ピクシブ百科事典

イアゴ・ハーカナ

いあごはーかな

イアゴ・ハーカナとは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』の登場人物。小説『不死鳥狩り』を初出とする。
目次[非表示]

プロフィール

出演作品機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩り、機動戦士ガンダムNT
性別男性
所属地球連邦軍
階級少佐
声優中井和哉


不死鳥狩りでは

地球連邦軍シェザール隊隊長。階級は少佐
一年戦争以来の古株で、大型スナイパーライフルを装備したスタークジェガンに搭乗する。

10年以上前、護衛任務として知らない人間同士で組まされたサイド1の30バンチで外周警備をさせられていたが、30バンチはティターンズによる毒ガス作戦で壊滅。ティターンズの一員でもないのに見張り役を押し付けられ、知らない間に事件に加担してしまった事が深いトラウマとなっている。
未だにトラウマを払拭できず、不死鳥狩り作戦の任務内容がターゲット情報は非開示、背後関係も解らない等何かしら隠している事を見抜き、あまり乗り気ではなかった。また参謀本部直々に一週間前に急きょメンバーに入れられたヨナ・バシュタにも不信感を抱いていた。

フェネクスを追いかけて行方が解らなくなったヨナ発見時には最初は状況がつかめずヨナを妨害し、ヤクト・ドーガとハルユニットの合体を許しネオ・ジオングを完成させてしまう。
その後、ネオ・ジオングにより機体をファンネルを撃ちこまれて制御系を乗っ取られてしまい、脱出ポッドが作動せずハッチも開かないためヨナに自分を撃つよう命令。最終的にヨナにコックピットをビームサーベルで薙ぎ払われ、全身の血液と骨が蒸発し死亡した。
生前は、あの世があるとすれば自分のために用意された地獄であると自嘲気味に語っていたイアゴだったが、彼はトラウマを負った10年前から向こう側に誘われており、死後は全体の一部となった、そして、爆発で出来たネオ・ジオングのIフィールドに死角へ回り込んで撃つようヨナにアドバイスした。

戦闘終了後、世界の界面でヨナが見たイアゴは堤防の上にパイロットスーツのまま立っていた。そして、ヨナが話しかけようとすると消えてしまった。

機動戦士ガンダムNTでは

乗機がスナイパー・ビーム・ライフルを装備したジェスタA班仕様に変更している以外は、ほぼ不死鳥狩りの頃と立ち位置は変わらない。

こちらのイアゴは、ティターンズが起こした事件に関与した過去はなく、代わりにシャアの反乱でνガンダムがアクシズを押し返す所を目撃したということになっている。
その為、トラウマは存在しておらず、Ⅱネオ・ジオングの攻撃でかつてのコロニー落とし以上の被害が地球にもたらされるとと聞かされるや否や、ナラティブガンダムのA装備のブースターをジェスタに装備して戦場へと出撃する。

戦場に駆けつけると、Ⅱネオ・ジオングの足元付近のヘリウム3タンクを爆発させファンネル・ビットに捕まりそうになったフェネクスを救う。
しかし、Ⅱネオ・ジオングのワームロッドで機体の制御を奪われてしまう。だが、ミシェル・ルオの搭乗したベース・ジャバーの命がけの特攻でワームロッドが破壊され自由を取り戻す。ヨナの乗ったフェネクスがヘリウム3の臨界爆発を防いだ後は、ヨナを乗せダマスカスへと帰投した。

コメント