2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:鳥海浩輔

人物像

第3部(キオ編)に登場。
ガンダムAGE-2ダークハウンドを駆る宇宙海賊ビシディアンの首領。
右目に傷を持ち、それを前髪で隠している

その正体はアセム・アスノ
EXA-DB護衛用MS「シド」との戦闘で負傷し、ガンダムAGE-2の残骸と共にビシディアンに回収され、キャプテン・アングラッゾの勧めで宇宙海賊となった(本人としても、ヴェイガンと連邦軍の戦力が拮抗すれば戦争が起こらなくなるという考えの下で海賊となる決意を決めている)。
戦争の鍵を握るとされる「EXA-DB」を探し、ヴェイガンと通じる連邦軍の部隊を襲撃するなど、父フリットとは袂を分かつ形で独自に行動をしていたが、フリットがかつて行っていたことを多少のアレンジを加えて引き継いでいる。ちなみに連邦軍に知られるとまずい情報をいくつか握ってしまっているらしい(その割にはあっさりとEXA-DBの情報をディーヴァクルー達に伝えているが)。
また、かつてウルフ・エニアクルでも対応出来なかった状況にも対応出来るなど、パイロットとしての腕にも磨きが掛かっており、非・能力者にもかかわらずヴェイガンの数多のXラウンダーと互角以上に渡り合うスーパーパイロットの名に恥じぬパイロットである。
第4部では戦場にXラウンダーばかりという状況が多く、脳波で会話する彼らの中、『アセムだけ蚊帳の外』という状況がしばしば起こるが、逆に非Xラウンダーであるがゆえに意識を他人に介入されないという利点に結びついており、空気を読まずに安定した精神状態の中で存分に戦闘能力を発揮する事に成功している。

戦後は海賊業を畳んで宇宙資源探査事業を始めた模様。

小説版

機体はそのまま!パイロットは死んでもらう!自爆されてはかなわんからな!」
「あんたの存在そのものが、うっとおしいんだよ! 父さん!あんたの怨念は、あんただけが地獄の暗闇に持って行けばいい!キオを巻き込むな!」

アニメ版とは違い、ヴェイガン兵を 生きたままコックピットごと焼き殺す などアウトロー化。
父親であるフリットとも明確に対立しており、キオを戦争に巻き込んだことをどこかの先輩主人公の台詞をパロって彼を非難している。
しかし一方で、彼自身もまた家族を捨てて海賊になったことをフリットのみならず、かつての親友から怒りを買ったうえ、更には息子のキオからも「あなたは僕が生まれた日に英雄として死ぬべきだった」と非難され、すれ違いを起こしてしまっている(アセムファンからすればあんまりな言い方ではあるが、この時のキオはフリットが犯した罪を周囲の人間達から八つ当たり同然に非難・罵倒され、半ば精神不安定になっていたうえ、更には英雄として尊敬していた父親のアセムですら祖父と変わらぬ罪を犯しているため、失望するのも無理はないかもしれない)。
それぞれの目的や事情はどうあれ、アッシュ自身も(形は違えど)父と同じく手を汚しすぎてしまったことにさぞかし皮肉がっただろう。

それなりの事情があったとはいえ、13年間も家族をほったらかした男が言っても何の説得力もないが、彼の怒りや言い分も100%否定できないのも事実である。
実際にフリットは、かつて内戦を振舞っていたザラムエウバの人々に対し、「あなたたちは自分の子や孫に人殺しをさせるのか!」と糾弾していたが、結局自分も息子や孫に人殺しをさせてしまっており、しかもその最大の理由が実の母とは別の愛人の復讐である(この件については当事者であるラクト・エルファメルもかなり心を痛めていた模様)。彼女の犠牲がなければ自分も息子も生まれなかった事や、そんな愛人を戦争に巻き込んだ挙句に惨たらしく殺害した魔少年と同じ過ちをキオにもさせていた事を考えると、「自分たちを復讐の道具のために育てたのか」と言いたくなるのも当然である(ただしフリット自身もそのような過ちを犯した事はしっかりと自覚しており、アニメ版ほど自分の家族に対する配慮が欠けている訳ではない)。

また、フリットはそんなアセムに対し、「なぜ合法の手段で連邦を正そうとしないのか」 「我が身を痛めぬ平和に何をもたらすのか」と説いているが、これについても全く説得力がない。
なぜならフリットもまた、フロイ・オルフェノアを始めとするヴェイガンの内通者達を非合法なやり方で悉くギロチンにかけているうえ(実際にそれについてセリック・アビスも「あなたに人の事が言えるのか」と内心で愚痴っているシーンがある)、そのせいで皮肉にも自分が必死に守ろうとした同じ地球の民のみならず、かつての戦友の孫自分の娘にまで恨みを買われてしまった(しかもそんなフリットが犯した罪業を誰よりも背負わされているのが、紛れもないキオである)。
そして何より、「合法的な手段で正義は守れない」とアセムに教えたのもフリットである。

また、仮にアセムが帰還したとしても、連邦は彼からEXA‐DBの情報を聞き出そうとしてキオを始めとする家族に危害を加える可能性もあり、更にフリットがEXA‐DBを使ってヴェイガンの殲滅を行おうならば、それこそシドが全人類を滅ぼそうと判断し、破壊の限りを尽くす可能性も否定できないため、アセム自身も苦渋の選択を迫られていた事が窺える。
最も上記の事情を考えると、アセムが帰還しようが海賊になろうがにせよ、キオに「戦争のない平和な世界を見せてあげたい」という願いは叶えられなかったかもしれない。

かつて「若者をこれ以上戦争に出したくない」「(家族愛が不器用な)フリットを許してほしい」と願った白い狼もこの二人を見たらさぞかし失望するだろう。

関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE
アセム・アスノ キオ・アスノ フリット・アスノ ビシディアン
ラクト・エルファメル

キンケドゥ・ナウ:同じように名前を変えて海賊になった

名瀬・タービン…中の人繋がりかつ、頭領繋がり

マッチ…声が同じ無法者の集まりのリーダー格。反社会的に見えて自分等の利益に関係なく、一般人の支援を行っている点や彼が登場するアニメの放送した時期も共通している。

クワン・リージュドー・アーシタ:小説版において台詞を取られたガンダムキャラ。

関連記事

親記事

アセム・アスノ あせむあすの

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 576465

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました