ピクシブ百科事典

ジム・スナイパーカスタム

じむすないぱーかすたむ

RGM-79SC ジム・スナイパーカスタムとは、『MSV』に登場する地球連邦軍のモビルスーツ。後にTV版『機動戦士Zガンダム』にも登場。「ジムSC型」「ジム重装型スナイパーカスタム」とも呼称される。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高18.0m
本体重量47.0t
ジェネレーター出力1,390kW
装甲材質チタン系合金
スラスター総推力68,000kg
センサー有効半径7,300m


機体説明

型式番号はRGM-79SC
地球連邦軍の量産型MSであるジム(前期生産型)をエース用に改修して総合性能を向上させた機体で、そのスペックはRX-78 ガンダムに匹敵すると言われる。

名称こそ「スナイパー」の名を冠しているが、狙撃特化の機体ではなく狙撃性能を有した汎用機としての運用を目的としている(由来については後述)。

以前より一部のA級パイロットは前期生産型ジムの性能に満足せず上層部に改修の要望を出していたが、ソロモン陥落後に改善プランの許可が下り、ジム・ライトアーマーと並行して改修作業が進行した。

SC型は登場者の要望に沿って個別にチューンされており、仕様にはバラつきがあった。どの程度共通するかは不明だが、予備の熱核反応炉を増設、腰部に追加で冷却装置をマウントし、バックパックや脚部にスラスターを増設したフランシス・バックマイヤー機に近い仕様が約半数を占めた(特に重装備にされた彼のSC型に倣ったという逸話がある)。

総生産数は50数機程度だが、その多くがア・バオア・クー攻防戦に参戦、勝利に貢献している。また、残存した機体の一部は各部を更新の上、グリプス戦役でも運用された。

一年戦争期にSC型に数えられたガード及びインターセプトは、戦後改めて名称と型番が割り振られている。
後継機として、本機の設計思想をジムG型に反映した「ジム・スナイパーⅡ」(ジムSP型)が存在する。上記の事情もあって完成・投入はSC型よりも早かったとされる。

「MSV」のバックマイヤー中尉の他にも、一年戦争当で撃墜数トップを記録したテネス・A・ユング少佐(初出:戦略戦術大図鑑)は本機とジム・コマンドを愛機としていた。
「俺ら連邦愚連隊」では陸軍のコルテス中尉が本機を駆り、ネメシス隊所属のホーク・ロイザー大尉の駆るジム後期型に格闘戦を挑み互角に渡り合っている。本来の仕様からすれば不利な筈の白兵戦でもパイロット次第で相当なポテンシャルを見せられる本機の柔軟性の高さを物語った。

スナイパー≠狙撃手

「スナイパー」という名前自体、ガードインターセプト共々元はラグビーの用語から取られたもので狙撃手を意味するものではない
『MS図鑑 ジム』ではアメフトの用語と説明されたが、これは誤りである。

装備

標準装備

  • 増設冷却器

腰部等、外部に露出する所にも取り付けられている。多少無理をしても安定して稼働できるようにするための当機の要。

  • バイザー
狙撃用に改良されたセンサーを内蔵した、カメラアイ防護も兼ねるバイザー。
下記のビームライフルのセンサーと連動させることで高い精度を発揮。
  • BR-M79-L3 R-4型ビームライフル
ボウワ社が開発したビームライフル。長い銃身とセンサースコープを備え、狙撃に向いている。スプレーガンのBR-M79C-1型とフレーム構造を同じくする。
  • BR-S-85-L スナイパー・ライフル
同じくボウワ社製のビームライフル。ジムⅡのBR-S-85-C2型ビームライフルと照準系等が同じだが、収束率はこちらが40%高句、命中精度も優れる。
  • BR-M79C-1 ビームスプレーガン
ご存知、ジムの標準装備。脛側面に懸架している。
  • ビームサーベル
バックパックは丸ごと推進器にしたため、前腕部にホルダーが付けられている。ユニコーンガンダムのビームトンファーのようにそのままビーム刃を発振する事も可能。
形状もボックスタイプのものからビームサーベルそのものが接続され用途によっては外して剣戟のように使用できるものが存在。取付位置も左前腕部や右前腕部など差異が見受けられる(後述)。
  • シールド
地球連邦軍MSが装備する六角形の形状のもの(連邦軍の十字エンブレムの有無の差異あり)から陸戦型ガンダム及び陸戦型ジムと同じ形状のが使用されていることもある。

