ピクシブ百科事典

NT試験用ジム・ジャグラー

にゅーたいぷしけんようじむじゃぐらー

NT試験用ジム・ジャグラーとは、Gジェネレーションシリーズに登場するオリジナルMS。
目次[非表示]

概要

初出は『SDガンダムGGENERATIONギャザービート』。
ソロモンの亡霊による襲撃でニュータイプ専用機に触発された地球連邦軍が開発した試作機。
新造機ではなく、ジムコマンド(或いはジム・トレーナー)を元にした実験改修機体。機体のコードも「RGM-79RAR」とジムの派生機であることを示すものになっている。
ボールを改造した攻撃ポッドを両肩部に配し、ジオン軍ニュータイプ専用MS/MAのようなオールレンジ攻撃が可能。




……に見えるが…………




実際

実は攻撃ポッドのコントロールはレーザー通信による手動操縦であり、サイコミュの類いは装備されていない。要するにガンダムNT-1と同じく名ばかりのNT専用機と言う事である。
機体操作とポッド操作を分業する為複座式となっているが、作品によってはボール部分にそのままパイロットが乗っていたりもする。
※その場合は三人乗りとなる。
当時の連邦軍ではサイコミュの本格的な研究がまだ行われていなかったが、「連邦にもニュータイプ用機体を建造する技術がある」とジオン軍に思わせ技術的優位を崩させるための欺瞞的な機体である。
ただボール部分にはビームライフルが二門ずつ装備されており、本体のブルバップマシンガンと合わせて火力は高い。またスラスター増設やチョバムアーマーの採用など、全体的な性能はベース機体に比べ大きく向上している。

しかし開発が難航したために1号機ロールアウト前に戦争は終結した。戦後、連邦軍はジオン軍からサイコミュ技術を接収した事で本機の存在意義は失われてしまった。

だが宇宙世紀0084年に連邦軍の一派である武装勢力「シン・フェデラル」が使用したと言われる。

関連

SDガンダムGGENERATIONギャザービート
ジム ボール
二人羽織

SDガンダムウォーズ:本機が発表される以前のこのゲームに本機に酷似したジムトレーサーと言う機体が登場する。

関連記事

親記事

ジム じむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「NT試験用ジム・ジャグラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 766

コメント