2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

キオ・アスノ

きおあすの

キオ・アスノとは、『機動戦士ガンダムAGE』の登場人物で、第3部(第3世代)の主人公である。
目次[非表示]

CV:山本和臣 / 樋口智透(壮年期)

人物像

アセム・アスノロマリー・アスノの息子で、フリット・アスノの孫。13歳。
地球の都市オリバーノーツで、家族や幼馴染のウェンディ・ハーツ達と暮らしていたが、ヴェイガンの侵攻を契機に祖父・フリットからガンダムAGE-3を託され、戦いに身を投じていく事になる。

父親であるアセムは彼が生まれた直後の作戦で行方不明になってしまい、後の調査で発見されたAGEデバイスを父の形見として肌身離さず持ち歩いている。
幼い頃、ガンダムと同規格のMSシミュレーターをフリットからプレゼントとして渡されており、それで遊んでいた彼は自身が気づかぬままMSパイロットとしての英才教育を施されていた。
父親との面識が無く、母のロマリーが仕事をしているシングルマザーのため、祖父と接する機会が多く、大のおじいちゃんっ子に育っている。
祖父のフリットや母のロマリーたちに育てられた為、周囲から「おじいちゃん子」と呼ばれるほどフリットを慕っており、彼が作ったガンダムに強い憧れを持っている。フリットから贈られたMSバトルシミュレーターによってゲーム感覚でMS操縦技術を叩きこまれ、初陣にしてAGE-3を軽々と乗りこなすほどの天性の才能や早期からXラウンダーとしての片鱗を見せ始めた。
育ちのよい優等生風の印象ながら、他者の危機には率先して手を差し伸べる優しさと正義感を持つ一方で、人を疑うことを知らず、また、悪意なく他者の心情や場にそぐわない発言をすることがあり、それが周囲との余計な軋轢を生むことも少なくない。幼少時の経緯から戦いはゲームの延長上と捉えており、自分の行いが人殺しであるという認識が欠けている。その為、シャナルアからその危うさを指摘された事もある。
また、案外涙もろい一面も見せた。

当初はヴェイガンが一方的な悪と唱えるフリットの教えを盲信していたが、ゼハート・ガレットザナルド・ベイハートの作戦により、AGE-3ごと捕獲され、ヴェイガンの本拠地である「セカンドムーンに連れ去られ、指導者フェザール・イゼルカントや、ディーンルウ兄妹との出逢いを経て、倒すべき敵であるヴェイガンの現実を知ることになるも、イゼルカントの語る理想は間違っていると批判し、キオを救出しに来たキャプテン・アッシュ(アセム)達と共に地球へ帰還した。過去の体験から自身と同様にヴェイガンを同じ人類と認識している為か、初めて顔を合わせた直後から父親としてのアセムの存在を受け入れ慕っている。

火星から帰還した後はガンダムAGE-FXで戦場に赴き、ヴェイガンを殺さずに、地球とヴェイガンの人間双方の共存を目指すが、ヴェイガン殲滅路線のフリットとは道を違えてしまっている。
その決意は自分の身よりもヴェイガンを優先するほどに堅いが、フリットのみならずセリック・アビスなど周囲からも理解を得ているとは言いがたく、目下彼の理解者と言えそうなのは父アセムとウェンディ・ハーツだけである。その後も両軍の人々を助ける考えを変えることはなく、ラ・グラミス攻防戦の末には、プラズマダイバーミサイルでセカンドムーンを破壊しようとするフリットの前に立ちはだかって説得・翻意させ、暴走するヴェイガンギア・シドを撃墜してゼラ・ギンスを助け出した。また、イゼルカントから思念を送られて、彼から地球の未来を託された。

