ピクシブ百科事典

ゼハート・ガレット

ぜはーとがれっと

ゼハート・ガレットとは、機動戦士ガンダムAGEの登場人物。
目次[非表示]

CV:神谷浩史能登麻美子(幼少期)

概要

ゼハートさん


第2部(アセム編)から登場。
アセム・アスノの通う学園へと転入してきた美青年。17歳。彼の正体はヴェイガンのスパイであり、ゼダスRのパイロット。最高位のXラウンダーの能力を持ち、機体の方が彼の操縦に追いつかないため、ゼダスRから新型機のゼイドラへ乗り換え、自身の能力を抑制・制御するために専用の仮面型デバイスを身に付ける。
なお、デシル・ガレットは彼の兄にあたる。ビジュアル公開当初は髪の色や雰囲気から、ウルフ・エニアクルの血縁者かと思われていた。

ガンダムAGE-1の捜索・強奪工作のため、アセム達の学園に転入してくる。容姿端麗な風貌から学園では異性からの注目を集め、アセムの妹、ユノア・アスノからも格好良いと言われている(ついでに言うと、ロマリーも彼に見とれた)。アセムに接触を図るためにMSクラブに入部し、完璧な動作プログラムをすぐに組んでしまうなど技術者としての実力も見せる。

「ヴェイガンの悲願達成のため」と使命に燃える一方、強奪作戦でガンダムを追い詰めたにもかかわらずその場に駆け付けたロマリーの姿に戸惑ったり、作戦失敗後の潜入調査続行を命じられて安堵したりと、学園生活自体はまんざらでもない様子。学園の卒業式では憲兵にスパイだとして拘束されそうになるも、アセムに擁護される。その後のAGE-1との戦闘で、アセムとロマリーの目の前で機体から降りて正体を明かし、2人に大きなショックを与えた。

ヴェイガンの指導者フェザール・イゼルカントにより、地球制圧軍の総司令に任命され、移動要塞ダウネスを司令部として軍を率い、時には自らMSに乗って戦場に出撃する。しかし、マジシャンズ8など部下達からは10代の若造が総司令官という理不尽さや、指揮采配への疑問から不満の声も上がっている(もっとも、その多くは命令無視しての勝手な行動が原因で死ぬこととなったが)。
イゼルカントにはかなり気に入られており、ゼハートも彼にはかなり忠実。ヴェイガンの悲願達成のためなら、兄を死に追いやっても構わないという冷酷な一面も垣間見えた(ただし初期の戦闘においては機体が半壊したデシルをきちんと助けている。デシルの勝手すぎる行動に堪忍袋の緒が切れたからとも言える)。コロニー「ノートラム」攻防戦の終盤、ダウネスの地球への落下を阻止するために再びアセムと行動を共にし、ドール・フロストに助けられながら地球へ落下。その後、イゼルカントの手でコールドスリープされた。

第3部(キオ編)以降にも登場。コールドスリープのおかげか若々しい容姿を保っている。
新型機のギラーガや水陸両用機のウロッゾに搭乗し、地球侵略作戦に参加することになる。
命令であったとは言え民間人の虐殺を行ったり、あえて敵を見逃す作戦を下すイゼルカントの方針に疑念を抱くこともあったが、ルナベース攻防戦後、イゼルカントに謁見し「プロジェクト・エデン」の全権とガンダムレギルスを与えられ、実質的なヴェイガンの最高責任者に就任した。それ以降は必要のなくなった仮面型デバイスを外している。部下としてはフラム・ナラレイル・ライトダレスト・グーンなどがいる。
また、ルナベース攻防戦ではアセムと23年ぶりに戦場で刃を交える。シドとの戦闘では一時的にとはいえ、アセムと共闘した。

最終決戦では、プロジェクト・エデンの完遂の為には如何なる犠牲も厭わないという覚悟の下で戦いに挑み、そこにはもはやフラムが惹かれた優しい心は見られなかった。フラム、レイルという犠牲を払ってまで、ガンダムをディグマゼノン砲で消滅させようとするも失敗。追い詰められるあまり死んでいった部下達や兄が嘲笑する幻覚までも見てしまうようになり、冷静さを完全に無くし、怒りにまかせてガンダムレギルスで出撃。アセムのダークハウンドと激闘を繰り広げる。しかし、アセムの猛攻によってレギルスは大破、自身も瀕死の重傷を負う。最期はコクピットハッチを開いて対峙するアセムに、かつてMSクラブで共に過ごした思い出を語り、アセムのように愛する人と子を作りたかったこと、彼の生き方を羨んでいたことを独白。そして機体の爆発に飲まれ、その生涯を終えた。

