ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

BB戦士

びいびいせんし

『BB戦士』とは、バンダイの販売するSDガンダムのプラモデルシリーズの1つ。
目次 [非表示]

概要

『BB戦士』とは、1987年にバンダイから販売されたプラモデルガンプラの一シリーズ。


MS以外にも主に『SD戦国伝』・『SD三国伝』を中心とする『SDガンダム』シリーズの作品に登場するキャラクターを扱っている。

対象年齢層が低めに設定されていることもあって基本的に低価格なのが特徴だが、ランナーの色分け等が犠牲となっていたり、1シリーズ内のキャラクターが完全に揃わないという場合も多い為、突き詰めると細かい塗装技術やパテ・接着剤などの道具を使う事が要求される等、意外と奥が深い。

また、モチーフ上鎧武者や騎士の甲冑など、豪奢かつ緻密なデザインとなっている事も多く、幾多のモデラーやアニメーターを葬ってきたシリーズでもある。

豪奢さを再現する為、一時期はメッキパーツや蓄光パーツ等の特殊素材が多用された事もあり挑戦的な素材やギミックも魅力の一つ。

こうした素材やギミックへの挑戦はホイルシールの流れを作ったアルミホイルのシールやクリアパーツなど現在のガンプラにも影響を及ぼしている。


No.1〜No.6までの初期シリーズは頭部が小さく脛もあり、各MSの名称も「ガンダマン」や「ドラクン」などと元の名称にアレンジが加えられている。

付属のBB弾はランナー成型されており、BB弾を当てて遊ぶ為の的も付属していた。

世界観もそれぞれが連邦ジオン側に分かれて「スナイバルバトル」と呼ばれる競技で競い合うというものだった。

『BB戦士』の名前は、これらの初期の製品にBB弾発射ギミックが含まれていた事に由来する。

人気が振るわず当時盛り上がっていたSDガンダムのプラモデルへと方針を変えたことで現在のSDガンダムのプラモデルと言う流れができた。

後の製品では発射する弾丸の形状が矢やミサイルなどに変わっていき、安全基準の関係もあってそれ以降の新製品には発射ギミック自体がなく殆ど使われなくなっていった。実質消滅したわけだが、『No.17 武者ガンダム』のカブトが飛び出るギミックもこの一つであり、これによって武者頑駄無お馴染みの軽装タイプが生まれることになった。


SD戦国伝』も転機となりBB戦士が中心となったシリーズも生まれることになる。


No.7以降のBB戦士は脛がなく、頭部も大きくなった2頭身となり、以降はこのスタイルが一般的となっていたが、『SD三国伝』を初めとした近年の製品は初期のラインナップのような脛あり・小さい頭部のスタイルに戻っている。

また、前述の通り弾丸発射ギミックが採用されなくなった事により、本来の『BB戦士』としての名前に矛盾が生じてきたからか、『SD三国伝』の副題には「Brave Battle Warriors(ブレイヴ・バトル・ウォリアーズ)」という新たな解釈が与えられている。


低価格子供向けなシリーズではあるが『LEGEND BB』のようなハイターゲット向けの商品もある。


そしてNo,400へ…

2016年5月、『レジェンドBBシリーズ』のNo,400として騎士スペリオルドラゴンがリリースされる事になった。


スペリオルドラゴンは『元祖SDガンダム』を筆頭にいくつかのシリーズで立体化が実現しているが、BB戦士としては史上初となる。


2024年現在は限定商品の形で既存キットのバリエーションが出続けてはいるが、一般流通の完全新作が出ない状態となっている。

最後のナンバリングは2018年の『BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座』。

 

2023年の開発担当へのインタビューではSD世代が30代、40代になったことによるカテゴリー分けの意識、『三国創傑伝』が既存アイテムが400を越えているBB戦士に対して新規が躊躇する(そしてBB戦士の流れと分かる人にはわかってもらえる)という理由からBB戦士としてカウントされなかったことが語られている。

実際、SDガンプラとしては後述するような現行作である創傑伝やSDWがメインで展開する中でSDEXやSDCSがその間に出るという形になっており、SDガンプラの展開そのものは継続していることや従来のBB戦士が担ってきた役割が細分化している様子は見られる。

ファンからはこのようなSDガンプラを取り巻く事情の変化などが原因ではと考えられており、BB戦士の完全新作を望む声もある(頭身の拘り、単純に慣れ親しんだシリーズだから、LGBBの構造が好きなどこの辺はファンにもよる)。

一応、インタビューでも触れられており、前述のようにバリエーションは出ているので終わったと断言できないが現状は不明である。


関連商品

ちーびー戦士

詳細はちーびー戦士の記事に。


ジージェネシリーズ

『BB戦士』のリデコレーションキットとして『SDガンダムGジェネレーション0』とのタイアップで発売されたキット。

Gジェネ基準の為、パッケージアートや説明書の作例などでは瞳が描かれていない。(これの展開があった時期は新作の『BB戦士』も含めてMGを意識したパッケージアートとなっている)

基本的には旧製品と同一の仕様だが、付属のシールやランナー等は一部変更されている。(アレックスジム・カスタムとなったようにキット名義が旧製品のコンパチ先となったパターンも多い)

