ピクシブ百科事典

強行偵察型ザク

きょうこうていさつがたざく

強行偵察型ザクとはMSVに登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

型式番号MS-06E。
名前の通りザクⅡを偵察型に改良した機体。
情報収集性能や機動性を高めるために、頭部のモノアイを複合式かつ、縦方向へのロールを可能にしたり、ランドセルを改装するなど変更がなされている。また、機体の各部にスラスターを搭載しており、機動性は低くない。
機体の各部にカメラとセンサーも搭載し、カメラガンを携行。また、ザク・マシンガンを装備していた機体もあるとされている。
装甲に関しては、「偵察機である為装甲が薄く、戦闘には向かない」もしくは「一般機と変わらぬ装甲を持ち、Sタイプ並みの戦闘力を有する」など諸説ある。
目立たない存在ながらも一年戦争中に得た成果は高く評価されるものであり、頭部カメラはザクⅠ・スナイパータイプなど遠距離狙撃用の機体にも流用されている程である。
戦後の連邦軍での評価も高く、接収された機体がティターンズでも使用され、グリプス戦役においても活躍した。
なお、ジオン軍が運用した機体は濃紺、ティターンズが運用した機体はカーキーカラーで塗装されている。

一方でコストの観点から大量生産はされておらず、シャア・アズナブル率いる部隊がサイド7への偵察を行った際には本機ではなく通常のザクⅡが用いられた(こちらは作戦終了後の帰還途中での遭遇戦に近く、元々シャアの部隊には配備されていなかったという事もある)他、ア・バオア・クー戦では黒色に塗装されたザクⅡS型が連邦艦隊への強行偵察に使用された例も存在している。

ザクフリッパー

メリーザクフリッパー


型式番号MS-06E-3。
強行偵察型ザクの改良機であり、「高性能強行偵察型」とも呼ばれる。
一年戦争中期に開発され、頭部センサーやバックパックなどが一新され、機動力および索敵能力が向上している。
特に頭部がモノアイセンサーから、三つ目のスコープカメラに変更され、外見上の特徴は他のザクバリエーションとは一線を画する。
本機のカメラユニットはMS-06EのそれがザクⅠ・スナイパータイプに流用されたのと同様に、キマイラ隊のジャコビアス・ノード専用のゲルググにも流用された。
また光学系センサーが主体であった強行偵察型ザクに比べて、レーザーや超音波のほかにミノフスキー物理学を応用したセンサーも搭載されている。
なお、「フリッパー(水かき)」の愛称は、背中の複合探知システムに由来する。
就役は一年戦争末期であったため実績は少ないもの、ア・バオア・クー戦開始前のレビル艦隊への偵察任務に投入されている他、地上偵察にも用いられた。

また、強行偵察型ザクと共にティターンズにおいて接収された機体が運用され、特にエセルバート・ヒンカピー少尉の搭乗したザクF2型をベースとした機体が有名。
こちらはコックピットの全天周モニター・リニアシート化や、ハイザックとの規格統一といった改修が随時行われており、特にヒンカピー機はサイド2ではガブスレイと共に狙撃を主体としたゲリラ戦を展開。その情報収集能力で得たデータをガブスレイへ供給し、戦果を上げている。

関連項目

機動戦士ガンダム 機動戦士Ζガンダム
MSV ザクⅡ アイザック
ザクⅠ・スナイパータイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「強行偵察型ザク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2086

コメント