ピクシブ百科事典

リゼル

りぜる

RGZ-95 リゼルとは、『機動戦士ガンダムUC』に登場する地球連邦軍の可変量産型MS。
目次[非表示]

曖昧さ回避

概要

アナハイム・エレクトロニクスが開発した地球連邦軍初の量産型可変モビルスーツ
リゼル(ReZEL)の機体名称は「リファイン・ゼータ・ガンダム・エスコート・リーダー(Refine Zeta Gundam Escort Leader)」の頭文字の略称である。

リ・ガズィと同じくΖガンダムの量産化を目指したRGZ系列に連なる機体であり、ZプラスR型やリ・ガズィのようなバックウェポンシステムによる準可変機構ではなくグリプス戦役時に廃案となったZⅡの設計をリファインする形で量産化を成功させている。

巡航形態のフォルムはΖガンダムのウェイブライダーとは異なり、ZⅡと同様、メタス系のMA形態に近く、構造が簡易なメタス系列の可変機構を参考とし、内装(部品規格等)の一部をジェガン系列と統一化することにより可変機の多くにあった生産性及び整備性の低さをクリアしている。
Z系列機特有のピーキーな操作感もリミッターを設けた事で幾分緩和されており、新兵でも難なく扱うことができる。
加えて、リミッターを解除し、フレームを補強する事で熟練パイロットにも対応出来る性能を発揮出来るなど、幅広いニーズに対応可能。

頭部エクステリアはZ系ガンダムフェイスではなく、ジェガンと同じくバイザータイプ複合ツインアイを採用。

可変機構については「エスコート・リーダー」の機体名が示すようにサブフライトシステムとしての機能も設計に組み込まれている。

ウェイブライダー形態へ可変後にスラスターが一方向に収束されることによる余剰推力を活用し、バックパックに設けられたジェガンなど他のモビルスーツを牽引できるグリップも搭載し、迅速な展開や友軍機の推進剤の節約及び行動範囲の拡大を図っている。

主なパイロットはリディ・マーセナス、ノーム・バシリコック(隊長)、イアン、ホマレ、プールなど。
なお、ネェル・アーガマ所属のMS隊における本機のコールサインは「ロメオ(-ワン)」。
ジェガンの「ジュリエット(-ツー)」と対になるようになっている。
引用元はロミオとジュリエットであろう。

武装

頭部バルカン砲

連邦系モビルスーツの頭部に標準装備されている牽制用機関砲。口径は60mm。

ビームサーベル

前腕部に内蔵されている近接用斬撃装備。
最大4本を装備可能。
サーベルラックはグレネード・ランチャーとの選択式となっている。

グレネード・ランチャー

Zガンダムやリ・ガズィにも搭載されていた前腕部に内蔵する実弾兵装。
前述の通り、装備はビーム・サーベルラックとの選択式となっており、作戦前に選択して換装される。

ビーム・ライフル

Zガンダムが装備していたXBR-M-87A2の制式量産モデル。
状況にに応じた出力調整が可能となっており、高出力照射モードはギロチンバーストと呼ばれ、また、Zガンダムのように銃口からビームを発振してロング・ビームサーベルとしても使用可能。

アナハイム規格であればどの機体でも問題なく使用でき、デルタプラスジェガンZプラスも戦闘に於いてこれを携行。ユニコーンガンダムも袖付きとの最終決戦に於いてリゼルから借用する形で本装備を運用している。

メガ・ビーム・ランチャー

ハイパー・メガ・ランチャーをコンセプトに開発された、リゼル専用の高出力長射程ビーム兵器。
機体背面とアームで連結されているため、グリップを握らなくてもビームを発砲できる。
エネルギーは機体のジェネレーターとランチャー内臓のサブジェネレーターの両方から供給されるため、安定した砲撃が可能。

シールド

3点バースト方式(三連射)のビーム・キャノンを内蔵した防御兵装。
後端には打突兵器ととしてハンマーブレードが装備されている。

この他、ジェガンのライフルやニュー・ハイパーバズーカやハイパー・メガ・ランチャー等、他機種の兵装を運用する機体も確認されている。

バックパック

本機はサブフライトシステムとしての運用だけでなく、より多角的な運用を想定して複数のバックパックが開発されている。

ボックスタイプ

一般機が装備する標準仕様のバックパック。ZⅡ及びリ・ガズィの意匠を色濃く持つ。
リディ少尉機はこれにメガビームランチャーを搭載した仕様となっている。

ウイングタイプ

大気圏突入能力と圏内での飛行能力を持つ可変翼装備型のバックパック。
宙間運用でも機動性が向上するため後述のC型が主に装備している。

ディフェンサーユニット

本機専用に開発された宙間拠点強襲用のバックパック。
大出力のスラスターを複数配置し、サイドアーマーをテールバインダーに換装することにより、戦闘宙域までの到達時間短縮とMS形態での高機動戦闘を可能にしている。
本来はこのユニットを装備したリゼル1個小隊のみで任務に当たることを想定しているため、どちらもサブフライト用のグリップは装備されていない。

a装備

RGZ-95 リゼル ディフェンサーaユニット


近・中距離用の広域拡散型。ウイング付きのミサイルコンテナを装備しており、内蔵されたマイクロミサイルを用いての面制圧を得意とする。
また、背面のパワーサプライヤージョイントにハイパービームサーベルを装備しており、格闘戦時に複数の敵機を薙ぎ払う事も可能。
ハイパービームサーベルは、ZZガンダムとほぼ同型のものを使用しているが、エネルギー供給の安定化を考慮しビームキャノンとしての機能はオミットされている。

b装備

RGZ-95 リゼル ディフェンサーbユニット


中・遠距離用の一点集中型。
背面にビームキャノン内蔵のバインダーを接続し、新たに増設されたジェネレーターによって各ビーム兵器の稼動効率を強化している。
また、通常は単装で運用されるメガ・ビーム・ランチャーを、本装備のリゼルは2門装備することが可能になっており、最大出力での照射は各種センサーの連動によって高い命中精度を誇る。

バリエーション

指揮官機(C型)

リゼル (隊長機)


エースパイロット用に性能を再調整した特別仕様。
主に部隊の隊長機として運用される。別名コマンダータイプ。
機体に設けられたスラスター出力のリミッターの上限値を変更することで運動性能を向上させるとともに、増大する部分負荷に対応するためムーバブルフレーム構造の補強が図られている。
また、センサーのカラーリングが一般機と違い緑色になっている。
一般機同様、バックパックや武装はミッションに応じて換装される。

ゼネラル・レビル所属機

リゼル C型 ディフェンサーbユニット


ドゴス・ギア級二番艦ゼネラル・レビルに配備された機体。
所属する全機がパイロットの練度と関係無くC型と同様の調整が施されており、バックパックはウィングタイプを採用する。カラーリングはベージュとオレンジのツートン。
センサーカラーは黄色になっている。
前述の装備バリエーションもひと通り備えており、ディフェンサーユニットを装備した機体も存在する。

関連項目

機動戦士ガンダムUC
ZⅡ リ・ガズィ ジェガン リディ・マーセナス

pixivに投稿された作品 pixivで「リゼル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 348702

コメント