ピクシブ百科事典

レコア・ロンド

れこあろんど

レコア・ロンドは、『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV: 勝生真沙子


「思想とか信念じゃないのよ。
自分がギリギリの所にいないと、生きている気がしない……そんな性格になってしまっていたのね。
いい男がいなかったせいでもあるかな」

概要

エゥーゴの戦艦・アーガマに所属する女性士官。23歳。
MSパイロットの他、敵陣に潜入しての情報収集も務めていた。ジャブローへの潜入時には、かつてホワイトベース所属のパイロットであったカイと出会っている。

1st - ZZガンダム スケッチ



物語後半、後述の理由からティターンズに寝返る。

服装

エゥーゴ時代の制服は、緑のノースリーブのスカートがついたワンピース白タイツ、緑のブーツ。更に緑の上着を着用することが多かった。

ティターンズ時代は黒い長袖の制服を着用。

ホームページイラスト 008



人物

非常に落ち着いた性格で、正規兵ではないカミーユファの世話をするなど、アムロでいうマチルダ的存在として描かれている。
一方、常に死線をさまようように生きてきたためか、危険を好む一面もあり、それを彼女自身も自覚している。

また、自分が女性であることを認めてほしい思いがあり、クワトロにそれを求めている節があった。しかしブレックスの死後、エゥーゴの2代目指導者として政治と戦いに没頭しなければならない身であったクワトロには、レコア個人のためだけに時間を割く余裕などなかったため、応えてくれなかった彼に対して一方的とも言える失望感を抱くことに。
そんな中シロッコと出会ったレコアは、女性として認めてくれた彼に興味を示し、その後ティターンズに実質的に寝返ることになってしまった。

寝返った後もアーガマのクルーのことを考えていたようだが、カミーユからは「勝手」として嫌悪感を向けられている。更にティターンズへの忠誠心を示すため、最悪の所業である「コロニーへの毒ガス注入」の実行と指揮を執った結果、エゥーゴの面々からは完全に愛想を尽かされ、後戻りできなくなってしまった。

その後はパラス・アテネを駆って、シロッコの命令に従う形でバスクの暗殺といった汚れ仕事に徹する。
最期はかつての同僚・エマの駆るガンダムMk-IIと激突し、コックピットに攻撃を受けて戦死。男への憎しみを口にしながらその生涯を終えた。

ティターンズからエゥーゴに寝返ったエマとは対象的だが、富野由悠季監督は登場する女性の中では最もまともだと述べている。
言ってしまえば”人”としては難があれど、”女”としては至極まっとうな人物であったのだろう。
彼女自身、「自分は女であって主義者ではない」と自覚していた。

小説版

ファがメタスに乗り込もうとしたときにネモに乗るようアナウンスが来て自分にメタスが回ってきたことにドヤ顔したりと映像作品よりも明朗な部分が見受けられる。
エマがフランクリンとカミーユを連れてエゥーゴに投降した後、フランクリンがリックディアスに興味を持ちあろうことか持ち出そうとするという不審行動をとたため彼を射殺してしまう。
カミーユはその後の日記で「フランクリンに非があるし、レコアさんは許す」と書き込んでいたが彼女はカミーユに負い目を感じていたようで、ジャブローへの先行偵察時にカイと一緒に囚われた時もフランクリンを殺した報いだと受け入れている節があった。
それでも尋問を受けた後遺症で暫く男性恐怖症は患っていたようだが、ケネディ宇宙空港の攻防戦でシャトルに搭乗時隣に座ったモブの兵士が手を握ってきて”その手が震えている”ことを感じ取り我慢することで吊り橋効果的に克服に成功。

宇宙に上がった後は特別病んでる様子はなく普通にブライトとも会話を交えたり作戦に臨んでいたりしたが、キリマンジャロ奪回~ダカール攻防後にカミーユが宇宙に上がったらいつの間にか配置換えでフェードアウトしていた。そのため映像作品とは異なりカミーユとは敵対していない。

搭乗機体

メインパイロットとして搭乗

MSA-005 メタス
以下の機体は寝返っていない小説版では搭乗していない。
PMX-000 メッサーラ - TV版のみ
PMX-001 パラス・アテネ

一時的に搭乗(いずれもTV版のみ)

MSΖ-006 Zガンダム 
MS-14 ゲルググ - MSA-003ネモを偽装したもの

関連タグ

機動戦士Ζガンダム エゥーゴ ティターンズ
エマ・シーン クワトロ・バジーナ カミーユ・ビダン
パプテマス・シロッコ

関連記事

親記事

ティターンズ てぃたーんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レコア・ロンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67808

コメント