大人達のエゴと脚本家の悪意に苛まれたガンダムAGE最大の被害者

フリットやアセムと比べ、周囲の人間関係がほとんど恵まれておらず、身内は愚か数少ない理解者であるウェンディでさえ、空気が薄いせいで全くキオの精神的な支えになっていない。
それゆえに
①フリットにヴェイガンへの復讐の道具同然に戦争に叩き出される
②身内の誰一人としてガンダムに乗せられる事を止めようとしない
③毎回、周囲から理不尽な叱責・罵言に晒される
④最終的に敵味方双方からフルボッコにされる
⑤そして、あれだけ自分の意見を散々否定しておきながら、最後にあっさりと手の平を返される
…など、劇中を見るとかなり不幸な目に遭い続けている。もう完全に脚本家の悪意でしかない。
更には「モウヤメヨウヨー」連呼を始めとした説得力のない台詞に加え、どこかの先輩主人公と同様に不殺戦法を行ったこともあり、視聴者からも嫌われてしまった。
また、フリットやアセムは何十年も戦い続けてきたのに対し、キオの戦闘期間は僅か1ヶ月程度であり、人生経験が二人より少ない事も視聴者から軽視される一因となっている(そもそも、このような子どもをこれ以上戦争に巻き込ませないために戦ってきたんじゃないのかアンタらは)。
元々描写不足が問題視される本作ではあるが、ある意味キオは本作最大の被害者ともいえる。

こんな作品、子供に見せるべきじゃない。

小説版・外伝

小説版を手掛けた筆者自身もキオの扱いの悪さに憤っていたのか、彼の人間性及び、周囲からの配慮や扱いが大幅に改善されており、フリットやアセムとは対照的にかなり優遇されている。
またゲーマーという設定が追加され、戦闘でもかなり適切な判断ができるようになっている。特にガンダムレギルス戦におけるウェンディとの共闘や、ゼラ・ギンスとの最終決戦は最大の見どころ。

クライマックスヒーローではガンダムへの愛着がありすぎるあまり「ガンダムが傷ついただけで涙を流す」「ヴェイガン兵士にリアルファイトを繰り広げる」など、明朗快活な少年として描かれている
また不殺を行うにしても、敵味方双方と共にしっかりと守っており(この行為に至っては不殺を否定したセリックですら評価したほど)、「アニメ版のキオは嫌いだけど、こちらのキオは好き」という人もいるのではないだろうか。

容姿

茶髪で中性的な顔つきをしているせいか「本当は女じゃないのか?」とも言われている。
担当声優ももれっきとした男性ではあるのだが、声の高さと小柄な外見から相まって女性と間違われてしまう事がしばしばあるとの事。ヴェイガンに捕まった際の服はミニスカ状の奴隷服を着せられていた。

女装キオ
キオ・アスノ 換装済み



余談

ガンダムマキシブーストにおいて、カテジナ・ルースとコンビを組むと、「シャナルアさんに似た雰囲気の人だな」と言う。
一方でカテジナ(ゴトラタン)からは「気に入らない」と言われる。
他にもこの二人は掛け合いが豊富(共闘・敵対両方で)。


関連タグ

機動戦士ガンダムAGE / ガンダムAGE
アセム・アスノキャプテン・アッシュ) ロマリー・アスノ フリット・アスノ エミリー・アスノ ユノア・アスノ
ウェンディ・ハーツ ウットビット・ガンヘイル
ナトーラ・エイナス セリック・アビス シャナルア・マレン デレク・ジャックロウ ジョナサン・ギスターブ
ゼハート・ガレット フラム・ナラ ルウ・アノン フェザール・イゼルカント ドレーネ・イゼルカント
Xラウンダー ショタ 男の娘

キラ・ヤマトガンダムシリーズ最大の嫌われ者主人公。「不殺を行う」「甘ちゃんキャラ」「初代主人公の座を奪う」など共通点が多く、ある意味キオが嫌われる元凶ともいえる。
シン・アスカ:アニメ版で不遇な扱いを受けたガンダム主人公繋がり。
榊遊矢環いろは:どちらも戦争を止めようと努力したつもりが、敵味方双方から嫌われ、ぞんざいな扱いを受けた主人公繋がり。ある意味キオの再来とも言える。
笠音アオ:キオと同じく、身内の復讐に巻き込まれ、人殺しの罪を犯してしまった人物。これにより心に大きな影を落としてしまい、やがて道を大きく踏み外していまう事になる。
キュルル(けものフレンズ):心優しい主人公のはずが、脚本家の悪意によって視聴者から嫌われ者となった主人公繋がり。
野上幸太郎:主人公の孫である共通点を持っている。
孫(でんぢゃらすじーさん):ある意味危険な祖父を持っている孫繋がり。

関連記事

親記事

AGEアスノ三代 えいじあすのさんだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キオ・アスノ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キオ・アスノ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1206698

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました