ピクシブ百科事典

ベルナルド・モンシア

べるなるどもんしあ

ベルナルド・モンシアは『機動戦士ガンダム0083』の登場人物。
目次[非表示]

CV:茶風林

概要

地球連邦軍中尉。28歳。
不死身の第4小隊の一人で一年戦争ではバニングの部下として各地を転戦した。
主な搭乗機はジムカスタム

人物

バニングの指揮下で経験を積んだ歴戦の優秀なMSパイロットだが酒好きで女好きな上に素行不良の気が強い。
アルピオンに補充パイロットとして着任した時、酒を飲みながら女にナンパしたり、モーラ・バシットにはスケベ野郎と言われ、コウ・ウラキやチャック・キース等の後輩をいびるなど、周囲とのイザコザが絶えなかった。後輩であるコウとガンダム試作1号機を巡って対決をするも、あと一息のところで彼の迂闊により敗れてしまっている。その後独房入りになるが、後輩いびりはまだ続き、コウのコアファイター着艦を妨害したりするなど、危険な行為も行った。
また、スペースノイドを宇宙人と蔑み、捕虜を虐待するなど地球至上主義者でもあり、悪い素行が目立った。しかし、付き合いの長い上司であるバニングに対しては深く尊敬しており、彼が戦死したときには男泣きをするという義理人情に厚い一面も持っている。マリーという恋人がいる。

デラーズ紛争後は、仲間と共にティターンズに入隊した。

コミックボンボン増刊号の漫画版では

加登屋みつるの漫画版ではバニングが負傷して宇宙に上がらず、仲間であるベイトやアデルが登場していない為にウラキやキースを率いる隊長として登場。アニメ本編と比較してまともな人物として描かれている。シーマ・ガラハウによって撃墜され戦死と、アニメでのバニングのような役回りでもある。

スーパーロボット大戦シリーズでは

基本的にボンボン増刊号の漫画版の性格に近く設定されている。
『α』ではアニメでの大人気ない尊大な部分も描かれているが、以降においては面倒見のいい頼りがいのあるベテランとして描かれ、おまけにアニメとは逆にティターンズに反感を抱いていたりもする。


関連タグ

サウス・バニング コウ・ウラキ アルファ・A・ベイト チャップ・アデル
エイパー・シナプス ジムカスタム 特徴がないのが特徴

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルナルド・モンシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9117

コメント