ピクシブ百科事典

ビームマグナム

びーむまぐなむ

ビームマグナムとは、OVA「機動戦士ガンダムUC」に登場するMS、ユニコーンガンダムの主兵装である。
目次[非表示]

概要

一射につき『マグナム弾』と呼ばれる専用のEパックカートリッジを丸ごと一つ使用し(通常はEパック一つで十数発の射撃が可能である)、同年代のビームライフル4発分の威力という、メガバズーカランチャーハイパーメガランチャーとほぼ同等の火力を有する、ユニコーンガンダム専用のビーム・ライフル。
第一次ネオ・ジオン抗争期は、ハイパーメガランチャーすら凌ぐ出力の携行火器を備えるMSも運用されていた。しかし、以降の軍備縮小が進められた宇宙世紀0090年代において当モデルでも高出力の部類に属する。

その高出力故、周辺空間へのメガ粒子の拡散が顕著であり(劇中では紫電として描かれた)、並みのモビルスーツなら直撃させずとも掠めただけで破壊でき、特にモビルアーマーや艦艇などといった大型の目標に対しても有効打となり得る。このため、放たれるビームも従来のビームとは異なる独自の光彩で表現された。

マグナム弾は5本1セットで連結されたマガジンを本体に装填する形で使用され、一射毎に自動的に本体後部がスライドし、空になったEパックの排出と次弾用のEパックの装填が行われる。

上述のハイパーメガランチャー等と比較すると、遥かに小型で軽量であるが、Eパック・マガジンは機体腰部のウェポン・ラッチに2本までしか携行できないため、1度の出撃で射撃可能なのは最大15発と、装弾数は少ない。これをカバーするため、銃身の下部にオプションを装着する事による機能拡張が可能となっており、リボルビング・ランチャーやハイパービームジャベリンなどのオプション装備も開発されている。

出力調整は基本的に不可能であるため最大出力での発射しかできず、次弾(次Eパック)の装填後、チャージ・発射となるため、連射速度は標準的なビームライフルに劣る。このため、上述の装弾数の少なさによる継戦能力の低さもあり、非常に癖の強い武装である(ただし、マガジンが5連装に限られている理由は明確ではなく、一本の装備数は増やせる可能性もある)。
本モデルの10年近く前に開発・運用されたダブルビームライフルがメガ・バズーカ・ランチャー並みの出力を有しつつ連射が可能であり、またマニュアル操作による出力調整機能が設けられていた点と比較すると、利便性の低下が目立つ。

実戦ではこれを補うためにビームガトリングガンやハイパーバズーカを使用する事も多かった他、フルアーマーユニコーンガンダムへの改修時にネェル・アーガマに搭載されていた様々な武装を大量に装備することでこのビームマグナムの継戦能力の低さを補った。

マグナム本体にはメイングリップの他にフォアグリップが配されているが、パイロットであるバナージはほとんど牽制として使っていたこともあって、初回以降は殆ど利用せず片手で撃つ描写が多い。

デルタプラスシャンブロ撃破時にビームマグナムを使用したことから、構造的には共通規格に則っていることが分かるが、メイングリップを保持した右腕を中心に電装系の機能不全を起こしている事から、20m級の量産・準量産機のエネルギー・サーキットでは耐えられないほど、MSへの要求出力が高い(縮退状態のゼロ質量であるメガ粒子の射出には物理的反動が生じないため、フレーム強度は関係しない)。
その為、シルヴァ・バレト・サプレッサーでは一射撃ごとに右腕を交換するという機能不全対策をとっている。

なお、ユニコーンガンダムはユニコーンモード(サイコフレームの機能未開放形態)であっても、腕部への影響なく片手で使用している事から、高級機レベルのエネルギーシステムであれば、使用に問題はない。

設定の変遷

当初はビームの出力調整が可能な兵器と言う設定であったが、便利過ぎる(出力の調整が出来ず強力すぎる事も含めての本兵装)とされ、本編のような過剰兵器となった。
また、SEはRX-78ガンダムのビームライフルのリメイク版とも言えるものになっており、同じくジオングのそれのリメイク版であるシナンジュのビームライフルとは対になっている。

関連イラスト

ユニコーンガンダム
ビームマグナム



関連項目

機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダムNT
ユニコーンガンダム バンシィ・ノルン
フェネクス
G-フェネクス
シルヴァ・バレト・サプレッサー

ビームライフル
ロマン武器

関連記事

親記事

ユニコーンガンダム ゆにこーんがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビームマグナム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115608

コメント