ピクシブ百科事典

ザク

ざく

ザクとは、『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」に登場したモビルスーツ。およびそのバリエーション・総称である。
目次[非表示]

ザクとは?

アニメ『機動戦士ガンダム』の第1話冒頭より登場し、同作の主役機であるガンダムと知名度を二分するモビルスーツ(MS)。
通常、ガンダムシリーズ関連の書籍などで「ザク」と指す場合は、作中で最初に登場した「量産型ザク」ことザクⅡを指すことが多い。設定上の公式の歴史においてはいわゆる旧ザクことザクⅠが最初の「ザク」として登場している。いわゆる無印の初代ガンダムではこの2機種(とシャア専用ザク)しか登場しなかったが、後継作品や外伝、MSV企画などで様々な種類、形態の「ザク」の名前を冠したMSが登場することになる。

本項目ではザクの系譜に属する機体を紹介する。

▲は映像作品、MSV企画、外伝ゲーム作品外、★は改造ガンプラ

MS-05 ザクⅠ

鋼の狂戦士


ジオン公国初の軍事用量産型MS。後継のザクⅡと共に、生産された殆どの機体が一年戦争に参加している。ベテランパイロットの中には、ア・バオア・クー戦でも本機を使用していた者がいる。

原型機・派生機


MS-06 ザクⅡ

一つ目の巨神


ジオン公国軍の主力MSにして、ガンダムシリーズで最も知られた量産機。近年ではジオン公国視点の漫画・映像作品が多く存在するため、主役機として登場することも多い。バリエーションや派生機が膨大に存在する事が本機の汎用性を象徴している。

派生機・バリエーション

「ザク」以外の名称が用いられた改設計機


RMS-106 ハイザック

ハイザック


アナハイム・エレクトロニクス社が開発した初の量産型MS。ザクⅡF2型をベースに連邦系の技術を組み込んでいる。結果的に中途半端な機体になってしまったが、マイルドな操作性と使い勝手の良さから現場での評価は高く、グリプス戦役ではティターンズが主力機の1つとして運用した他、本機の発展型の第二世代MSとして試作機のロゼット(RX-107)を経てマラサイ(RMS-108)が開発されている。

派生機・バリエーション


AMX-011 ザクⅢ

AMX-011 ザクⅢ


ネオ・ジオン軍の開発したMS。本機の開発経緯はアクシズの技術者達がハイザックをザクⅡの後継機として認めなかったためだとか。主力機の座をドーベン・ウルフに譲ってはいるがある程度の数が量産されている。ちなみに標準装備は全部ビーム兵器。

バリエーション


MS-11R ザク・マシーナリー

ハマーン・カーンを名乗る彼女と瓜二つの容姿をした女性が率いるネオ・ジオン軍残党部隊の主力MS。
型番がMS-11Rであることや脚部形状などからアクト・ザクとの繋がりが窺える。
自称ハマーンの親衛隊のエルナルド・バトのパーソナルカスタムであるMS-11RSは百式を意識したフレキシブル・バインダーとカラーリングが用いられており、マラサイのようなヘルメットタイプの頭部をした狙撃仕様となっている。

AMS-119 ギラ・ドーガ

AMS-119 ギラ・ドーガ


アナハイム・エレクトロニクス社がマラサイをベースにして開発した機体。ザクⅡに勝るとも劣らない高い拡張性を持っており、シャア・アズナブル率いる新生ネオ・ジオン軍が主力量産機として運用した。

バリエーション・後継機


その他

ギャグ系

SDガンダム


ザクに相当するMS

太字は見た目が強くザクを意識しているもの。

宇宙世紀

アナザーガンダム

外部サイト

相模屋食料(群馬県)/ザク豆腐
キャッチフレーズは「見せてもらおうか、相模屋食料の「ザク豆腐」の性能とやらを」
byシャア・アズナブル(CV:池田秀一
量産型なのに生産が追いつかないほど人気らしい。

関連項目

ガンダム モビルスーツ 機動戦士ガンダム 宇宙世紀
モノアイ ザクレディ ザクマシンガン
3月9日 ザクの日 ザコ デクー

ザクレロ - 機体名に「ザク」が含まれているが、ザクとの関連性は希薄。

関連記事

親記事

ジオン軍 じおんぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ザク」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ザク」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6501501

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました