ピクシブ百科事典

シド(MS)

しど

「機動戦士ガンダムAGE」およびその公式外伝「機動戦士ガンダムAGE 追憶のシド」に登場する機動兵器。
目次[非表示]

概要

EXA-DBを防衛する巨大無人MS。節足動物を思わせる異形な形状を有し、頭部センサーはモノアイでカラーリングは黒を基調としている(後に茶系に変化)。EXA-DBに近づく者はすべて抹殺対象として攻撃してくる。
EXA-DBの監視者レウナ・イナージュの父親の人格データが収められており、レウナとは何らかの形でコミュニケーションが可能としている。

自己修復・自己進化するMSとされ、戦闘時にデータを収集し、整備施設などを使用することなく自らの機体を修復や改装し、場合によっては敵の装備の再現し、新たな武器とすることが出来る。それ故、原則として一度受けた攻撃は二度と通用しない。
機体内部には修復作業用の小型作業用ロボット「シド・スレイヴ」が内蔵されている。シド・スレイヴはシドをそのまま小型化したような形状を持ち、戦闘時にはビットとしてオールレンジ攻撃を行う。
改装や修復においては新たに物資を調達するため、放棄された艦艇等に取り付き、物資を補給する。

武装は、クローアームから放たれる屈曲可能なビームキャノンと、肩部からのミサイル、そして前述のシド・スレイヴ。ビームキャノンはビームサーベルとして使用出来る。また、復活した時はステルス機構「見えざる傘」が、使えるようになっている。

なお、本来のシドは平和な時代が訪れるまでEXA-DBを外部に漏洩を防ぐ為の警備システムであったが、ヴェイガンによって情報が外部に漏洩し、その犯人を求めた結果、制御プログラムとして移植されたレウナの父親の人格データを強制的に封じ込め、暴走。犯人を求めて破壊と殺戮を撒き散らす怪物MSと成り果ててしまったとされている。

劇中の活躍

「追憶のシド」

当初は命令を守りEXA-DBを守護していたが、ウィービック・ランブロ率いる宇宙海賊ビシディアンラーガン・ドレイス率いる海賊討伐部隊の交戦に割って入るように出現し、双方に甚大なダメージを与えた。ウィービックとラーガンの共闘でそれを退けるも逃走。
その後、アセム・アスノ率いる連邦軍のMS部隊と遭遇し、アセムを除く隊機を全滅させた。
アセムは、その場で居合わせた宇宙海賊ビシディアンと共闘し、Gサイフォスの自爆攻撃で撃破されたに思われた(なお、自爆攻撃を成功させるためにシド・スレイヴを引き付けた事によってガンダムAGE-2は大破、海賊の戦力として残骸が『ダークハウンド』として改修された。また、アセムは「キャプテン・アッシュ」としてビシディアンに身を置き、家族には戦死の報が伝えれられることとなった)。
その後、ビシディアンと、そこに身を寄せたアセムの前に姿を現すが……。

アニメ本編

Gサイフォスの自爆攻撃によって完全に破壊されたと思われたシドだったが、修復機構によって復活を遂げ、事件の13年後(アニメ本編第4部相当)、ヴェイガンによるEXA-DB捜索部隊を襲撃し、その調査と機体の慣熟飛行を兼ねて出撃したゼハート・ガレットの搭乗するガンダムレギルスの前に姿を現し、交戦している。
その後、アセムとゼハートの共闘により破壊され、EXA-DBの納まった小惑星も爆散するが、機体もEXA-DBも完全に破壊されておらず、再生を終えたシドは、ラ・グラミス攻略戦で再びアセム達の前で姿を現し、ガンダム三機と交戦していたヴェイガンギアと強制的に合体しコントロール下に置こうとするがが逆に取り込まれてしまい、最凶最悪のMS「ヴェイガンギア・シド」となり、セカンドムーンへ甚大な被害を与える事になる。
最後はAGE-FXのFXバーストモードによる突進攻撃で、ヴェイガンギアごと撃破され、完全に破壊された。

アニメ本編後

セカンドムーンでの戦闘で破壊された機体とは別個体(EXA-DBの別端末を防衛する機体)が、Aファンネルの試験中だったガンダムAGE-FXと遭遇し、交戦。
セカンドムーン戦で破壊された機体とは同期していなかった為性能的には当時の物より劣るものの、その性質上放置する事が出来ない為、リミッターを解除したAファンネルのビームトーチによって破壊された。

余談

敵や戦場のデータを習得し、その機能を拡張させていくという意味では本編におけるガンダムと同様の機能を有しており、ガンダムとシドは光と闇の関係にある。
また、「自己進化」「自己修復」が可能な機体、途中から目的が変化し暴走したという点では「機動武闘伝Gガンダム」に登場するデビルガンダムと通ずるものがある他、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場する無人機動兵器ハシュマルも、「小型の無人機を多数生成、及び本体の修復」、「モビルスーツ1体程度では動じない戦闘能力」、「巨大な翼を持つシルエット」等の共通点を持つ(但しハシュマルの場合は無差別に殺戮を繰り返す殺人マシーンであり、カテゴリーはモビルアーマーとなっている)。
なお、TVアニメ版のシドは手描きによる作画ではなく、戦艦やコロニーと同じく3DCGで描かれている。

節足動物を思わせる外見をしている為、モビルアーマーと思われがちだが、AGEではMAの概念が無いためMSに分類されている。

関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE 追憶のシド
ビシディアン アセム・アスノ

pixivに投稿された作品 pixivで「シド(MS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8240

コメント