バリエーション

  • フランシス・バックマイヤー仕様

機体説明でも挙げられた重装備型。
R4型ビームライフルに加え、ビームスプレーガンの銃身を上下二連装にして連射性を上げたダブルビームガン、ハイパーバズーカ、ビームハンドガン、ガンダム型シールドを追加。
ビームサーベルはボックスタイプに換装し右前腕に固定、取り回しを捨てて即応性を特化した。

  • シモダ小隊機
MSV-R』に登場。地球連邦宇宙軍第3艦隊所属、シモダ小隊がア・バオア・クー攻防戦にて使用した現地改修機。原型機以上に推進系統を強化した他、陸戦型ガンダムの6連装ミサイルランチャーを4連装に改造し背面に装備している。
  • 宇宙海賊シュテンドウジ所属機
ブレイジングシャドウ』に登場。武器商人のニーゼ・ゲルバンから購入したもので、乗りこなせるものがおらず格納庫で埃をかぶっていたが、ジオン軍残党の襲撃の際にカイン・ラグナートが搭乗した。武装はオリジナルのR-7ビームライフルの他に、ベース機と同様の物を装備している。

ガンプラ

1/144スケールの旧キットとしてMSV版と機動戦士Zガンダム版が発売。
パッケージ、付属デカール、成型色が異なり、前者はオフホワイト、後者は緑色となっている。
2017年11月に1/100スケールのMGとして一般販売。設定追加で様々な武装が追加され、フランシス・バックマイヤー機を再現できる。ほぼ同時にプレミアムバンダイ限定でテネス・A・ユング機も発売、こちらにはL-3スナイパービームライフルが追加されている。
更に2018年にはプレミアムバンダイ限定でMSD版のHG(当然1/144スケール)が発売されている。こちらは狙撃型ビームライフルとビームスプレーガン・ビームサーベルのみ付属。また2019年にはミサイルランチャー装備のシモダ小隊機仕様の物が発売された。

ガンプラに関する余談

吉崎観音ケロロ軍曹にて、ジム・スナイパーカスタムのMG.Ver,Ka、つまりカトキハジメデザインのジム・スナイパーカスタムが登場している。
なお、ビームサーベルに関しては旧キットでは左前腕部にボックスビームサーベルユニットが接続されているが、MG以降は右前腕部接続とされている(MSD版は左前腕部にも接続可能だが、ボックスタイプのビームサーベルユニットではない)。恐らく、シールド装備が影響していると思われるが、旧キットボックスアートの時点ではZ版の頃からボックスビームサーベルユニットが右腕装着(左腕に装着されていない)となっているものの、説明書掲載のイラスト(彩色アニメデザイン画)では左腕装着で描かれており、詳細は不明。

完成品各種

カトキハジメデザインによるガンダムフィックスフィギュレーション及びROBOT魂.Ver.ANIMEにて商品化されている。
前者はリアルタイプカラーガンダムとの選択式。カトキアレンジがあり、シールドは陸戦型ガンダム系統のもの。ボックスビームサーベルは右前腕となっている。
ROBOT魂は魂Web限定品。アニメよりのアレンジがなされている。シールドは六角形でガンダムの色違いとなっている。ボックスビームサーベルユニットは右腕取付のケースが多いが左腕にも可能。

関連イラスト

RGM-79SC


関連タグ

ジム MSV 機動戦士Zガンダム

関連記事

親記事

ジム じむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジム・スナイパーカスタム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38334

コメント