ピクシブ百科事典

ザクⅡ

ざくつー

ザクⅡとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ。『宇宙世紀』を舞台としたガンダムシリーズにおいて、もっとも有名な機体である。
目次[非表示]

カタログスペック(MS-06F)

頭頂高17.5m
本体重量56.2t
ジェネレーター出力976kW
装甲材質超硬スチール合金
スラスター総推力43,300kg
センサー有効半径3,200m


機体説明

型式番号MS-06ジオン公国軍が誇る汎用主力量産型モビルスーツ
ザクⅠの問題点を解決した性能向上機であり、生産数の多さなどから主にザクと呼ばれる機体はこちらを指す場合が多い。
主にジェネレーターの改良による出力向上及び稼働時間の延長、動力伝達系統の改良等の再設計が行われている。

ザクⅠ同様、フレームはモノコック構造(フレームではなく装甲で機体を支える構造)を採用しているが、ザクⅠ開発時の失敗を踏まえた結果、動力パイプの一部が機体外部に露出している(この問題はMS開発黎明期における技術力の不足が原因であり、後発の新型機では再び内蔵化されている)。
左肩には格闘戦を想定したスパイクアーマーが装備され、右肩にシールドが固定装備されている。
シールドは防御用というよりは流れ弾対策の意味合いが強く、平坦な表面装甲を活用したウエポンラックとして用いられる局面も見られた他、加工して装甲に用いられたりザクⅠなどの手持ちシールドとして用いられた事例もある。
本機の特徴は高い量産性や整備性、新兵からベテランまでに愛用される程の高い操縦性もさる事ながらほぼ無改造で宇宙、重力下、短時間なら水中戦にも対応できる破格の汎用性でありこの性能が一年戦争初期の公国軍の快進撃を支えたと言える。
初期にしてジオン系量産モビルスーツの雛形を形作ったとも言える傑作機であり、後のジオン残党軍やジオン系組織ではザク系統の機体が多数開発、運用されている。

派生型として有名なのは
ルウム戦役まで運用された、核装備が施された初期生産型であるC型
TV本編以降でメジャーとなる、核装備を廃して軽量化したF型
宇宙戦用装備を廃止した陸戦用のJ型
統合整備計画によって改良されたF2型FZ型
指揮官・エース用のザクⅡFS型シャア専用ザクで知られるS型などがある。
その他にもエースパイロット向けに少数量産された高機動型ザクシリーズや新技術を多用したアクト・ザクなど多くの派生機や後継機が開発される。

活躍

一年戦争の序盤から連邦軍に対し軍事的物量、国力で大きく劣るジオン軍の切り札として密かに開発研究が進められ、ルウム戦役での艦隊戦では大艦巨砲主義を引きずる地球連邦軍艦隊にMS特有の三次元的機動戦で壊滅的な打撃を与え、連邦軍の大艦隊を撃退しジオン軍快進撃の立役者となった。本機の活躍は、宇宙世紀の戦争におけるMSの優位性を決定づけ、連邦軍は帰還したレビル将軍を中心として『V作戦』を発動することになった。

戦争序盤から中盤においてその存在は連邦軍にとって脅威とされてきたが、連邦軍がガンダムジムの開発に成功すると、ジェネレーターの問題で機動力やビーム兵器の運用が実質不可能な本機は急速にその優位性を失っていく。
しかし、ザクⅡの上位機種となるドムゲルググの生産数が(ザクⅡと比較して)少なかったため、ジオンが劣勢に立たされた戦争末期まで第一線で運用された。

一年戦争中にザクIを含めて約8,000機も量産されたため、時期や用途によって膨大なバリエーションが存在し、戦争終結後も残党軍や民間で運用され続けた。戦時中・戦後に連邦軍に鹵獲・接収された機体も多く、一年戦争後は訓練機として運用された他、機体の信頼性の高さからザクベースのハイザックが開発されている。

先述の活躍ぶりもあって本機の存在そのものがジオン公国軍の象徴として印象付けられており、一年戦争後はティターンズがジオン軍残党への心理的効果を期待してハイザックを運用した他、第一次ネオ・ジオン紛争ではアクシズがコクピットをリニアシートに換装した本機をパトロール任務などに使用し、新生ネオ・ジオン軍やその残党である袖付きも本機をモチーフとしたギラ・ドーガギラ・ズールを運用している。

