ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高23.4m
本体重量41.1t
全備重量75.6t


概要

航宙船メガラニカに残っていたシルヴァ・バレトを、バナージ・リンクス用にカスタマイズしたモビルスーツ。このため型式番号にはARX-014Sが与えられた。
カラーリングが白からネイビーブルーに変更されていることを始め、脚部がハイヒールタイプ、頭部はカメラアイのカラーリングが紅色になり、マスクの形状も鬼面を彷彿させるものに変更されている。

最大の特徴として、主力装備にRX-0の共通武装であったビームマグナムが採用されている点が挙げられる。
シルヴァ・バレトジェネレーター出力は、ユニコーンガンダムの1.5倍をマークしているとは言え、試作機専用装備に分類されるビームマグナムでは、一射するだけで射撃による反動により腕部の機部(エネルギー・サーキット系と思われる)に不具合を起こしてしまうため、本来ならば装備運用はされなかった。
しかしサプレッサーは、バックパックの各種武装を撤廃して、代わりにクレーン・フレームを装備。このフレームに交換用の右前腕を4基マウントして出撃し、ビームマグナムの一射毎に右腕を交換することで、マグナム弾1カートリッジの5発に対応可能な機体に仕上げられている。

実質、戦闘でビームマグナムを5発撃つ為
"だけ"を目的に改造されたと言っても過言ではない極端なカスタマイズである。
もっとも、過去の戦争でサイコフレームを使ったユニコーンに搭乗し、サイコフレームを使っている複数の機体との戦闘やサイコフレームの危険性などを経験しているバナージからすれば、サイコフレームが多く使われている機体……それも相手が暴走するネオ・ジオングともなれば、ビームライフルなどの生半可な兵器が通用するとは考える筈もないので、非常に合理的な選択だとも言える。

なお、機体名の「サプレッサー」は「対抗勢力に対し、これを抑止・抑制するための機体」という意味を持つとされる。
ただし厳密には、立場上はバナージ達こそが非合法に兵器を所持、運用しているテロリスト(非正規軍事組織)に当たる。
(まあ、バナージやミネバがテロ行為を起こすとは思えないので、あくまで立場上ではあるが…)

武装

60mmバルカン

ビームサーベル

グレネードランチャー

ビームキャノン

原型機(シルヴァ・バレト)の装備。

右前腕

元来より第二世代モビルスーツ以降の機体に標準採用されているムーバブルフレームは、メンテナンスやハードウェア・アップデートを容易とする機構となっているが、本機の右肘には戦場でのパーツ換装を可能とする、特殊フレームが組み込まれている。
クランプ構造の肘関節がオープンすることで破損した前腕をパージ、新たな前腕のクランプが噛み込むようにしてフレーム接続され、電装・OS系のセットアップも秒単位で完了してアクティブとなる。

ビームマグナム

詳細はこちら
サイド6(旧サイド4)のヘリウム3備蓄基地において、ガランシェールJr.の艦上からの射撃でⅡネオ・ジオングの右腕の一本を撃破し、ナラティブガンダムを失ったヨナ・バシュタの窮地を救った。

なお、ビームマグナムはメガ粒子の拡散率が高く、広範囲のモビルスーツを薙ぎ払う武装なのだが、この時はマグナム弾のすぐ近くをコア・ファイターが無事に通り抜けているため、比較的近距離(拡散が起こる前)から援護射撃を行ったものと思われる。

立体物

HGUC 1/144シリーズにおいて、2019年6月にリリース。
劇中同様の右前腕交換ギミックが再現されている。

関連タグ

機動戦士ガンダムNT
シルヴァ・バレト ビームマグナム
ロマン武器
バナージ・リンクス

クロスボーンガンダムX2 - 長谷川祐一作「機動戦士クロスボーンガンダム」に登場するMS。ダークブルーを基調に、金色のブレードアンテナ、紅色のカメラアイ、鬼面のようなマスクの形状と共通点が多い。
ザクⅠ・スナイパータイプ - MSの極端かつ合理的なカスタマイズ例。ロングビームライフルを撃つことしかできないザクⅠだが結構な戦果を挙げている。
ガイアガンダム - 同じく非正規の第三軍事勢力が、入手した高性能機をエースパイロット用に改修・運用した機体。

関連記事

親記事

シルヴァ・バレト しるゔぁばれと

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シルヴァ・バレト・サプレッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70273

コメント