ピクシブ百科事典

Xラウンダー

えっくすらうんだー

機動戦士ガンダムAGEに登場する用語のひとつ。
目次[非表示]

概要

第12話において、グルーデック・エイノアが口にした用語。かつて連邦軍が研究していたものである。
人の脳の中で通常は使われない未知の領域「X領域」の能力を使える人間を指す。
覚醒した者は近未来視や反射速度の向上、ビット兵器の操作能力などの力を発現し、高位の能力者は他者との感覚共有すら行えるようになる。
デシル・ガレットギーラ・ゾイUEヴェイガン)がそれらの能力を持つ人間を集めていた。
また、Xラウンダーに触れられた人間は、X領域の能力が少しづつ開花されていく模様。
2人以上の能力者同士が共鳴することで、加速度的にその感度は増す。
身も蓋もない言い方をすれば、宇宙世紀のガンダムにおけるニュータイプみたいなもの。

主人公キャラクターの中では、フリットキオがこの能力を持っている。
アセムはXラウンダーに目覚めることができず、父 フリットの大きすぎる存在や、ヴェイガンの中でも超エリートクラスで、かつてのアセムの友だったゼハート・ガレットにコンプレックスを抱いていた。

能力を酷使した者は暴走状態に陥り爆発的に高い能力を発揮するが、制御が効かなくなり無作為に暴れ回る。
劇中ではジラード・スプリガンが暴走し、戦場の全ビット兵器をコントロール下に置くほどの力を見せた。

暴走のこともあり、フェザール・イゼルカントはXラウンダーを人としての退化、理性を持たぬ獣への回帰と捉えていたが、本質は野生の中で生きる人間が本能で世界を感じて理解し、生きていくための能力だった。

ミューセル

第2部で登場したヴェイガンの特殊ヘルメット。
強制的にX領域を活性化させ擬似的にXラウンダーと同等の能力をもたらすが、脳へ過度の負担を強いる危険な代物。その性質から、かつてのシリーズで登場した強化人間を思わせる。

ちなみに天然由来のXラウンダー能力発動時には画面に緑色のエフェクトがかかるが、ミューセルによる能力発動時には紫色のエフェクトになる。

宇宙世紀ニュータイプとの違い

作中では、あくまで戦闘力のひとつ、ある種の特殊技能として描写される。
Xラウンダー能力に覚醒したといっても進化した優良種という訳ではなく、イゼルカントも退化だと考えていた。
能力に覚醒したフリット司令官自身の基地に於いて「Xラウンダー適性試験」を実施している様子からして、なんらかの手段で数値化表示・識別出来るらしい。この描写はむしろこちらの「NTレベル」に近く、NT対応装備を使えるかどうかの判断に過ぎない。Xラウンダー能力の無いアセムは別の技能を伸ばして、Xラウンダー能力者以上の戦闘力を発揮した。

あくまで戦闘力のひとつであって、人類進化の指標ではない。エリート部隊の所属理由として自慢げに語ったり、プライドを持つ者こそいるものの「人類全てが覚醒すれば新時代になる」「覚醒出来なかった者はどうなるのか」「NTにあらずんば人にあらず」というイデオロギー論争の原因には至っていない

敵兵から奪取したミューセルは人体に危険だったから使用を禁止されたが、Xラウンダー能力の軍事活用研究自体は、ジラード・スプリガンの一件のように、連邦軍でも行われていた(もし安全であればミューセルと同様の装備が作られていた可能性もある)。

奇妙な事に、作中ほとんどの人物がXラウンダー能力を直接の戦闘力として活用していく中で、キオ・アスノだけが「この力は戦う為の力ではない」と考えていた。

劇中での主なXラウンダー

第1部

フリット・アスノ
ユリン・ルシェル
デシル・ガレット

第2部

フリット・アスノ
ゼハート・ガレット
デシル・ガレット
マジシャンズ8

第3部・第4部

キオ・アスノ
フリット・アスノ
ジラード・スプリガン
ゼハート・ガレット
フラム・ナラ
ディーン・アノン
フェザール・イゼルカント
ゼラ・ギンス

類義語


関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE

??? : とある作品にて衝撃の展開を見せた人

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムAGE きどうせんしがんだむえいじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Xラウンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29300

コメント