ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

機動戦士ガンダムAGE』およびその外伝である『追憶のシド』に登場する組織。

地球連邦軍の不正腐敗に怒った元連邦軍士官キャプテン・アングラッゾが宇宙戦艦バロノークを強奪して興した宇宙海賊。主要拠点はバロノークであるが各コロニー及び地球、敵地である火星にもネットワークを持ち、他の反連邦組織との繋がりも持つ。

アングラッゾの死後はキャプテン・アッシュが首領の座に就いている。

海賊旗は髑髏に交差したスパナをあしらったデザイン。


連邦軍に対する私掠行為や、臨検活動(と称したショバ代集り・略奪)の妨害などを行う反連邦組織だが、同時にヴェイガンに脅かされているコロニー住人への救援も行っており、決して同じ連邦と敵対するヴェイガンに加担するような事はしない(この他、ヴェイガン内通者への粛清、麻薬輸送の暴露など不正行為の摘発も行っている)。

コロニー「ファーデーン」の旧国家派閥エウバとは関係が深く、装備しているMSも友好関係であるマッドーナ工房製のものを主力としているなど、豊富な戦力と幅広い人脈を有す。


設立時期は不明だが、地球連邦政府が地球中心の政策を執り始めたA.G140年代頃より活動していたと思われる。その頃の地球連邦はフリットによる内通者狩りなどの強引な手で組織浄化と改革が行われたものの、後に軍において上述のような不正行為が多発し腐敗悪化を招く結果となった。それが原因でビシディアンをはじめとする反連邦組織が誕生することとなったのである。


戦後は連邦での不正行為が減少したことにより、海賊行為を行う必要のなくなったビシディアンは姿を消すこととなる。そして海賊時代の人脈を活かし、宇宙資源探査事業に鞍替えした。後に「ビシディアン・コネクション」と呼ばれるレベルの発展を遂げ、大手資源開発会社の前身となった。海賊時代に行っていた秩序を維持する活動も引き続き裏で行っており、戦争再発防止に貢献している。


運用MS

上記の通り、運用するMSはマッドーナ工房製のものを使用しているが、初期のころはバロノークに積載していたMSを使用していた。搭載機はジェノアスアデルと言った連邦スタンダードのものばかりであった。この時点で旧式であるジェノアスはもとより、パーツ類が入手しにくいアデル(アデルは連邦側の機体であるため一般ルートでは消耗パーツの入手が困難だった)は宇宙海賊である彼らにとって扱いにくいものであった。

しかしマッドーナ側がビシディアンの活躍を知り、協力を要請してきたことから状況は変化していく。支援を得たビシディアンはそれ以降マッドーナ製の機体を使用することとなる。


Gエグゼスやシャルドールといったマッドーナ開発の機体やGサイフォスなどの半リーク機体、はては中破したAGE-2を基に開発したダークハウンドなど、使用するMSは多岐にわたる。多くの機体は暗色で塗装されているため、相手に認識しにくい海賊らしい仕様となっている。また武装も独自のものが多く、中には連邦には出回っていない技術を用いた武器も装備している。



構成員

  • キャプテン・アングラッゾ
  • ウィービック・ランブロ
  • ギルバート・ラーグーン
  • ギムル・マニング
  • シャズーイ・ブリーズ
  • ダム・ブレイディ


関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE 宇宙海賊

追憶のシド

宇宙海賊クロスボーンバンガードシーマ・ガラハウブルワーズ:ガンダムシリーズにおける宇宙海賊およびその関係者。内、クロスボーンバンガードはビシディアンの立ち位置に近い。


シャナルア・マレンスーパーロボット大戦BX限定だが、ある条件をクリアした際に生存し、その後はビシディアンのメンバーとして行動する。


ブレラ・スターン:こちらもBX限定。ビシディアンのメンバーとして行動しているのだが、彼の本来の登場作品はマクロスFである。

関連記事

親記事

追憶のシド ついおくのしど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50107

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました