ピクシブ百科事典

ストライカーパックシステム

すとらいかーぱっくしすてむ

ストライカーパックシステムは、TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空の武装換装システム。
目次[非表示]

概要

C.E.においては原初の戦闘用MSであるジンの段階でマニピュレーターとハードポイントを用いた普遍的な換装システムが導入されていた。ヘリオポリスで開発された前期「GAT-X」シリーズ、とりわけその基本形となる100系列機種においてはフレームを共有し、外装や装備類、エクステリアを変更することで用途ごとに個別のMSを導入出来ただけでなく、後々の機体に前型機の技術をフィードバック、機体そのもののアップデートも容易な仕様となっていた。その前期GAT-X中最後発の機体であった「ストライク」ではバックパックを外付け式とし、換装する事でマルチロールが可能なストライカーパックシステム(ストライカーウェポンシステムと記載されることもある)が導入された。

この措置は前期GAT-Xが部隊運用試験を前提としていたため、ストライクには状況に応じた装備変更で他機の戦闘レンジを相互補完する必要があったことと、同計画が後の制式機のトライアルを兼ねていたことから、ストライクには装備変更によって他機の性能を再現できる必要性があった事に起因する。その一方で、開発初期段階においてはストライカーパックそのもののコンペティションも行われ、P.M.P社が提出した万能型の統合兵装パック(IWSP)と、モルゲンレーテ社が提出した単機能型パック(エール、ソード、ランチャー)のうち後者が本採用となる。P.M.P社案はパック単独での万能化を目指したものであったが、操縦性・整備性とエネルギー消費の問題を解決できず、モルゲンレーテ社案は刻一刻と変化する戦況に対応するサポートに負担が発生したものの、装備が限定されているゆえの軽量さや、前線で電力の再供給を行いやすい利点が存在したのだ。以後、万能型と単機能型のパックは姿を変えて幾度も開発されていく事となる。
本システムを運用する上でサポートするスカイグラスパーコスモグラスパーと言った支援機も登場している。

元々は地球連合軍(大西洋連邦)によって開発された機構であるが、後に技術漏洩によってザフトでは「テスタメント」が開発され、ウィザードシステムやシルエットシステムへと発展。また、前期GAT-Xの技術をもとに開発されたオーブ軍におけるプロトタイプ・アストレイシリーズではアプローチの異なった換装機構が導入されたほか、アカツキはストライカーパックとの互換性を有している。

初期型パック

ストライクに採用された初期型のストライカーシステムでは、バックパックはもとより肩部や腕部のハードポイントをも利用した編制をとっている。このタイプは105ダガーまで標準対応していたものの、それ以後の機体ではバックパックのみの接続に対応した機種が主流となりつつある(後続の機体でも肩アーマー等を装備する事は可能であるが、その場合はアダプター等が必要とされた)。

アナザートライアルストライカー

ストライクEの開発と並行して製作された、初期型パックの仕様変更品。ソードとランチャーが存在し、何れも肩部に有していた装備を腕部やバックパックに集約する方式をとっている。これは機体の両肩にスラスター等の搭載が増えだしたC.E.73年以降のMS開発事情に則したもので、後にこのコンセプトを発展させたライゴウガンダムにおいても専用装備は同様の構成をとる形となった。

その他の換装システム

プロトアストレイ

前期GAT-Xの技術を取り入れて開発されたプロトアストレイ(MBF-P01~05)においてもバックパック換装システムが導入されている。ストライカーとは接続規格が異なるもので、最大の相違点はバックパックのスライド機構によって他のパックを装着している際であっても元の基本型パック(ビームサーベルとスラスターからなる)を携行できる点にある。ただし、後続の換装・改造機ではパーツ干渉の問題からこの基本パックを取り外すケースもみられた。
プロトアストレイと背面構造を共有するシビリアンアストレイにも同様の機構が引き継がれている。

ドレッドノートジャスティス

ジャスティスには装備換装機構が採用されたものの、ファトゥム-00を除いて追加装備が製作されることは無かった。
ドレッドノートのバックパックは円筒形のスラスターユニットに装備を挿入できる方式をとっているものの、ザフトで設計された純正品はドラグーンシステム対応型のχユニットのみとなる。後に同規格の対応装備として、ジャンク屋の独自製造品であるΗユニットも製作された。

ウィザードシステム

テスタメントによって検証されたストライカーパックの技術を踏襲した、ザフトにおける換装システム。C.E.73年の主力機であるザクシリーズや一部機体(バクゥハウンドドムトルーパー等)に導入されたもので、その構成は装備変更において多様な戦況に対応したストライクのものに類似する。しかしながら、ザフトではこの機構を前線での装備換装による遊撃よりもユニウス条約下における保有数制限に合わせた特化機の削減に利用し、ウィザードシステムはむしろザクシリーズを母体に砲撃から水陸両用の特化機を配備するために用いられた。

シルエットシステム

ウィザードシステム同様にザフトで検証されたストライカーパックの流れをくむが、こちらの直系の前駆はファーストステージMSの追加装備であったミーティアとなる。ザフトではヤキン戦役によって少数のエースによるハイエンド機が高い戦果を挙げたことから、その使用に耐えうる次世代機の開発を進めていたものの、ユニウス条約の締結によって技術に制約が発生した事から、高機動・格闘戦・砲撃能力の特化機能を分割することでこれを補完する形となった。後にはそれらを統合したパックも作られている。

グフシリーズ

ザクウォーリアの競合機であったグフシリーズ(グフイグナイテッド)にも手足を換装する機構が導入されている。バックパック一元化のウィザードよりもきめ細かに対応できるウリがあったものの、パーツ点数増加に伴うコスト高から現状では閉所戦闘用のクラッシャー以外の交換装備が確認されていない。


関連項目

機動戦士ガンダムSEED
ストライクガンダム 105ダガー スカイグラスパー
テスタメントガンダム インパルスガンダム

関連記事

親記事

ストライクガンダム すとらいくがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ストライカーパックシステム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3813

コメント