ピクシブ百科事典

シビリアンアストレイ

しびりあんあすとれい

機動戦士ガンダムSEED外伝作品に登場するMS
目次[非表示]

概要

DSSDとジャンク屋組合が共同開発した民生用アストレイ

シビリアンアストレイDSSDカスタム

D.S.S.Dが、一部のモルゲンレーテ社技術者とジャンク屋組合の協力を得て開発したアストレイの民生用モデル。DSSDカスタムとなっているが実際は本機がベース機である。外伝スターゲイザーで、深宇宙探査機構(DSSD)が用いていた。
DSSD仕様では、センサーを保護するためのバイザーや各種観測設備への影響の少ない電磁推進システムを装備している。
M1アストレイとは異なり、「ガンダム顔」ではあるがバイザーによって隠れており、V字のツノもない。武装としてはビームガン,ビームサーベルにもなるレーザートーチ,シールドを装備しており,ある程度の戦闘力は有していた。
レオンズ・グレイブ曰く「ナチュラルが操縦できる機体でもっとも機動性に優れる」
また、ロウはターンデルタの装備を応用してDSSDへオーブ軍標準型シールドにビームシールドとトリモチランチャーを増設したものを売り込んでいる。

アームズアストレイPMCカスタム

シビリアンアストレイ DSSDカスタムをPMC(民間軍事会社)が改修した機体。
DSSD仕様のシビリアンアストレイを改修した機体なので電磁推進システムも装備されている。
ベース機との外見上の差異は頭部が高性能センサーを追加された専用の頭部に換装されていることぐらいである。 武装も共通したものがあり、さらに電磁推進システムは衛星からのエネルギー供給でビームガンの威力と射程を強化するための受信機としても使えるが、使用者曰く「費用対効果は絶大だが高くつく」らしい。

シビリアンアストレイJGカスタム

ジャンク屋組合がUT-1D シビリアンアストレイDSSDカスタムの設計データを基に開発した民生用の機体で固定装備としてビームサーベルをバックパックに装備しているが基本的に戦闘用としての運用は禁止されてはいる。
アストレイの量産型で形状も元となったアストレイの元々の形状を再現している。
デフォルトカラーはオレンジだが、ミナ、ロウ、劾の人気があって、彼らのアストレイのカラー(金、赤、青)に塗りなおしたり最初からそのカラーリングで購入したりする人も多かった(オプションとして投光機やバイザーなどが存在するが、バイザーは「ガンダム顔が隠れてしまうから」と不評で、あまりつけられなかった)。その人気にあやかり、ジャンク屋組合からは彼らのプロトアストレイと同じ外観に出来るキットが発売されている。
なお、オリジナルのアストレイの装備を流用することも可能だが、一部パーツの規格が異なるためそのまま流用することができないものもある。
連載されていた雑誌の別のコンテストで入賞した機体のゲスト出演として、重武装型のシビリアンアストレイが登場したこともあった。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDC.E.73STARGAZER 機動戦士ガンダムSEEDASTRAY アストレイ
ターンデルタ

pixivに投稿された作品 pixivで「シビリアンアストレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 992

コメント