ピクシブ百科事典

アルベルト・ビスト

あるべるとびすと

アルベルト・ビストとは「機動戦士ガンダムUC」の登場人物。

CV:高木渉

人物像

「箱」の開放阻止のため、エコーズと共にネェル・アーガマに乗り込んできたアナハイム・エレクトロニクス社の重役。33歳。
ビスト一族の一人でもあり、「ラプラスの箱」の道標たるユニコーンガンダムに並々ならぬ執着を見せる。
カーディアス・ビストの長子であり、バナージ・リンクスの異母兄にあたる。

当初は父親に認められなかった過去と、ユニコーンガンダムが自分ではなくバナージに託された事等から、バナージが異母兄弟であると知ってからは激しい嫉妬心と並ならぬ憎悪を向けており、また心の弱みに付入られ肉体関係も結んだ叔母のマーサの忠実な犬として動く臆病さが際立っていたが、実父であるカーディアスをその手で殺めた事や流転する運命によって次第に変化を見せていく。

ガエル(アニメではガランシェール隊)によるネェル・アーガマ襲撃の折に宇宙へ放り出されそうになった際に命を救われた経緯からマリーダ・クルスに思慕を感じるようになり、強化人間である彼女が再調整を受けている場面に目を背けるなど、後ろめたさを感じている部分を見せていた。
ジンネマンによるマリーダ奪還の際は、彼女は人形ではないと言うジンネマンに対し「そんな事は分かっている」と逆に叫び驚かせる等、恋慕の情をはっきりと表すようになっていった。
マリーダを奪還され墜落するガルダにおいて救いの手を向けるバナージに対しては自分から全てを奪ったと銃を向け手を取る事はなかった。
リディによってガルダから救助された後は同じ失意にある彼にマーサに内密でバンシィを任せ、ユニコーンガンダムとバナージの追撃にあたらせた。

ただ、心境の変化とともに箱に対する考え方は、ミネバやバナージとほぼ同等のものとなっていたのか、終盤では激昂するマーサに対して、心から優しい笑顔を見せながら、「もうよしましょう叔母さん、箱の魔力は失われたのです。」「終わったのです。また、始めましょう。」と諭すまでに達観していた。

小説版においてはガルダにおいてマーサの制止を振り切りマリーダの元へ向かってからはマーサと直接顔を合わせることは無いが、アニメ版ではマーサ、ローナンと共にシャイアン基地に赴いている。

関連項目

機動戦士ガンダムUC
カーディアス・ビスト マーサ・ビスト・カーバイン バナージ・リンクス
マリーダ・クルス リディ・マーセナス

pixivに投稿された作品 pixivで「アルベルト・ビスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90299

コメント