ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:大亀あすか(第2部) / 遠藤綾(第3部)

人物像

第2部から登場。
フリット・アスノエミリー・アスノ夫妻の娘であり、アセム・アスノの妹で、キオ・アスノの叔母。
彼女はアセム編開始まで全く存在が公開されていなかったため、視聴者を驚かせた。

第2部では学生であったため出番も少なく物語的にも裏方に徹していたが、医療ボランティアに関わってロマリー・ストーンと出会い、彼女に影響を与えた事が会話で語られる。
第3部においては軍に志願し、戦艦ディーヴァ医療班長となっている。アスノ姓を名乗っている為、おそらくは未婚と思われる。
キオがヴェイガンの捕虜になってしまった時、フリットは冷静さを見失って完全に取り乱し、大破したガンダムの前で大騒ぎしていたが、彼女が一喝して辞めさせる。最愛の孫が悪漢に拉致されて慌ている爺ちゃんを叱って黙らせるなんて、実の娘以外には誰も出来なかったかもしれない(しかも劇中におけるユノアとフリットとの会話シーンはなんとここだけであり、本作においてどれだけ彼らの家族関係の描写が空虚にされていたかがよくわかる)。
アニメ本編の出番は少ない一方で、周囲に影響を与える立場になっている。

小説版

さて、父さんはどうするのかしらね。アスノ家の血がどうとか言うのに、私をガンダムに乗せるなんてことを全く考えない、あの男権主義者は。

フリットのせいで両親を憎むようになる上に、実兄であるアセムに対して禁断の想いを抱いていたという、とんでもない設定が追加。
キオをはじめ家族を戦争に巻き込み、一斉検挙によって多くの人間をギロチンにかけて人生を狂わせるというフリットの独裁ぶりによって完全に親子関係が決裂してしまっている。
これにより、「シャナルア・マレンの裏切りに気付いていながらそれを無視する」「ビシディアンと密かに結託し、ディーヴァの情報を流す」など裏で暗躍。フリットが死ぬときは「息絶える間際にどれだけの人間がアスノ家のせいで不幸になったか朗読してやる」つもりだったという。
しかし、ユノアがフリットを嫌う最大の理由は、自分を蔑ろにしたことである。実際にアセム編でも「兄には期待を寄せているのに対し、自分は期待などされていないのではないか」と呟くシーンがあり、これが伏線になったともいえる。
キオに対しては「瞳の色がアセムに似ている」だけの理由で嫌いにはなれなかったようだが、海賊となったアセムとのすれ違いに悩む彼に対し、「大事なのは話し合うこと」「あなたは子供なんだから傷ついたりしてもいい」と諭すなど、完全に善良さが失せたわけではないようだ。
最後は罪を背負って自殺しようとするフリットを「安易な道を進むのではなく、自分や兄と共に屈辱の生を選べ」と言って止め、キオを始めとする若い世代の為に世界の再建を促した。

その変貌ぶりは読者からは賛否両論であり「どうしてこうなった」という声もあれば「これでいい」という声もある。
むしろアニメ版におけるユノアの方が身内の誰よりもキオの傍にいたのにも関わらず、キオを戦争に駆り出すフリットを止めないばかりか、逆にキオを叱ってフリットを庇うという、余りにも配慮が欠けている部分が多い。ホントおかしいんじゃないのかこの家族。
実際にユノア(及びウェンディ)の台詞と心情を改めて見直すと、明らかにアニメ版の脚本を皮肉っているような文章が多い。よほど筆者はアニメ版の出来の悪さにイラついていたのかもしれない。
本編でフリットがやってきた事を考えれば、そうなってもおかしくはないという説得力があるのがこの改変のキモとも言えよう。

関連タグ

機動戦士ガンダムAGE / ガンダムAGE
アセム・アスノキャプテン・アッシュ) フリット・アスノ キオ・アスノ エミリー・アスノ ロマリー・アスノ バルガス・ダイソン
ウェンディ・ハーツ

関連記事

親記事

アスノ家 あすのけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ユノア・アスノ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ユノア・アスノ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 549321

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました