ピクシブ百科事典

ジム・カスタム

じむかすたむ

ジム・カスタムとは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号RGM-79N
頭頂高18.0m
全備重量57.6t
出力1,420kW
推力67,480kg


概要

一年戦争終結後に製造されたジムの性能向上型。

北米のオーガスタ研究所が開発したガンダムNT-1 アレックスの設計データを流用しており、従来のジムの倍近い推力とガンダムタイプ並のフレーム強度・ジェネレーター出力を持つ。その一方で、機体特性に関しては突出した面が無く、コウ・ウラキは本機を特長がないのが特徴と評価している。

宇宙世紀0083年当時、連邦軍量産機の最上位機種と称される程の性能を誇ったが、製造コストの高さからエースパイロット用として少数が実戦運用された。
主なパイロットはサウス・バニングアルファ・A・ベイトベルナルド・モンシアなど。

デラーズ紛争後は生産ラインが特殊部隊「ティターンズ」の管理下に置かれ、若干の設計変更と共に黒と濃紺(ティターンズカラー)に塗装されたジム・クゥエルの生産に切り替えられたが、残存機がエゥーゴや海賊で運用されている他、ジム改[ワグテイル]を改修する際などにパーツが使用されているなど、デラーズ紛争後に於いても運用例が挙げられている。

武装

60mmバルカン砲

頭部に搭載されている接近戦用機関砲。
ガンダムから続く連邦の伝統的装備。

ジム・ライフル

90mmブルパップ・マシンガンのバリエーションモデル。
弾薬・機関部を流用しつつ、銃身を延長する事によって発射速度や威力を向上させており、形状もアサルトライフルに近いものに変化している(名称はこの形状や運用方法に由来していると思われる)。銃身下部にオプションとしてビーム・ベイオネットグレネードを装備可能。

ビーム・サーベル

バックパック右側にマウントされている近接格闘戦用ビーム兵器。
機体とサーベル双方の供給方式に採用したデュアルエネルギーサプライに対応している。

シールド

ジム・コマンドなどが装備するものと同様の装備。
着弾時の運動エネルギーの拡散を目的とした曲面装甲を有し、ビームコーティングによってビーム攻撃に対してもある程度の耐性を持つ。裏面にはライフルの予備マガジンを2つ装備可能な他、『REBELLION』ではモンシア機が先端にグラップ・アームを装備している。

ビーム・ライフル

ジム・カスタム用のビーム・ライフルは0083年当時確認されていないが、グリプス戦役時にはジムⅡネモが使用するBOWA・BR-S-85-C2を携行した機体が確認されている。

バリエーション

ジム・カスタム高機動型

ガンダム開発計画(GP計画)に則りガンダム試作1号機の宇宙用バックパックの評価試験をするべく改修された機体。
バックパックにフルバーニアン用のユニバーサル・ブースター・ポッドを装備する他、脚部の一部もそれと同型のものとなっている。
なお、陸戦用バックパックの評価試験はパワード・ジムが担っている。

ジム・クゥエル

ジム・カスタムの生産ラインを転用し開発・量産されたティターンズ初期の主力機。
詳細はジム・クゥエルを参照。

ジム・キャノンⅡ

ジム・カスタムとパーツを共有する火力支援型モビルスーツ。
詳細はジム・キャノンⅡを参照。

ジム・カスタム シルバーヘイズ

「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」に登場。
宇宙海賊シュテンドウジの所属機。全身が目立つ銀色に彩られ、こめかみにあたる部分がの角を思わせる形状に変更されている。また両肩に酒呑童子を模った鬼の横顔が描かれているのが特徴。
ジオン残党との戦闘後、ビーム・ミツマタと左腕にガンダムNT-1のガトリング砲を追加した「シルバーヘイズ改」にアップグレードした。
パイロットはウイングス・ハウザー。

ジム・カスタム エゥーゴ所属機

ティターンズより戦力的に劣っていたエゥーゴが接収していた残存機。
ジムⅡジムⅢ等と同じ緑系の塗装が施されており、バイザー部分も同色に塗られている。

関連イラスト

ジム・カスタム交戦中
ジムカスタム


「やっぱり0083は最高だと思うんだ…」



関連項目

機動戦士ガンダム0083
ジム ジム改 ジム・クゥエル ワグテイル
サウス・バニング

pixivに投稿された作品 pixivで「ジム・カスタム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46008

コメント