ピクシブ百科事典

ヨナ・バシュタ(機動戦士ガンダムNT)

よなばしゅた

ヨナ・バシュタは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場する、三人の主人公の内の一人である。アニメ化に伴い、小説『不死鳥狩り』から設定改編を受けた。
目次[非表示]

CV:(8歳時)中村文徳、(15、25歳時)榎木淳弥

概要

ミシェル・ルオリタ・ベルナルとは幼馴染であり、幼少期にオーストラリアコロニー落としからミシェルやリタと共に生還し、「奇跡の子供たち」と呼ばれた過去を持つ。

その後はリタ達と共にティターンズが管理するニュータイプ研究所に送られ、リタのみが「本物のニュータイプ」と判断されて引き離され、ヨナは研究所を去る。その後は、それまでの経歴を抹消された身で、改めて地球連邦軍の士官学校に入学し、尉官(少尉)となっている。

宇宙世紀0097年、ミシェルが立案した計画にのり、ルオ商会の後ろ盾で、連邦軍参謀本部直轄の『不死鳥狩り』作戦にナラティブガンダムと共に「増援」という名目で参加する。

パイロットとして

純粋な操縦技術はシェザール隊からは「中の上」程度と見られている。
何より致命的なのは、『敵機の撃墜』(=戦場での自己防衛、殺人ではない)に未だ心理的抵抗を残している点であり、ルオ商会によるマーサ・ビスト・カーバイン拉致作戦では、ディジェ隊長機から「下がれ」とまで命を受けている。

ナラティブガンダム搭乗時には、サイコフレームが内蔵されたサイコスーツを着用する。
作中ではリタ・ベルナルの影響か、ニュータイプ能力を思わせる描写があるが、現状ではニュータイプの“素養”を有しているかは不明。

余談

シェザール隊の前には、上述の特殊なパイロットスーツである「サイコスーツ」を装着して、ナラティブガンダムから現れる。この後、スーツの脱衣シーンが入るのだが、この際にヨナ本人のやや華奢な身体が映るため、そのギャップに驚く事となる。
この演出は、ナラティブガンダムの装備換装(A装備からの軽装化)と同じく監督吉沢俊一氏のアイデアであり、「最初がフルアーマー」という通常とは逆パターンを狙ったとの事。

関連項目

機動戦士ガンダムNT 地球連邦軍 ティターンズ
ディジェ ナラティブガンダム

フェネクス

「奇跡の子供たち」

ミシェル・ルオ リタ・ベルナル

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨナ・バシュタ(機動戦士ガンダムNT)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2074

コメント