ピクシブ百科事典

ドロス

どろす

ドロス(DOLOS)とは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するジオン軍の超大型宇宙空母
目次[非表示]

誘導:ロックバンドの略称

概要

ジオン公国軍の超大型空母である。
かつては木星ヘリウム3輸送船団に所属していた惑星間輸送船の一つでサイド3(ジオン公国)所属のドロス・ドロワを戦闘空母として改造したもの。
全長400メートルを超える船で劇中では最大の宇宙船である。
そのため、MS搭載可能数もけた違いに多く、宇宙戦艦サイズの物も格納可能であるとされる。

その巨体とMSの搭載及び運用を過剰に重視した設計から火力や速力が低く、主に拠点防衛の際、防衛艦隊の旗艦として運用される。
また、巨体故の耐久性の高さと多数の搭載モビルスーツを運用・指揮することが可能な性質を活かすことで、単独で分厚い防衛網を形成することが可能なため、拠点の重要箇所を守る防衛線の要ともなる。
宇宙要塞ア・バオア・クー防衛戦においては、同要塞の中で最も脆弱な要塞上部と下部の接続部に繋がる宙域に配置され、指揮下の防衛艦隊と共に殺到する連邦軍の主力部隊を押し留め続けた。


同型艦

ドロス

同級のネームシップともなっている緑色のカラーリングの艦。メイン画像のものはコレ。
当初よりア・バオア・クーに配置されており、ギレン・ザビにとってはア・バオア・クー防衛の切り札の一つだった。
ア・バオア・クー防衛戦では、Nフィールドに配置されている。

ドロワ

カラーリングの異なるドロスの同型艦。『機動戦士ガンダム0083』に登場。
元々はドズル指揮下で宇宙要塞ソロモン防衛のために配置されていたが、同要塞の陥落に際して残存戦力と共にア・バオア・クーまで撤退することに成功している。
アナベル・ガトーの所属する部隊の母艦でもあった。
ア・バオア・クー防衛戦では、Sフィールドに配置されており、ドロスと共に丁度要塞接続部の前後を固める布陣となっている。

THE・ORIGINでは

キシリア・ザビが保有する超大型空母。 ムサイ級やザンジバル級などの戦艦を収容できるほどの大きさを持ち、連邦のマゼラン級戦艦を容易く轟沈させることができるほどの火力を持っている。 作中ではワッケイン率いるマゼラン艦隊を全滅させ、ア・バオア・クーへと進行した。
最後は脱出時に、キシリア専用艦パープル・ウィドウの爆発に巻き込まれて轟沈した



関連タグ

機動戦士ガンダム ギレン・ザビ ジオン公国 空母 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「ドロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25185

コメント