ピクシブ百科事典

デルタガンダム

でるたがんだむ

『機動戦士Ζガンダム』の初期設定、及び『ガンダムMSグラフィカ』や『UC-MSV』などに登場する可変MS。百式の原型機。
目次[非表示]
  1. ガンダムMk-Ⅱの初期設定名称。
  2. ガンマガンダムリック・ディアスにつぐ、アナハイム・エレクトロニクス社の可変試作MS。本項で解説


スペック

型式番号MSN-001
頭頂高19.6m
本体重量32.5t
全備重量65.5t
総出力2,190kw
スラスター出力100,400kg


機体説明

アナハイム・エレクトロニクス社が開発を行っていた可変試作MS。
現在のカトキハジメがデザインした姿としての初出は2006年に発売された『ガンダムMSグラフィカ』。

リック・ディアス開発時に賄われたノウハウを元に、アナハイム社独自のムーバブルフレームを組み込んで開発が進められ、完成していれば後のΖガンダムに勝るとも劣らない汎用性と高い整備性を持つ傑作機となる筈だった。

しかしシミュレーターを用いたテストの結果、ムーバブルフレームの強度が可変機構に耐えきれず破損してしまう事が発覚(『機動戦士ガンダムUC テスタメント』に収録された『デルタの鼓動』冒頭にて描写されている)。その他、バインダーの強度や駆動系にも問題が生じ開発は一時凍結された。

その後、本機は可変機構を排除して再設計され、運動性・機動性の向上を目的とした実験機『百式』として日の目を浴びた他、第一次ネオ・ジオン抗争後にΖタイプの技術を流用することで可変機としての開発が再開し、『デルタプラス』が完成することとなった。

ちなみにデルタプラスの戦闘シミュレーター内には本機のデータが内臓されており、パイロットAIはあの男の戦闘データを使用している。
PS3版『機動戦士ガンダムUC』で戦うことができ、『機動戦士ガンダムUC MSV 楔』に収録された『仮想敵機 デルタガンダム』では『HGUC デルタガンダム』の内容が漫画化されている。

また、デルタプラス建造時に本機も建造されてテスト飛行を行ったとされる証言もあるがアナハイム社は正式な回答をしておらず(『HGUC デルタプラス』より)、その存在はネット上のCGモデルのみでしかその姿を確認できていない(『ガンダムMSグラフィカ』より)。

武装

頭部60mmバルカン砲

連邦系MS伝統の牽制用機関砲。

ビームサーベル

シールド内側に2基を装備。変形時にはビームガンとして使用可能だが、威力は低い。

ビームライフル

可変機用に試作された新型。試験的にデュアルサプライシステムが採用されており、2つのタイプのEパックを装備可能。本機と違って実際に制作されており、後にガンダムMK-Ⅲ用の主兵装として転用された。

シールド

左腕に装備。本機に装備されるものはZプラス等と同様、先端にセンサーを内蔵したものとなっているため、防御兵装としての運用能力は低い。

バリエーション

デルタガンダム弐号機

ガンダムフロント東京内の有料上映ブース『DOME-G』用に設定された機体。
乗り手に合わせてカラーリングが真紅に変更された他、バインダーは原型機以上に軽量化されている。

関連タグ

百式
デルタプラス
ガンダムデルタカイ

pixivに投稿された作品 pixivで「デルタガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45087

コメント