ピクシブ百科事典

ゲルググ

げるぐぐ

ゲルググとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MS-14
全高19.2m
重量73.3t
ジェネレーター出力1,440kw
スラスター推力61,500kg
センサー有効半径6,300m
装甲材質超硬スチール合金


概要

ジオン公国軍の汎用量産型モビルスーツ
リック・ドムとのコンペで敗れた高機動型ザクⅡの後期型をベースに開発された機体であり、ジオン軍の主力MSとしては初めてビーム兵器を搭載した機体でもある。

基本設計はザクⅡを開発したジオニック社、バーニア系統はヅダドムで実績のあるツィマッド社、標準装備であるビーム兵器2種はズゴックを手掛けたMIP社が担当しており、本機には公国の工業力全てがつぎ込まれていると言っても過言ではなく、カタログスペックは装甲強度を除けばガンダムをも上回る性能を有し、更にザクⅡの生産ラインを転用可能と言う高い生産性を併せ持つ。

同軍の主力機であるザクⅡの後継機種として開発が始められたが、ビーム兵器の開発が難航した事に加え、提携3社の確執等もあり、正式な量産化の開始は一年戦争終盤となってしまった。また、これを効果的に扱う事が出来るエースパイロットや熟練パイロットの多くが戦死し、絶対数として不足していた上に機種転換が遅れ、配備された機体の多くは学徒動員によってつれてこられた練度の低いパイロットが搭乗する事となり、性能を十分に引き出せなかった事がジオン公国軍の敗因の一つになったとも言われている。
もし本機の量産が数カ月早ければ、一年戦争の結果はどうなっていたかは分からないとされており、遅すぎた名機という不名誉な称号を持つ。

主なパイロットはシャア・アズナブルアナベル・ガトーヘルベルト・フォン・カスペンエリク・ブランケ、マサイ・ンガバ、ディドー・カルトハ、エロ・メロエなど。
なお、シャアが搭乗した機体は先行量産型のYMS-14(MS-14S)であり、これら先行量産型の大半はキシリア・ザビ傘下のエース部隊「キマイラ」に配備されている。

武装

ビーム・ライフル

ゲルググのメイン兵装にしてジオン軍初の携行ビーム兵器。性能はガンダムのライフルよりも高いとされる。
ガンダムのビームライフルに比べると銃身が長く、ストックもあるため取り回しはよくないが、その分安定性があり命中率が向上している。
また、従来のジオンのMS用兵装は銃のスコープを頭部のカメラで覗きこみ照準を合わせるタイプが主流であった。しかしこのビームライフルは独立したスコープが設置されており、これも命中率向上に一役買っている。
しかし完成はゲルググ本体よりも3ヶ月ほど遅く、ビーム射撃兵器を標準装備することが目標だったためか、ゲルググの戦地配備も遅れる原因となってしまった。
本格的な配備が始まってからもビームライフルの生産は追い付かず、繋ぎの武装としてジャイアントバズやザクマシンガン、MMP-80マシンガンなどといった実体弾兵装も使用された。

ビームナギナタ

シャフト(柄)の左右先端から刀身が発生する、双頭のビーム剣。しかし両端から発振した状態での取り回しはエースパイロットといえど難しく、専ら片方のみで使う者が多かった。
刀身形状が湾刀型のためか、「ナギナタ」と呼ばれる。
また一部の先行量産機には一般的なビームサーベルが装備されていたとされる設定や描写がある。

劇中での活躍

地上を転戦し宇宙へ上がったホワイトベースを追撃するシャア・アズナブルが搭乗する新型MSとして登場し、テキサスコロニーにてガンダムと交戦。地の利を生かした戦法でガンダムを追い込むが、ガンダムの反応速度が追い付かないまでに覚醒していたアムロ・レイニュータイプ能力の前に退却する。
その後はエルメスを護衛し、ララァ・スンへの攻撃を食い止め、ビットのコントロールに集中させることで彼女のニュータイプ能力を陰で支える役割を担う。宇宙でのガンダムとの交戦ではララァに「邪魔」と言われるなど、終始ガンダムが優勢であり、ア・バオア・クーでの決選には修理が間に合わずに試作機ジオングに役目を譲ることになる。
あまり活躍している印象がないようだが、これには二度目の交戦時までの間にもアムロのニュータイプ能力が覚醒し続けていたこと、ガンダムがマグネット・コーティングによってアムロのニュータイプ能力に見合う反応速度を持つに至ったこと、二度目の交戦時にはシャアがGファイターを操縦していたセイラ・マスに一瞬気をとられたことなどが要因にあり、決してゲルググの性能が低いわけではない。
量産型は738機が生産され、内67機がア・バオア・クー戦で運用された。
戦後もジオン残党軍の一部が当機やそのバリエーション機を使用しており、グリプス戦役に於いてはネモのパーツを用いてレストアされた機体をレコア・ロンドカツ・コバヤシらが使用している。

バリエーション

高機動型ザクⅡゲルググ先行試作型

型式番号MS-06R-3/MS-06R-3S。
高機動型ザクⅡのR-2型をベースに開発されたゲルググの試作機。
詳細は高機動型ザクⅡゲルググ先行試作型を参照。

ゲルググ初期生産型

型式番号YMS-14。
初期生産型。合計25機生産され、1機がシャア・アズナブルに、残りの24機はエースパイロット部隊「キマイラ」に納入された。
形式番号に「S」を冠しているが、ザクⅡS型とは違い性能的には量産機MS-14Aと差異は存在しない
また「キマイラ」に納入された機体は部隊内で独自に改良が加えられており、原形のまま使用されている機体はほぼ存在しない。