機動戦士クロスボーン・ガンダムゴーストでは博物館(旧公王庁)に展示されていたものをフォント・ボーがサイド3の脱出のために使用。実戦投入されてから70年以上たった古い機体だが主役機として活躍することになる。

武装

あらゆる戦況を考慮してオプション兵装は膨大に開発されており、装備次第で前衛・後衛問わず戦闘に参加できる。これこそが本機最大の強みであり、以下に記載するのはその代表的なものにすぎない。この武装の豊富さが、本機の汎用性をより際立たせる理由となっている。

ザク・マシンガン

口径120mm、ドラムマガジン採用の実体弾型マシンガン。セミオートとフルオートの撃ち分けが可能なため、機構はマシンガンよりアサルトライフルに近い(劇中でも「ライフル」と呼称されている)。
拡張性も高く、生産時期によって初期型・中期型・後期型など細かく分類分けが行われている。
初代ガンダム劇中に登場するものは主にM-120A1型とされ、一年戦争中もっと多く普及したタイプとされる。その名から専用兵器だと思われがちだが、本機以外のジオン軍量産機も数多く使用している。
戦争初期では専ら対艦戦や戦車、航空機などに対して運用されたが、連邦軍がジムなどのMSを運用するようになっても対MS戦に使用されている。
OVA「重力戦線」では一撃で61式戦車を撃破するシーンも散見されており、高い戦果を挙げた。

ザク・バズーカ

口径280mmの対艦用バズーカで装弾数は5発。元々は核弾頭を運用できるように設計されたが、南極条約の締結によって通常弾頭での運用が原則となった。
物語序盤において唯一、ガンダムの装甲に有効だった射撃武器でもある。

ヒート・ホーク

ビームサーベルと並ぶ程有名なザク用の格闘兵器。元は宇宙空間におけるコロニー建設作業用の工具が発展して完成した物。グフヅダ等、他機種での運用も可能。
ブレード部分を加熱してプラズマ化させることで敵MSの装甲を溶断することが可能だが、使用限界は4~5回程度の使い捨て武装である。

クラッカー

MS用の手榴弾。直撃以外ではモビルスーツに対する致命傷を与える事は難しいが、牽制やトラップとして有用性を示している。
兵士が使用するようなグレネードとは違い、弾頭が複数個存在しその弾頭がバラバラに飛散して爆発する事で面制圧に長けた武器として使用されている。

シュツルムファウスト

パンツァーファウストをそのまま大型化したロケットランチャー
一撃でマゼラン級戦艦を撃沈する程の威力を持つが、無誘導弾である為、モビルスーツや戦闘機のような高機動体に命中させる事は難しい。
ザク・マシンガン、ヒート・ホークと同様に他の機体への転用が可能。

脚部3連装ミサイル・ポッド

主にJ型が使用したミサイル・ポッド。
脚部に外装する形で装備される為、マニピュレータに武器を装備したままでも使用可能。
外装型ミサイル・ポッドは容易な火力強化が可能であった為、後年開発されたモビルスーツにも同様の装備が施された機体も存在する。

マゼラ・トップ砲

マゼラアタックの砲身「マゼラ・トップ」を手持ち火器として改造した現地改修兵器。対艦ライフルのように遠距離からの支援用として多くの地上部隊が運用した。

バルカン砲

ガルマ専用ザクを始めとするFS型の頭部に4門内蔵された牽制用実弾火器。
ジオリジンのザクの右胸に三連装バルカン、機銃ではあるが右腕部に実弾兵器が搭載されており、シャアのS型の場合は肩にバルカン砲が設置されている。

関連イラスト

やっぱりザクが好き。
ザク


MS-06F 頭部モジュール
夜襲


ジャブロー降下
ザクの日



関連項目

機動戦士ガンダム
ジオン ザク ザクⅠ ククルス・ドアン

pixivに投稿された作品 pixivで「ザクⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 463190

コメント