ピクシブ百科事典

サイアム・ビスト

さいあむびすと

サイアム・ビストとは、機動戦士ガンダムUCの登場人物。

CV:永井一郎

概要

ビスト財団の創始者にして初代当主。
カーディアス・ビストマーサ・ビスト・カーバインの祖父であり、バナージ・リンクスアルベルト・ビストの曽祖父に当たる(なお、OVA版において彼の過去の姿はバナージと似た容姿で描かれている)。
宇宙世紀改暦以前の生まれだが、自身は研究施設ごと買い取った人工冬眠装置による冷凍睡眠を繰り返し宇宙世紀0096年においても生きながらえている。

中近東の小国に生を受けるが、少年時代に父はテロに参加し投獄され獄中死し、残された母と妹を養う為に学校をやめ家業である羊の放牧で生計を立てていた。
しかし、地球連邦政府の宇宙移民政策によって故郷を追われると、報酬を目当てにテロリストとなり宇宙世紀元年の首相官邸「ラプラス」の爆破テロに関わる。
ラプラス爆破後、作業艇に仕掛けられた時限爆弾で口封じの為にラプラス爆破に携わった仲間と共に殺されそうになるも、偶然船外作業をしていた事から一命を取り留め、その際に天文学的な確率の偶然でラプラスの残骸から「ラプラスの箱」を入手し、そこを通りかかった民間船に救助され、地球へ帰還した。

その後、サイアムは家族の下に帰らず、連邦政府の支配体制を転覆しかねない力を持った「箱」の力を利用して裏社会で頭角を現していき、やがてアナハイム・エレクトロニクスと関係を持ち当時の専務の娘と結婚。ビスト家の婿養子となって社会貢献事業を隠れ蓑にしたマネーロンダリング組織としてビスト財団を築き上げた。
そしてビスト財団は「箱」の力によって宇宙世紀において多大な影響力を持つ組織に育っていく事になる。
それから時は流れ宇宙世紀0096年。停滞する世界を変革すべく長らく封印されてきた「箱」の解放を決意。自身の孫であるカーディアス・ビストと共に計画を実行に移した。

人間の可能性を信じ、大局的な視点で物事を見る一方で「ビスト財団」を守る為に自分の子(サイアムの次男。カーディアス、マーサの父)を謀殺する非情さ有している。
なお、サイアムの息子は連邦官僚に焚き付けられ財団乗っ取りを企ていた為に謀殺されたのだが、「父による子殺し」という男社会の裏の姿を目の当たりにした事が、マーサが男社会を憎む因縁となった。


余談だが、OVA版では機動戦士ガンダムのナレーションは彼のモノローグとして位置づけられており、様々な役柄でガンダムに携わった永井一郎氏がガンダムで最後に演じた役でもある。

関連タグ

機動戦士ガンダムUC カーディアス・ビスト バナージ・リンクス
マーサ・ビスト・カーバイン アルベルト・ビスト

pixivに投稿された作品 pixivで「サイアム・ビスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11793

コメント