ピクシブ百科事典

ガンダムAGE-FX

がんだむえいじえふえっくす

ガンダムAGE-FXとは、機動戦士ガンダムAGEに登場する機動兵器。第4部(三世代編)の主役機。
目次[非表示]

概要

ガンダムAGE-3から更に進化を遂げたガンダムAGEシリーズの最終形態。
パイロットはキオ・アスノ
「FX」とは、「Follow X-rounder」を意味し、キオの高いXラウンダー能力に追随できるだけの性能を持つ機体となっている。
各部が徹底的に軽量化され、高い機動性を実現しているが、その結果としてシールド類は装備されておらず、防御には後述のCファンネルを組み合わせて対応する。

AGE-3と同じくバックパックはコアファイターとして分離可能。頭部・コックピット・バックパックが上方からドッキングする方式だったAGE-3と違い、モビルスーツ本体にコックピットを擁する機首が後方から水平にドッキングする形式となっている。
またAGEシリーズ伝統の『胸部のAの字』は、コクピットハッチにAが直接描かれるAGE-1~3の形式から、コクピットブロックの周囲をA字の発光部分が縁取るような形に変更された。

AGE-1~3までに採用されていたウェア換装システムの有無に関しては不明。劇中では登場していないが、Cファンネルは状況に応じて別機能を有した物に換装する事が出来る。
戦後も連邦軍で運用されたが、AGEシステムはイヴァースシステムの開発に用いられるようになった為、専用追加装備はAGEシステムに頼らずに開発されるようになっていった。


武装

Cファンネル

全身に大型6基、小型8基の合計14基装備された遠隔攻撃端末。
ガンダムレギルスギラーガなどのビット兵器に対抗するべくAGEシステムが作出した装備であり、パイロットの思考に追随し、敵機の特定部位をピンポイントで攻撃する事が可能。また、攻撃の他にファンネルは複数を組み合わせる事でシールドの代わりとしても使用でき、状況によっては機体周辺にビームバリアを展開させる端末としても機能し、ビームバリアを纏った状態で敵へ体当たりするという戦法も用いられる。
作中では後述の運用に加えて、Cファンネルを横並びに連結するようにしてシールドを形成し、離れた所から切り離したヴェイガン機のコックピットをビームの流れ弾から守る等の汎用性を見せた。

Cファンネルはパイロットの意向で『敵機コクピットだけを自爆装置付きの機体から切り離し、殺さず無力化する』という運用をされるが、ヴェイガン機は頭部にコクピットを持つため結果としてファンネルが次々と敵機の首を落としていくという状況を生み出し、一説には「CファンネルのCはChonpa・ChopperのC」と呼ばれている(刀身がシグルブレイドと同素材である為シグルブレイドのCから取られている、というのが通説)。
なお劇中の演出においては、Cファンネルを操作する際にガンダムが自身のマニピュレーターでファンネルを導くような動作を取る。この時、コックピット内部で複数のCファンネルと見られるアイコンが立体映像のように映し出される。キオがこのアイコンの動きを目で追っていたため、Cファンネルの状態等をここで確認していると思われる。

スタングルライフル

バレルを展開し、チャージモードに変形させる事で威力を調節可能となる携行型ビーム兵器。
射撃の間合いであってもCファンネルが攻撃の要となる為、使用頻度は低い。
また、チャージモードに関しても最終局面でラ・グラミズの構造物を破壊する目的で使用されたのみである。

ダイダルバズーカ

スタングルライフルにオプションパーツを装着した長距離用ビーム砲。
AGE-3ノーマルのブラスティアキャノン同様、後から作出された装備。
劇中、最終局面で対ヴェイガンギア用にキオに届けられ数射するがいずれも決定打になる事無く破壊されている。

ビームサーベル

前腕部に内蔵されたビーム刃。AGE-3と違い完全に腕部に内蔵されている為、手に持って用いる事は出来ない。
腕部に大型のCファンネルを装着することでサーベルの代用とすることも可能。

FXバーストモード

宇宙要塞ラ・グラミズ攻略戦前に追加された形態。
起動すると機体の機動性を極限まで高め、Cファンネルを接続するコネクターから青色のビーム刃が出現し、それに伴い機体が青く発光する。
その戦闘スタイルは「全身からビーム刃を展開させ、超高機動による体当たりを繰り返して敵機を切り裂く」という荒々しいもの。
その攻撃性に加え、攻撃精度の低下による敵パイロット殺傷の可能性を危惧した為、キオは使用をためらっていたが、親友であったディーンの死に対する怒りに応じるかのように起動した。
この初回起動では半ば「暴走」ともいえる挙動を見せたが、最終局面、ヴェイガンギア・シドを破壊するために再度起動。理性を保ったまま一方的にヴェイガンギアを蹂躙し、かつパイロットは殺さないという活躍を見せた。

この形態でCファンネルを操作する描写がないため、
この形態でもCファンネルを使用できるかは不明。

全身からビーム刃を発生させた際の姿は磁気光孔システムのリミッターを解除したガンダムAGE-1 タイタスを彷彿とさせるが、技術的な繋がりについては不明。

一節にはAGEシステムが導き出した物の先がガンダムAGE-1のタイタスとスパローのいいとこ取りになったと言われているが詳細は不明。

バリエーション

ガンダムAGE-FX Aファンネル装備

ガンダムAGE-FXにウットビット・ガンヘイルが開発した「Aファンネル」を肩・腰・脚部に装備した形態(ウットビットはこれ以前にもガンダムAGE-3 ラグナのウェアをAGEシステムに頼らずに設計している)。
AファンネルはCファンネルから数えて六番目に開発された装備であるが、連邦軍が運用するガンダム専用の装備としては初めてAGEシステムに頼らずに開発されている。
Cファンネルと比べ大型であり装備可能数に制限があるが、ドッズキャノン、ビームトーチ、高性能センサーなど様々な機能を有する。また、ビームトーチのリミッターを解除すれば大型のビームサーベルとして運用可能。
戦争終結から三年後、パイロットは引き続きキオが勤めるが、機体のテストはウェンディ・ハーツの遠隔オペレーティングと平行して行われた。

関連項目

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE
ガンダムAGE-1 ガンダムAGE-2 ガンダムAGE-3 ガンダムレギルス 妖怪首おいてけ
νガンダム Hi-νガンダム ストライクフリーダムガンダム ダブルオークアンタ 
V-MAX

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムAGE-FX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146622

コメント