ピクシブ百科事典

ミシェル・ルオ

みしぇるるお

ミシェル・ルオとは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場する、三人の主人公の内の一人である。
目次[非表示]

ーーだね、神様が居るって人間が信じてた時の幻でしょ
CV:横溝菜帆(8歳時)/村中知(15、25歳時)

概要

ニューホンコンを拠点に地球連邦政府とも密接な関係を築く大企業「ルオ商会」会長・ルオ・ウーミンの次女(養女)にして特別顧問。25歳。
略筮法での占いに長け、グリプス戦役期には、ウーミン会長がエゥーゴへの出資判断に対して、その“易”を材料としたという逸話もある。
宇宙世紀0097年においては、広く政財界から絶大な信頼を得ており、地球連邦軍高級将校クラスですら、彼女の“助言”を得るために頭(こうべ)を垂れる

ヨナ・バシュタリタ・ベルナルとは幼馴染であり、幼少期は正式に地球のオーストラリア区に暮らすことのできるアースノイド(特権階級として何不自由なく暮らしていた。
しかし一年戦争開戦(宇宙世紀0079年1月3日)を前に、コロニー落としを幼馴染3人で“視る”という不可思議な体験をする。ミシェルらは幼いながらも必死でその『未来』をシドニー近郊街へ伝え、後に「奇跡の子供たち」と呼ばれる事となるも、結局は自分達の両親を救えず孤児となってしまう。

やがてその“奇跡”に目をつけたティターンズ直属のオーガスタ研究所(ニュータイプ研究所)へと引き取られる事となるが、とある事情からリタのみと離れ離れになってしまい、共に生き残ったヨナとの関係はやや冷え込んでいる。

ラプラス事変において、絶大な力を見せた「シンギュラリティ・ワン(技術的特異点)」、即ちユニコーンガンダムに並みならぬ興味を抱いており、その3号機フェネクスを我が手にせんとマーサ・ビスト・カーバインの護衛部隊を兵士の殺害すら躊躇わずに襲撃。
さらに協定違反兵器であるナラティブガンダムまでも調達して『不死鳥狩り』作戦を展開するクラップ級宇宙巡洋艦ダマスカスに乗り込む。
その異様なまでの執着が目指すのは………。

魂の『仮説

“易”を視るミシェルは、ニュータイプおよびサイコミュ技術に対して、既存の観念やミノフスキー物理工学とは異なる『仮説』を立てていた。

この『仮説』によれば、宇宙世紀の人間には認識の及ばない高次元に、魂が集う場(フィールド)が存在しており、ニュータイプは生きたまま、魂から発する未知のエネルギーを操って現実に働きかける者。そしてサイコミュは時に魂のエネルギーを集め物理的なエネルギーに変換してモビルスーツに作用させる装置として定義している。
加えてミシェルは、サイコフレームとは「高次元と繋がって刻を操る力を引き出す媒体」であると見なし、かつて己が積み上げてきた“”を精算する為に、フェネクスの捕縛に強く拘ったのである。

関連項目

機動戦士ガンダムNT ルオ・ウーミン
ティターンズ
ナラティブガンダム フェネクス

「奇跡の子供たち」

ヨナ・バシュタ リタ・ベルナル

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムNT きどうせんしがんだむならてぃぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミシェル・ルオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36587

コメント