ピクシブ百科事典

リディ・マーセナス

りでぃまーせなす

リディ・マーセナスとは、機動戦士ガンダムUCの登場人物。作中においては連邦サイドの主人公とも言える人物。
目次[非表示]

CV:浪川大輔

人物像

地球連邦軍「ロンド・ベル」隊所属のMSパイロット。階級は少尉。

地球連邦政府の初代首相リカルド・マーセナスの後裔で、地球連邦政府の議員ローナン・マーセナスの息子。23歳。
父親や家系に反発し、自力で名を上げるべく連邦軍に入隊。家の七光りではなく、自分の腕だけで名をあげようとパイロットになるも、どこへ行っても付いてまわる家の影響に辟易している。
MSパイロットではあるが、内心ではモビルスーツよりも航空機に対して憧れを抱いており、西暦時代のエースパイロットマンフレート・フォン・リヒトホーフェンの搭乗した複葉機の模型(アニメ版では透明ケースに小さな複葉機の入ったお守り)を持ち歩いている。また、航空機に対する憧れからか主にリゼルデルタプラスといった可変機に乗る。

インダストリアル7での作戦行動中にオードリー・バーンを保護するが、彼女がジオンの遺児「ミネバ・ラオ・ザビ」である事に衝撃を受ける。
それでも彼女に心惹かれる事に葛藤し、パラオ攻略戦中に捕虜となったオードリーを連れ出して軍を離脱。共に地球へ降下し、現状を打開すべく実家であるマーセナス家を頼るが、父ローナンの助力は得られず、そこで自分の一族が背負うラプラスの箱と関係する宿命を明かされたことで重い宿命に絶望し、オードリーを救うために事実上の求婚をするが、このことがオードリーの失望を買う原因となってしまい、彼女は出奔。
その後、ローナンの意を受けて「箱」の解放を防ぐために軍へと復帰。「世界のあり方が間違っていてもそこに住まう人間を救う為には少数を犠牲にしなければならない」という考えを胸に抱きラー・カイラムに乗艦、ジオン残党軍の決起の際にはその戦力の中核たるシャンブロを撃墜する活躍を見せた。
そして、ミネバがガルダに居る事を知り作戦行動中にガルダへと乗り込み、宇宙へ移送される状況であったミネバの下へと現れ、マーサ・ビスト・カーバインらに銃を向けミネバを連れ出そうとして自らの胸中を語るが、その考えもまたミネバに拒絶されてしまう。

ガルダでの一件の後、失恋の傷心とバナージへの憎悪という感情を共有するアルベルト・ビストと共鳴し、彼の口添えでマリーダ・クルスの後釜としてバンシィのパイロットとなり、かつての乗艦であったネェル・アーガマを襲撃。
ビスト家の末裔であるバナージと相討ちになることで箱にかけられた呪いから世界を守るべく、バナージと壮絶な戦闘を繰り広げた。
バナージとの戦いを経てニュータイプとして覚醒するが、ラプラスの箱に示されたニュータイプの存在を災厄のように忌み嫌い、自身がニュータイプである事をただひたすらに否定する。その結果放たれたビームマグナムがマリーダを殺めてしまい、その罪悪感とニュータイプ同士の感応によるフィードバックに悩まされ、マリーダの導き(アニメではそれに加えミヒロオットーの呼びかけを受けて)で再起し、バナージと共にフル・フロンタルと対峙した。

高いニュータイプの素質を持つが、宇宙世紀の物語にはニュータイプとして覚醒した現実を受け入れて順応する人物が多い中、リディはニュータイプを災厄のように忌み嫌い、自分自身がニュータイプである現実さえも全力で否定しようとした(否定しなければならなかった)数少ない人物である。彼のこの態度は父から知らされたラプラスの箱の秘密が起因している。

余談

OVA版では、リディがシャンブロをビームマグナムで撃墜する事になるが、これはギルボア・サントの死から完全に脱却できていない状態のバナージが、既に見知った仲であるロニ・ガーベイを撃つには荷が重すぎると判断された為。
また原作とアニメとでシャンブロとロニの設定が大きく変化していた事もあり展開を収束させる為にはどのようにすれば良いのかとスタッフ間で打ち合わせが行われた結果、リディが歪んでいくターニングポイントを描写する意味合いを含めて、以上の展開が用意された。

また、UCが参戦しているコンパチヒーローシリーズではとも悪役にされていたりする。

関連イラスト

リディ・マーセナス
リディ少尉


リディさん
俺もお前も、まだこの世界でやることがいっぱいあるんだ



関連項目

機動戦士ガンダムUC
バナージ・リンクス オードリー・バーン/ミネバ・ラオ・ザビ
リゼル デルタプラス バンシィ

pixivに投稿された作品 pixivで「リディ・マーセナス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 769811

コメント