ピクシブ百科事典

ドゴス・ギア

どごすぎあ

『機動戦士ガンダム』シリーズにおける宇宙戦艦の一つ。ティターンズが建造したドゴス・ギア級大型戦艦である。
目次[非表示]

概要

ティターンズがグリプス工廠にて建造した大型戦艦。ティターンズの初代旗艦であったアレキサンドリアに代わり、ティターンズの旗艦として就役した。

本艦は、デラーズ紛争で戦没したバーミンガムの設計をベースに、バーミンガムに欠けていたモビルスーツの運用能力を付与した艦である。艦全体に14基ものカタパルトデッキを持ち、これによって短時間でモビルスーツ隊の発艦を行えるようになっている。
火力もバーミンガムと比較して強化されており、特に艦全長の半分にも及ぶ長砲身単装メガ粒子砲が目を引く。その個艦火力に関しては、グリプス戦役当時の戦艦の中でも(歴代の地球連邦軍艦艇と比較しても)最大級の物である。
元々艦隊指揮に特化したバーミンガムの火力を強化し、艦載機運用能力を付与した艦である事もあり、総合的な能力は高い。反面、そのサイズは一年戦争当時のジオン宇宙攻撃空母「ドロス」をも上回る大型な物となっている。

就航当時はパプテマス・シロッコに指揮権が与えられていたが、ゼダンの門崩壊前にバスク・オムに譲渡され運用された。
しかし、グリプス戦役末期、ジャミトフ・ハイマンに反旗を翻したシロッコの部下であるレコア・ロンドが搭乗するパラス・アテネ(劇場版ではヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊)の攻撃によって撃沈された。
ティターンズによって同型艦の建造計画が提出されており、ネームシップであるドゴス・ギアを含めた4隻の建造が予定されていたが、一番艦の撃沈とグリプス戦役でのティターンズ敗戦を受けて計画は凍結されている。

ゼネラル・レビル

第2次ネオ・ジオン抗争後に、前述の計画凍結を破り就役を果たしたドゴス・ギア級2番艦。艦長はマセキ・ダンバエフ大佐。
宇宙世紀100年のジオン共和国自治権返還を目前に、地球軌道艦隊の再編が行われる中、同艦隊の旗艦として開発された宇宙戦艦である。
ティターンズの運用装備が連邦の負の遺産として忌み嫌われる風潮が強かった当時の連邦軍に於いて、ティターンズの開発したドゴス・ギア級に白羽の矢が立ったのは、地球連邦軍の象徴性と威信を世にしらしめるパフォーマンス的な意味合いが強かった。艦名に一年戦争の英傑レビル将軍の名を冠するのも、そういった一面が見受けられる。
本艦は、1番艦であるドゴス・ギアに比べると大幅な設計変更が行われ、全長なども含めかなり大型化している。その全長は630m、最大幅も200m以上に及ぶ桁外れの威容で、連邦宇宙軍史上最大級の戦艦に数えられ、モビルスーツ4個大隊規模の戦力を運用可能であった。

関連項目

機動戦士Zガンダム 機動戦士ガンダムUC
ティターンズ 地球連邦軍
バーミンガム
宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「ドゴス・ギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1405

コメント