ピクシブ百科事典

バスク・オム

ばすくおむ

バスク・オムはアニメ「機動戦士ガンダム0083」及び「機動戦士Zガンダム」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:郷里大輔

人物像

地球連邦軍に於いて旧ジオン公国軍の残党狩りを目的に設立された特殊部隊「ティターンズ」の総司令官。階級は大佐。37歳(グリプス戦役期)。
徹底したアースノイド至上主義を掲げており、宇宙移民であるスペースノイドに対して激しい憎悪を抱く。
ジャミトフ・ハイマンの片腕として、前線に於ける部隊の全指揮を任されているが、ジャミトフの思想に共感している訳ではなく、あくまでスペースノイドを弾圧する方便を得る為に彼の下へ降ったにすぎない(現にデラーズ紛争初期のバスクはジャミトフの傘下ではなく、ジョン・コーウェンの配下であった)。

一年戦争当時、ジオンの捕虜となった経歴を持ち、彼のトレードマークとも言えるゴーグルは捕虜時代に拷問で負った視力障害を矯正する為の物である。
また、この当時の経験が地球至上主義者として知られる彼の人格を形成する一因となったとされており、視力障害を負いゴーグルの着用を余儀なくされた事が、彼の反スペースノイド感情の大本となっていると言われている。

部下から「戦術の天才」と評され、常に最前線で指揮を採り、時として部下を叱咤するなど指揮官としては優秀であるが、同時に根っからのサディストとして知られ、戦闘に於いては非道な作戦を遂行する事も厭わない。
一方で自身の作戦の残虐性を悟られないよう巧みに部下を動かす事にも長けており、ヤザン・ゲーブルジェリド・メサといった曲者を従えている事から、(手段は兎も角として)組織運営の手腕についても確かなものを備えている。
また連邦軍の暴走を象徴するティターンズの中心人物であるが、保身や利益を望む人間という訳ではなく、彼自身最後まで前線に立ち続けた。

来歴

宇宙世紀0083年のデラーズ紛争の最中にコーウェン派からジャミトフ派へ鞍替えし、紛争終盤に於いてはソーラー・システムⅡを使用し、デラーズ・フリートのコロニー落とし迎撃の任に当たった。
しかし、この行動はアナベル・ガトーの妨害によって失敗に終わり、私念によって第二次攻撃を加えるも、それは友軍が射線上に展開されている状況での凶行であった。
その後ジャミトフが地球連邦軍の派閥争いに於いて勝利を収めた事から彼の凶行は表沙汰になる事なくティターンズの指揮官へ就任。
組織規模の拡大の為に奔走し、宇宙世紀0085年7月、サイド1の30バンチコロニーにおいて反連邦のデモが起こると連邦政府の要請に応じ、デモを鎮圧。その際コロニー内に毒ガスを注入し1,500万人もの住民を虐殺した。この事件は後に「30バンチ事件」と呼ばれるが、報道管制により虐殺の事実は隠蔽され、以後ティターンズは連邦政府を恫喝する形で支配下に置くようになる(これはビスト財団のラプラスの箱にも通じる手段であった)。
この一件は結果的にブレックス・フォーラ准将の反発を許し、秘密裏に反連邦組織「エゥーゴ」を結成に繋がった。

そして宇宙世紀0087年3月についにグリプス戦役が勃発。
ジャマイカン・ダニンガンなど多くの士官を従え、ティターンズの総司令官として指揮を執るが、ガンダムMk-Ⅱを強奪したカミーユ・ビダンに対して彼の両親を人質にして恫喝する、中立を表明し非協力的なサイド2に対してはグリプス2のコロニーレーザーを照射し、毒ガス攻撃を仕掛けるなど残虐非道な作戦を次々と展開。
その蛮行はジャミトフからも警戒され、同じくティターンズ大佐であるオットー・ペデルセンらからの反感も強かった。
しかし、ジャミトフの死後の宇宙世紀0088年2月、内紛をおこしたパプテマス・シロッコの配下であるレコア・ロンドが駆るパラス・アテネ(劇場版ではヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊)の攻撃を受け、乗艦ドゴス・ギアと共に爆死した。

関連項目

機動戦士Ζガンダム
ティターンズ
ジャミトフ・ハイマン パプテマス・シロッコ

アーサー・グッドマン…同じくガンダムシリーズの腐敗した敵組織におけるナンバー2の人間。

pixivに投稿された作品 pixivで「バスク・オム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146407

コメント