当初は『G-ZEROシリーズ』としていたが、ゲームの次回作が発売されてからは『Gジェネシリーズ』と称するようになった。

また、これら過去の『BB戦士』の新規パーツ追加キットが出揃った後は、同スケールの新規製作のキットがラインナップされた。(ほとんどの新規キットは手足頭接続用ポリキャップと外装というムーバブルフレームのような構成となっている)

実はガンダム試作4号機クロスボーン・ガンダムのようにこのシリーズの後期製品が初立体化というものが意外とある。


SDBF

ガンダムビルドファイターズトライ』に登場したSDガンダムのガンプラのキット。レジェンドBBシリーズより安価で通常のBB戦士より高価という立ち位置。レジェンドBB戦士や後述のSDガンダムEXスタンダードに近いフォーマットである。ウイニングガンダムスターウイニングガンダム紅武者アメイジングS×D×Gガンダムの四種類が存在。


SDBD

ガンダムビルドダイバーズ』シリーズに登場したSDガンダムのガンプラのキット。RX-零丸ヴァルキランダー及びそのバリエーションが存在。それぞれフォーマットは異なる。


SDガンダムEXスタンダード

低価格初心者向けSDガンダムのガンプラ。

海外で先行展開されていたシリーズ。

安価ゆえに色分け等で劣る一方、ディテールやHG系ガンプラとの連携を生かせる独自のギミック面を持つ。

可動性能(LGBBに近い構造)や従来のSDから頭や胸を小さくし手足を伸ばしたスタイルが公式サイトでも売りとしている。また、瞳を一切採用していない。

初心者向けであるため知名度を考慮し映像作品の主役ガンダムやそれ並みの活躍や人気がある機体が選定基準となっている(海外で展開が始まったシリーズなので海外人気もあると思われる)。

日本で展開されてからは『機動戦士ガンダム水星の魔女』『機動戦士ガンダムSEEDFREEDOM』といったアニメ新作にHGと合わせる形で初期主役機がラインナップされている。

入門用の手軽なガンプラと言う点ではBB戦士に近いものがあるが、外見が従来のBB戦士とも異なる印象を与えるシリーズと言える。

なお、ガンダムバルバトスガンダムバルバトスルプスは海外ではこちらで発売(日本でもガンダムベース限定で発売)されているが、日本では付属品を多く追加させてBB戦士として発売している。


SDガンダムクロスシルエット

2018年より展開されるSDガンダムのガンプラ。SDフレームとCSフレーム(クロスシルエットフレーム)で頭身を変更できるギミックを持つ。

シルエットブースターによる可動やハンドパーツの拡張も可能。

BB戦士やSDEX、SDWと一部互換性があり、クロスの名の通りカスタマイズやSD以外のガンプラへのステップアップを想定されている。

当初は一部を除いてCSフレームは別売りだったが再販頻度が減少し入手難になったこともあってか2023年からの商品は同梱が基本となった。

その結果もあってかやや高めの値段となっているが、その分武装やギミックがある場合はこちらが担っている様子。

その影響もあるのかSDEXで出た主人公機の後継機がラインナップされたり、新規や海外向けなのもあり人気どころを中心に選定しているSDEXやSDWと比較すると映像作品外やゲーム作品出身のMSもガンプラ化している。


三国創傑伝、SDW HEROES

2019年より展開されている『SDガンダムワールド 三国創傑伝』から始まるSDガンダム作品群のガンプラ。

海外展開から始まったがSDWからは日本でも同様に展開されている(詳細は『三国創傑伝』の記事で)。

MSの選定には中国・アジア人気も参考にされた(そのためかガンダムタイプが多くモノアイ機が控えめ)。

SDガンプラを中心としたシリーズではあるが前述の事情から新規への配慮でBB戦士でのカウントは見送られている。

クリアパーツの多用が特徴。太ももがあり頭身が高めだが、デザインを主に担当した宮内利尚の方針からパーツの配置によってサイズ感や太ももや二の腕を隠すことで二頭身の密度感を目指している。デザインが複雑な傾向にあり無塗装でもクリアパーツのおかげである程度見た目は悪くないが設定通りの塗装となると従来のBB戦士以上にハードルが高いと評判。

映像作品が終了した外伝からはスペリオルドラゴンの名を冠するキャラクターや輝羅鋼の復活など従来のSDガンダム作品を意識した要素も大きくなっている。

新規向けの作品ではあるためか創傑伝は同じ三国志モチーフの三国伝とは直接の関係はなく、スペリオルドラコンも既存のスペリオルドラゴンとの関係はないなど小ネタの範囲となっている。


関連タグ

SDガンダム バンダイ ガンプラ ちーびー戦士 SDBF SDBD SDガンダムEXスタンダード SDガンダムクロスシルエット

SD戦国伝 新SD戦国伝 SDガンダム外伝 新SDガンダム外伝 SDコマンド戦記

元祖SDガンダム ガンダムクロス ロボチェンマン カワルドスーツ

関連記事

親記事

ガンプラ がんぷら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 688595

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました