ピクシブ百科事典

NT-D

えぬてぃーでぃー

NT-Dとは、「機動戦士ガンダムUC」に登場する、ユニコーンガンダム専用のオペレーションシステムである。
目次[非表示]

概要

UC計画によって開発されたユニコーンガンダム専用の機体管制システム。ユニコーンガンダムがユニコーンモードからデストロイモードへ「変身」する際に起動し、機体を構成するフル・サイコ・フレームの制御に用いられる。
NT-Dの略称は表向きには「ニュータイプ・ドライブ」の略であるとされているが、その実態はジオン・ズム・ダイクンの提唱したニュータイプ論を否定し、それと結びついたジオンの理念を根絶する「ニュータイプ・デストロイヤー」である。

ユニコーンガンダムの象徴とも言えるブレードアンテナはこのNT-Dの発動に欠かせないパーツとなっており、敵性ニュータイプ、もしくは強化人間の発する感応波を感知する事で自動的にNT-Dが起動する要設定されている。
この起動条件は機密事項とされており、パイロットの手によってシステムを意図的に起動させる事は不可能。開発に携わったスタッフであっても、セクション間で高度な情報統制が成されている事から、システムの全容を知る事は出来ない。
しかし、ユニコーンガンダム1号機はロールアウト時にLa+プログラムが追加インストールされた事でパイロットの感応波にも反応するようNT-Dの起動条件が変更されており、乗り手がニュータイプの素質を持っていた場合、任意の変身が可能。これは、La+プログラムが「乗り手がニュータイプであるか否か」を見極める為の物である事に由来し、強化人間がLa+プログラムに触れたとしても、システムが反応する事は無い。

なお、NT-Dと同じく「ニュータイプ殲滅」を謳ったモビルスーツ用OSに、一年戦争時に開発された「EXAM」がある。
しかし、EXAMは開発者であるクルスト・モーゼスの執念もあり、「ジオン・連邦の垣根を越えたニュータイプの殲滅」を目的に開発されていたのに対して、NT-Dは「ジオンの掲げる思想と、そこで語られる概念としてのニュータイプの駆逐」を目的としているなど、そのコンセプトの本質は大きく異なる。

La+プログラム

ユニコーンガンダム1号機のNT-Dに追加インストールされた特殊プログラム。
ビスト財団の根幹を成す「ラプラスの箱」へ乗り手を導く為の「鍵」であり、プログラムが指定した座標でNT-Dを発動させる事で、箱の手がかりとなるデータが機体側から開示される。
同時に乗り手が真のニュータイプであるか否かを見極める為、ニュータイプの素質を持っている人間がパイロットであった場合パイロットの感応波にもNT-Dが反応するように細工が施されており、強化人間に対しては機体が反応しない。
プログラムが指定する座標は地球連邦首相官邸「ラプラス」やオーストラリア大陸トリントン基地など、何れも宇宙世紀の戦乱の歴史に縁のある場所であり、乗り手に箱の開放の是非を問うような旅に誘う。

関連項目

機動戦士ガンダムUC
ユニコーンガンダム デストロイモード
サイコミュ サイコフレーム EXAM

pixivに投稿された作品 pixivで「NT-D」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49661

コメント