ピクシブ百科事典

ハイグレード

はいぐれーど

ハイグレードとは、バンダイホビー事業部などが展開する商品のブランド名である。
目次[非表示]

概要

バンダイホビー事業部が展開するキャラクタープラモデルなどのブランド名である。
初出はガンプラだが、それ以外でも使用されているブランド名である。

ガンプラ

最初はRX-78ガンダム、RX-178ガンダムMk-Ⅱ、MSZ-006Ζガンダム、MSZ-010ΖΖガンダム1/144スケールのリニューアルキットが発売された。発売当時は1/100サイズでしか再現出来ていなかった「可動」「変形」「合体」と言った要素を1/144サイズで再現した上に多色成型・接着剤不要のスナップフィット導入などハイグレードの名に恥じない内容であった(Ζガンダム以外は)。またランナーから切り離した段階で可動部分が存在する「MSジョイント」という製法が使用されていた(当時展開されていた武者ガンダムシリーズやRGにも同様の物が使用されている)。
その後はVXまでの1/100スケールキット、1/144スケールの第08MS小隊Gセイバーに使用された。また、VやG1/60スケールは「HG-EX」、新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz(1/144)は「HGFA(FightingAction)」として発売された。これらHGUC以前のものは旧ハイグレードと呼ばれており、スケールは基本的に1/144であるものの、1/100や1/60など統一されていない(1/144のものが廉価版で1/100や1/60が豪華版、アップグレード版との位置づけゆえにハイグレードと銘打ったとも言える)。

HGUC開始以降のものは1/144スケールの小サイズ・1000~2000円台のコレクション向きのモデルを指すことが多いが、同じスケールでの廉価版シリーズが存在する(SEED各種のコレクションシリーズ、00のファーストグレード、AGEのアドバンスドグレード)際はハイグレードと廉価版で差別化されることが多い。
RX-77ガンキャノンからスタートした宇宙世紀ものを扱った、HGUC(UC:ユニバーサルセンチュリー=宇宙世紀)というシリーズはラインナップが最も豊富で、規格外のサイズを誇るデンドロビウムネオ・ジオングも1/144スケール化さている。
近年HGUCから派生(通し番号が共通)してラインナップされた「オールガンダムプロジェクト」で出された「ガンダムX」など宇宙世紀もの以外は「HGAW(ハイグレード・アフターウォー)」「HGFC(ハイグレード・フューチャーセンチュリー)」「HGAC(ハイグレード・アフターコロニー)」など各作品で用いられた年号の略号が用いられている。

またHGUCシリーズ開始以降に始まったTVシリーズ作品(ガンダムSEEDやガンダム00等)は独自のHGシリーズを展開し、シリーズ名は基本的に「HG」+「作品名」の形式をとっている。



ガンプラ以外

ガンダムシリーズ以外でも下記のようにハイグレードブランドとして発売されているものも多いが、スケールはまちまちである。
機動戦艦ナデシコブレンパワードガサラキラーゼフォン等の本放送当時のキットもハイグレードブランドから発売された。聖戦士ダンバイン(1/72)は「HGAB(AuraBattler)」、重戦機エルガイム(1/144)は「HGHM(HeavyMetal)」という派生ブランドとして発売された。新世紀エヴァンゲリオンの大型キットは「LM-HG」名義で発売された。2018年発売のパシフィック・リムシリーズ各種はノンスケールフルメタルパニック!シリーズ各種は1/60スケール、8月発売予定のマジンガーZ、9月発売のグレートマジンガーは1/144、12月発売予定のゴウザウラー1/300でハイグレードブランドとして発売される。

ちなみに「ガシャポンHG」などバンダイの他の玩具でもHGブランドが使われている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイグレード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント