ピクシブ百科事典

エイパー・シナプス

えいぱーしなぷす

OVA作品「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場する人物。
目次[非表示]

CV:大塚周夫

人物像

ペガサス級強襲揚陸艦アルビオンの艦長。ガンダム試作2号機追撃の指揮を執った地球連邦軍の将校。階級は大佐
一年戦争以前からの艦艇を操る生粋の船乗り。平時こそ沈着冷静だが、若干短気な一面を覗かせる。
柔軟な思考と高い指揮能力を持ち、戦略的な視点で物事を判断できるという、連邦軍上層部の中にあって希有な人物。更に、部下の意見に耳を傾ける度量の広さと紳士的な態度を含む人格者であり、その事もあって部下に信頼されていた。

オーストラリア・トリントン基地にてガンダム試作2号機の重力下テストと、同機に使用する核弾頭を受領の為に寄港するが、その際にアナベル・ガトーによって試作2号機を強奪され、のちにデラーズ紛争と呼ばれる戦乱に巻き込まれていく。
2号機奪還作戦を展開しながらも、ガトーらデラーズ・フリート側の周到な作戦行動と連邦軍による充分な支援が受けられない状況で、ついには2号機によるコンペイトウへの核攻撃を許してしまう。
そして、ガンダム開発計画の責任者としてアルビオンを支えていたジョン・コーウェンジャミトフ・ハイマンによって失脚させられ、孤立無援の状態に陥りながらも独断によってデラーズ・フリートのコロニー落としを阻止するべく奮闘。
しかしその独断からデラーズ紛争終結後、彼は軍事裁判にかけられ、彼の正当性を証明出来る者がいない中で極刑が下された。

評価

「無能」と称されることも多い人物である。自身の決断によって多くの失態を晒しており、試作2号機による観艦式襲撃を阻むことができなかった。
試作3号機の強奪に至ってはそれによって機密事項を公に晒したうえ、結果的にコロニー落としの阻止が失敗に終わる原因にもなっている。
連邦側に寝返ったシーマ艦隊への攻撃も完全に私情であり、このことから、視聴者側から見れば「心情はわかるがやっていることは自身の艦及び部隊の私物化」でしかないのである。
もちろん、シナプスの部隊の人間は、恐らくその多くが味方面するシーマ艦隊を受け入れることなどできないだろうが、その感情を制するのが指揮官の仕事である
温厚で冷静沈着、かつ紳士的な人物として劇中では描かれているが、それが連邦軍と悪い意味で反発が起きてしまい、最悪の事態を招いた(コミックボンボン漫画版除く)と思われる。

とはいえ、デラーズ・フリートのスパイであるニック・オービルをあえて泳がせて敵の潜伏場所を炙り出そうとするなど、実戦では智将と言って差し支えない頭の回る人物である。その目論見事態は失敗したが、その逃走経路から正確な秘密基地を推察し、見事探り当てることに成功している。

劇中におけるシナプスの判断も、試作3号機の強奪やシーマ艦隊への攻撃を除けばそれほど間違っておらず、本来なら妥当とも言える判断が尽く裏目に出ている。なんとも不運の人でもある。
……まあその2つに関しては擁護しようのない大失敗なのだが。

スパロボでは

いずれの作品においても、バニング大尉同様最後まで生存する。原作では登場しなかったブライト・ノアに対しても、立場が近いからか親身に接してくれるなど、原作以上に「人のいいおっさん」というイメージが強い。

余談

なお本作のラスボスであるアナベル・ガトーを演じる大塚明夫氏は周夫氏の息子であり、図らずも親子対決という事になった。

関連項目

機動戦士ガンダム0083
コウ・ウラキ ニナ・パープルトン チャック・キース 不死身の第4小隊
アルビオン

関連記事

親記事

アルビオン あるびおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エイパー・シナプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4197

コメント