ピクシブ百科事典

マーサ・ビスト・カーバイン

まーさびすとかーばいん

「機動戦士ガンダムUC」の登場人物。

CV:塩田朋子

人物像

ビスト財団当主だったカーディアス・ビストで、彼亡き後は当主代行を務める女傑。
アナハイム・エレクトロニクス社の創業者一族であるカーバイン家に嫁いだ社長夫人でもあり、社でも絶大な手腕を揮う事から「月の女帝」と言わる程の権勢を奮っている。
また、政治家的な才覚と気質を有し、その政治手腕はカーディアスをも凌ぐとされる(なお、資料によってはかつて財政面でエゥーゴを支えたメラニー・ヒュー・カーバインの妻とされる事もあるが、彼はアナハイム会長であり、社長夫人であるマーサの夫とするのは誤りである)。

財団と連邦、アナハイムの関係維持を望んでおり、サイアム・ビストによる「ラプラスの箱」の開放を良しとせず、アルベルト・ビストらを手駒とし「箱」の開放阻止に奔走する。
また、目的の為には手段を選ばず、捕虜となったマリーダ・クルスを再調整し、連邦軍を利用することすら厭わない。
インダストリアル7へネェル・アーガマを差し向けた張本人であり、物語における黒幕の一人である。

祖父・サイアムが自分の父親(サイアムにとっては実子)を謀殺した事に衝撃を受け、それが原因で「男社会」に対して強い憎悪を抱いている。
その為、女性中心の社会を作るという目的を持っており、女としての魅力を武器とする他、ミネバへ共闘を持ちかけた事もある。しかしその言動・行動は破滅的なものを含んでおり、時として常識を逸した行動を取る事もある。

最終的にコロニー・レーザー「グリプス2」を用いて「箱」の在り処たるコロニービルダー「メガラニカ」ごとラプラスの箱を消滅させ「箱を滅する為にコロニーを犠牲とした」という事実を立てて連邦政府とビスト財団の共犯関係存続を狙うが、バナージ・リンクスリディ・マーセナスが発生させたサイコ・フィールドによって砲撃は回避され目論見は失敗に終わり、直後にその場に居合わせたブライト・ノアによって身柄を拘束され、法のもとに裁かれる事になる。

終始、憎しみにとらわれた過激な発言の多い人物ではあったが、アルベルトの言葉に諭されつつも、自らを黙らせるまでに成長した彼に対して、満足な笑みを浮かべてその場を潔く去っていった。

関連タグ

機動戦士ガンダムUC

サイアム・ビスト カーディアス・ビスト
アルベルト・ビスト バナージ・リンクス
オードリー・バーン マリーダ・クルス

pixivに投稿された作品 pixivで「マーサ・ビスト・カーバイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108575

コメント