OVAでは


【前編】
トルディアへの潜入を無事に果たし、学生生活を送ることになるのだがアセムが所属するMSクラブでの見学の時に起きた出来事をきっかけに部活を始める。合宿に行ったり、アセムとMSクラブにおける試合での戦闘方法において議論を重ねたり、ロマリーやシャーウィ、マシル達とも海水浴へ行ったりと充実した学生生活を送って行った・・・。

が、卒業式に自身の正体とアセムとロマリーの前で明かしトルディアを去る。

以後は、火星国家「ヴェイガン」の戦士として戦場を駆けるが何の因果かアセムと何度も交戦をすることになった。

【後編】
冷凍睡眠から目覚め、自身を支えるパートナー「フラム・ナラ」と出会い冷凍睡眠期間の間の出来事を聴き、新たな鎧を纏って地球侵攻作戦の指揮を取るのだが、更に進化を遂げたガンダムと刃を交えることになった。

月面基地での戦闘にて、黒いMSと交戦。それを駆るかつての友からプロジェクトエデンの真実を聴くと、当時指導者であったフェザール・イゼルカントからその真実を聴いたうえで指導者に就任。

ラ・グラミス攻防戦ではプロジェクトエデンを達成せねばという焦りから多くの犠牲者を出してしまう。 その大きなプレッシャーが精神を蝕んでいき、ついに自身もガンダムレギルスを駆り、戦場を駆ける。


余談だが、常に仮面をつけていたり、搭乗するモビルスーツが赤い(しかも、他のモビルスーツの3倍の移動速度を持つ)など、シャア・アズナブルへのオマージュと思われる点が多々見受けられる。
ただし金髪の妹はいない。いるのはアセムの方である。


関連イラスト

謎キラッ
ゼハート


無題


血の海
私は人類を照らし導く光となるのだ!!



関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE 
ゼハート アセム・アスノ ロマリー・ストーン キオ・アスノ
デシル・ガレット ダズ・ローデン メデル・ザント マジシャンズ8 フェザール・イゼルカント 
ザナルド・ベイハート ファントム3 フラム・ナラ レイル・ライト ダレスト・グーン ジラード・スプリガン
ヴェイガン ゼダスR ゼイドラ ギラーガ ウロッゾ ガンダムレギルス Xラウンダー ゼハアセ アセゼハ































【これより先、OVAでの彼の最期が記載されているため 閲覧には注意されたし】

































































戦闘後、アセムから『イゼルカントの計画に何故固執した?』と問われると『その真実は知っていた。自分が望んでいた未来の形ではなかったことも・・・だけど、それを間違いだと言ってしまったら 今までそれを信じてきた者達の想いはどうなる? 彼らが、それを胸に命を懸けて目指したエデンへの想いはどうなる? 俺はそれを無為にするようなことはできない・・・』と語る。

『その先にあるのが、イゼルカントの未来であってもか・・・?』と尋ねられると『俺は200年間、紡がれてきた想いを背負わないといけない。 火星に住む民が死病によって何もできずに歴史の中に消えて行ってしまうだけの、命の痕跡を・・彼らの【地球に帰りたい】という願いを・・叶えてあげたかったんだ・・・』と語った。

その使命の重さは人間一人が背負いきれるだけのものではないことを指摘されるが、自分の命を代償にしないと自分の未来が得られなかったことを口にする。 が『だけどもし・・・アセムやロマリーのように、男性(いのち)と女性(いのち)の繋がりから・・・子(生命)を・・・孫(未来)を紡ぐことができたのなら 違っていたのかもしれないな・・・・お前達とも【友達】でいられたのかもしれない・・・』と 戦士としてでなく、一人の男性として生き、惚れた女性と夫婦になり、命のバトンを渡すことができていたのなら・・・と嘆いていた。

アセムから『確かに、俺達は道を違えたのかもしれない・・・だが、そうだからといって 俺達が一緒に過ごした時間は色あせて消えたりはしない・・・俺達は、ずっと友達だ・・・そうだろう?ゼハート!』 と言葉をかけられると自分のエデンがかつて過ごしたあの時間であったことに気づく・・が

レギルスが爆散寸前であったことに気が付き、アセムをコクピットから押し出す。

爆散するガンダムレギルスのコクピットの中で『ありがとう・・・アセム・・・』と感謝の言葉を送り その生涯を終えた。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼハート・ガレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1029772

コメント