている。
作中で代表されるハロは、ロックオン・ストラトス(初代ニール・ディランディ。2代目ライル・ディランディ)の相棒として登場するオレンジカラーのハロ。
この個体はオリジナルの1つであり、かなり長い間稼働している。
登場するハロは皆兄弟機として認識されており、オレンジハロは他のカラーのハロから「オニイサマ」「オニイチャン」「アニサン」などと呼ばれる。
セカンドシーズンでは赤ハロも登場し、沙慈・クロスロードのパートナー的存在として活躍したが、劇場版でダブルオーライザーと共に失われた。
劇場版では新たに青ハロも登場し、オレンジハロと共にガンダムサバーニャのサポートを行った。
その他グリーン、ライトブルー、ピンク、パープル(トリニティの物とは別)などのカラーも存在し、オレンジハロと共に整備メカのカレルで整備を行うことがある。

プトレマイオスチームと別行動をとっているトリニティの、ネーナ・トリニティの相方である、パープルブラックのハロ(正しくは「HARO」)は80年前に発見された個体そのものであり、最初期に作られたためオレンジハロから「ニイサン」と呼ばれている。
ただし、当ハロはオレンジハロに関しての情報を失っていた為に同系機と認識せず、目つきや口が悪く、攻撃的な面がある。長らくネーナのサポートを行っていたが、セカンドシーズンでネーナがイノベイターに用済みと見なされた際にリボンズ・アルマークがHAROを通してネーナにそれを宣告しており、スローネドライが撃墜された際には宇宙に漂っていた。

また、公式外伝である『機動戦士ガンダム00P』『機動戦士ガンダム00F』にも登場。
ソレスタルビーイングのサポート組織『フェレシュテ』(『神の手』を意。またペルシャ語だと、『天使』の意)でも同様の役目を持つ。
ロックオンネーナが持つものとは違い、猫耳&猫しっぽ付き。

機動戦士ガンダムAGE

【ガンダムAGE】アセム・アスノ


声優は遠藤綾
各部において主人公や彼らと親しい人間と行動をともにするペットロボット。
第一部一話から登場しているが、制作された理由などは明確に描かれていない。半世紀以上も稼働しており、現状においてガンダム00におけるHAROに次ぐ稼働時間を誇る。
内部にディスプレイとキーボード、AGEデバイス用スロットを持ち、口をあける形で『PCモード』に変形することでAGEシステムのデータ解析用のパソコン端末として使用することが可能。サイズは従来のハロより少し大きめである。

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG

本作におけるハロはマスコットではなく、ガンプラをスキャンする為のスキャナーとして機能する。
口の中は空洞になっており、そこにガンプラを入れてスキャンを行う。
普段はガンプラバトル用の筐体に備え付けられているが、大型キット用の大型スキャナーもあり、筐体備え付けのスキャナーに入らないキットはそちらを使用する。

ガンダムビルドファイターズ

本作においては主人公イオリ・セイの目覚まし時計として登場する。これは実際に存在する商品であり、セイの物は初代の井上瑤バージョン。他に「SEED」準拠の三石琴乃バージョンも存在する。

ガンダム Gのレコンギスタ

げんきのG。


環境チェック用ロボットとして「ハロビー」と呼ばれる球状のロボットが登場する。
主人公ベルリ・ゼナムの持ち歩いているものはノレド・ナグから送られた物で、二人の名前を取って「ノベル」と呼ばれている。

ゲーム等での活躍

Gジェネガールズ


スーパーロボット大戦シリーズでは運動性、移動力、武器射程を向上させる強化パーツとして登場。「ガンダムSEED」が参戦するタイトルでは別枠で「ピンクハロ」も登場する。
高い効果がある分入手できる数は極めて少なく、装備させる機体を吟味する必要がある。

SDガンダムGジェネレーションシリーズではオリジナルMSとして登場。
初代からFまでは大型MAに匹敵する性能を持つ最強ユニットであり、最新作ではあのサイコハロと攻守のスペックが互角になっている。
また一部の作品では、ファーストガンダムの初代ハロが隠しパイロットになっている。(声優はVガンダムで担当した松本梨香)

ガンダムトライエイジにおいては、モビルスーツをパイロットとは違う方向から強化できるアイテム「パーツ」として複数のハロが登場。
ピンクハロ、ネイビーハロのようなラクス所有のものからアムロ所有のものやウッソ所有のもの、バナージ所有のものまで様々なハロが登場している一方、鉄血の3弾現在ではこれ以上の出番はない(「ハロルーレット」のような期間限定のものはあったが……)。
また、本ゲームオリジナルのバリエーションも存在し、特に「ハロ型蚊取り線香」についてはプレイヤーから「実際に商品化してほしい」という声が上がったほどの人気。
また、ゲームには直接登場しないながら、BUILD MS2弾のガンダムデュナメスやBUILD G2弾のケルディムガンダムなどのパーフェクトレアの箔押しにハロがひょっこり顔を覗かせている。おそらく前述のオレンジハロであろう。

関連イラスト

ハロ
ハロといっしょ


ハロ



関連タグ

機動戦士ガンダム 機動戦士Zガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダムUC 機動戦士クロスボーン・ガンダム 機動戦士クロスボーンガンダムゴースト
機動戦士Vガンダム 機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
機動戦士ガンダム00 機動戦士ガンダムAGE
ガンプラビルダーズ
Gのレコンギスタ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1977606

コメント