ピクシブ百科事典

デルタアストレイ

でるたあすとれい

漫画「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ΔASTRAY」に登場するMSである。

概要

火星に移住した「マーシャン」と呼ばれる人々が、地球との交流を経て独自に昇華した技術と、友好関係にあったD.S.S.Dやプラントの技術に加え、火星を訪れたロウ・ギュールの協力を得て開発した機体。当時まだMSを持っていなかったマーシャンからは「マーズファーストガンダム」と呼ばれている。
Nジャマー・キャンセラーと核動力を搭載する都合なのか、OSはザフト製のガンダムタイプと同じ物が使用されている。同じOS・NJC・核動力を搭載したフリーダムガンダムやジャスティスガンダム等とは親戚の様な機体とも言える。

「アストレイ」の名を関してはいるがプロトアストレイとは全く関係なく、開発段階では「デルタ」のみで呼ばれていたが、ロウがこの機体を見て勝手にアストレイと読んだことから「デルタアストレイ」ということになった。

最大の特徴はスターゲイザーにも搭載された惑星間航行用システム「ヴォワチュール・リュミエール」である。本機には緊急推進システムという形で採用されており、機動兵器としては最速と言われるほどの加速力を発揮する。しかし、かかるGも尋常ではないため身体の固定や専用のパイロットスーツの着用と言ったブラックアウト対策が必要になる。また、展開された光の翼が千切れ飛ぶという特有の現象が起こる。(これは強化されたシステムが不安定ために発生する。)

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDASTRAY アストレイ
アグニス・ブラーエ
ターンデルタ スターゲイザー

pixivに投稿された作品 pixivで「デルタアストレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6386

コメント