ピクシブ百科事典

デルタプラス

でるたぷらす

デルタプラスとは、小説・アニメ『機動戦士ガンダムUC』に登場する可変試作モビルスーツである。
目次[非表示]

それで言い訳つくだろ!帰っちまえ!

機体データ

型式番号MSN-001A1
所属地球連邦軍
開発アナハイム・エレクトロニクス
生産形態試作機
頭頂高19.6m
本体重量27.2t
全備重量60.8t
ジェネレーター出力2,360kW
スラスター総推力92,400kg
センサー有効半径16,200m
装甲材質ガンダリウム合金
固定武装60mmバルカン砲×2、ビーム・サーベル×2、シールド、シールド・ビーム・ガン、2連装グレネード・ランチャー
携行武装ビーム・ライフル、ロング・メガ・バスター


機体説明

型式番号MSN-001A1
アナハイム・エレクトロニクス社が開発した量産試作型MS。
グリプス戦役時に活躍した実験機『百式』の原型機であるデルタガンダムの量産を目的として開発されており、Zガンダムに対するZプラスの位置付けにあるが、大気圏内/外で大幅な仕様変更が必要なZプラスとは異なり、全領域対応の優れた性能を有する。

デルタガンダムは計画当初の段階でムーバブルフレームの強度が可変システムに耐えきれなかった為、可変機としての開発を断念せざるを得ず、開発資材を再利用する形で非可変機の百式として再設計、製造される事で陽の目を見たが、グリプス戦役第一次ネオ・ジオン抗争という大規模な戦争によって、Ζ系列で培われたTMS技術をフィードバックさせることによって、当初の計画に見合う性能を実現した機体として生まれ変わった(なお型式番号のA1は、本機がZプラスA1型を参考にしているために付けられているとも言われる)。
百式の系譜に属する機体ではあるが、特徴的な金色のエマルジョン塗装は施されておらず、グレーを基調とするカラーリングが採用されている。

量産を前提としてはいるがその性能は良好で、Z系同様に巡航形態(ウェイブライダー)に変形することで大気圏突入と1G環境下での飛行が可能。この際、MSを乗せることでサブフライトシステムの代わりにすることも出来る。
又、徹底的な軽量化(Zプラスから10%以上の全備重量減に成功している)と、百式ゆずりのフレキシブル・バインダーによる空力制御で高い機動性・運動性を誇る。劇中ではウェイブライダー形態で飛行中にマニピュレーターだけをMSモードに移行させユニコーンを救出するといったシーンもあるため、その運用性の柔軟さは元の機体である百式やZガンダム以上のものがあると推測される。

百式の運用データをフィードバックする形で開発が進められ、宇宙世紀0090年にロールアウトした。しかし従来の可変機と同じく可変機構がフレームの脆弱性と複雑化を招いている上、百式の系列機が第一次ネオ・ジオン抗争後に悉く封印された結果、連邦軍量産機との互換性がほとんどなく袖付きとの交戦によって消耗したネェル・アーガマに配備されるまで6年もの間、倉庫の肥やしと化していた(Ζガンダムの配備を却下されたラー・カイラムが本機の配備を打診したものの、前述の互換性を名目に却下されている)。

兄弟機として本機の開発データをフィードバックした発展機ガンダムデルタカイが存在する。こちらはニュータイプを人為的に作り出すサイコミュシステム「ナイトロ」を搭載した試験機で、シールドに各種オプション兵装を取り付けられるようになっている。

武装

頭部バルカン砲

頭部側面に装備された60mm機関砲。

ビーム・サーベル

格闘用ビーム兵装。
非使用時はシールドに内蔵しており、ビーム・ガンとしての機能も有する。
また、内蔵したままでもビーム刃を発振可能。  

ビーム・ライフル

他の機体との互換性の問題からリゼルの物を使用。
ロングビームサーベルやギロチンバーストも問題なく機能する。

シールド

ウェイブライダー時の機首。
量産を前提として制作された本機はZプラス等と同様、武装やセンサー用のプラットフォームとしての機能に特化しているため、防御兵装としての機能は廃されている
特に本機のシールドは、下記のグレネードランチャー発射口部の装甲が完全に開口しているため、グレネード誘爆の危険性を含め、より『プラットフォーム』としての側面が強い。
ただし、大気圏突入を想定して入念な耐熱処理は施されている。

グレネード・ランチャー

シールドに内蔵されている実体弾兵器。

シールド・ビーム・ガン

シールド先端に固定装備されているビームガン。
ビーム・サーベルとして使用可能かは不明。

ロング・メガ・バスター

フルアーマー百式改用の物と同型のビーム兵装。
本来の主兵装はこちらであり、ガンダムデルタカイも本装備を携行するが、宇宙世紀0096年には他機体との互換性の問題からリゼル用のビームライフルに換装された。
ただし、宇宙世紀0094年におけるガンダムデルタカイとの模擬戦では本装備を使用している。

また、劇中において一度だけユニコーンガンダムビームマグナムを使用したが、電装系が耐えられなかったらしく、発射した際に右腕の関節が火花を吹くという演出がなされている。
これはビームマグナムが通常のビームライフルとは違い、いかに過剰な火力を保有しているかが分かるシーンとなっている。

劇中での活躍

宇宙世紀0094年にガンダムデルタカイの模擬戦でアグレッサーとして運用され、その際に宙賊と遭遇し、デルタカイと共闘している。この際のパイロットはピコ・アルティドール(なお、ピコはその後別機体を調達して運用している)。

その二年後の宇宙世紀0096年に資源衛星パラオにおけるユニコーンガンダムおよびバナージ・リンクスの奪還作戦のためネェル・アーガマへ配備される。この際にリディは捕虜としてネェル・アーガマ艦内にて拘束されていたミネバ・ザビを連れ出し、彼女を地球へ降下した。
降下後はリディが軍へ復帰すると共にラー・カイラムの所属となり、『ラプラスの箱』を巡る戦闘に加わり、シャンブロを撃破する戦果を挙げている。
しかしながらこの戦闘の後、ユニコーンガンダムと共に本機を収容したガルダの格納庫において、錯乱したプルトゥエルブバンシィのアームド・アーマーVNを本機に向かって振るったため、大破、放棄された。

関連イラスト

それで言い訳つくだろ! 帰っちまえ!
デルタプラス


貴様もガンダムか?!
デルタプラス


関連項目

機動戦士ガンダムUC
リディ・マーセナス オードリー・バーン

ネェル・アーガマ
リゼル ユニコーンガンダム バンシィ
百式 デルタガンダム ガンダムデルタカイ

Zガンダム Zプラス

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムUC きどうせんしがんだむゆにこーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デルタプラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 413148

コメント