シャア専用ゲルググ

型式番号YMS-14/MS-14S。
シャア・アズナブル専用に赤く塗装されたゲルググ。
詳細はシャア専用ゲルググを参照。

高機動型ゲルググ

型式番号MS-14B。
ゲルググの高機動型モデル。
詳細は高機動型ゲルググを参照。

ゲルググキャノン

型式番号MS-14C。
ゲルググの砲撃戦仕様。
詳細はゲルググキャノンを参照。

アナベル・ガトー専用ゲルググ

アナベル・ガトー専用機。カラーリングがザクⅠに準じた物になっている。
ソロモン撤退時に受領した時点では試作段階の大型ビームライフルを装備。
ア・バオア・クーにおいてはライフルが通常型に換装されている他、ビームナギナタが片刃のビームサーベルに変更されている。
追加生産されたMS-14Sであるとする説もあるが、一部資資料ではMS-14Aとされている事が多く、MS-14HとMS-14Aの二種類の型式番号が設定されている。

ヘルベルト・フォン・カスペン専用ゲルググ

ヘルベルト・フォン・カスペン専用機。高機動型ゲルググのバックパックを簡略化した物を装備している。
なお、カスペン機以外にも数機同仕様の機体も存在する。

陸戦型ゲルググ

型式番号MS-14G。
ゲルググの陸戦型モデル。少数生産されたものがオデッサの戦い直後に地上に降ろされている。
主なパイロットはヴィッシュ・ドナヒュー他。
詳細は陸戦型ゲルググを参照。

ゲルググJ

型式番号MS-14JG。
ゲルググを統合整備計画によって再設計した性能向上機。
詳細はゲルググJを参照。

ゲルググM

型式番号MS-14F/MS-14FS。
ゲルググの海兵隊仕様。隊長機はJG型と共通する意匠を持つ。
詳細はゲルググMを参照。

ゲルググ[シュトゥッツァー]

ジオン残党軍が運用したゲルググの改造機。ジャンクパーツをベースとした増加兵装を追加している為、独自の型式番号は持たない。パイロットはカザック・ラーソン。
正確にはゲルググM系の改修機で、上半身を中心に主に推力と火力を増強している。
また、背部にはこの部隊特有の装備である通称「ウインチユニット」と呼ばれる有線誘導式の遠隔操作アームが2基設置されている。他にはビームライフル、ワイヤーカッター、シールドなどの武装を持つ。
ザクⅡ[シュトゥッツァー]、リック・ドム[シュトゥッツァー]らとの連携でガンダムTR-1[ヘイズル]を大破させる活躍を見せるも、その後の戦闘でTR-3[キハール]によって撃墜された。

デザート・ゲルググ

型式番号MS-14D。
砂漠・熱帯地帯での運用を主眼に開発されたゲルググ。
詳細はデザート・ゲルググを参照。

ゲルググ(レストア機)

エゥーゴアーガマ隊がジュピトリス潜入任務のために用意した機体。損傷し漂流していたゲルググにネモのパーツを流用して修理・改修を施したもの。レコア・ロンドがジュピトリスに潜入する際に使用した。外見こそ普通のゲルググだが、使われたパーツの品質上性能は向上している。

リゲルグ

型式番号MS-14J。ネオ・ジオンによってリファインされたゲルググ。
詳細はリゲルグを参照。

ゲルググ(U.C.0096年仕様)

ネオジオンの残党軍「袖付き」に配備された機体。型式番号MS-14A。
様々な時代の機体が混在する組織の中でも特に旧式化した機種の一つだが、その腕に巻かれた真新しい袖は単なる数合わせの機体ではないということを感じさせる風貌を醸し出す。

RFゲルググ

型式番号OMS-14RF。
火星独立ジオン軍によってリファインされたゲルググ。
厳密にはネオジオン系の技術で作られた機体を旧ジオン系に似せた外装で覆っているだけの機体でありゲルググそのものではない。
RFドムと同じフレームを使用しているが、こちらはより機動性に優れており、同軍のMSの中では最高クラスの性能を持つ反面、コストが高いため主に上級指揮官かエースパイロットが使用している。

シャルル専用ゲルググ

オールズモビル軍のエース、シャルル・ロウチェスターの専用機。型式番号OMS-14RF。
極秘裏にオールズモビルへ接触してきたクロスボーン・バンガードの技術も使われており、ビーム・シールドの装備や全体的な性能の向上などこれまでのRFゲルググとは比べ物にならない性能を持っている事実上のゲルググの最終モデルである。
ただし、外観はゲルググや在来のジオン系とはかけ離れたデザイン(一説によるとガルス系の設計が流用されているとも言われる)になっている。

THE・ORIGINでは


ソロモン攻略戦で登場。リックドムやザクⅡと共に連邦のジムやボールを迎撃していく。シャア・アズナブル専用機はテキサスコロニーから登場し、ア・バオア・クー攻略戦にも登場した。 アムロ・レイの駆るガンダムとの戦闘時にビームナギナタの二刀流をお披露目したが、随伴していたエルメスが撃墜されるとパイロットが脱出しそのまま宙空間を漂流することになった。



関連項目

機動戦士ガンダム
ジオン軍
ヅダ:こちらは生まれてくるのが早すぎた機体

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルググ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515187

コメント