ピクシブ百科事典

シンギュラリティ

ぎじゅつてきとくいてん

シンギュラリティ(Singularity)とは、未来学における概念を指す。AIが自己フィードバックにより完成させた超越的電子頭脳が、進歩の主体となる『時点』である。
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

Singularityという英単語そのものが意味する数学用語の特異点」については、個別記事を参照

本項では、未来学の概念である技術的特異点(Technological Singularity)、すなわち人工知能(以下、AI)が人間の介入無くして、自らより超越的なAI――仮に「超AI」と表現する――を創造。更に超AIが文明の進歩の主体へと、人間から取って代わった時点を解説する。

この時点以降を迎えると、技術進歩の速度が現生人類の思考とコミュニケーション速度の『制約』から解放され、文明の超加速度的な発展が始まると予測されている。

具体的にこの時期がいつ訪れるかという予想は論者によって異なるが、2045年ごろというレイ・カーツワイルの見解が有力視される事が多い。
このため、2045年問題という論点も存在する。

誤解

よく誤解されるが、技術的特異点とは人工超知能、すなわち人類の思考能力の尺度で「賢い(更に高性能な)」汎用人工知能の出現時期のことではない(カーツワイルは人工超知能は2030年ごろに出現し、特異点に至る基盤となるとしている)。何故ならば人類の理解の尺度、または延長線上にある限り、人類の常識、観念、モラル、善悪、宗教……といった『制約』が必然となってしまい、そこから抜け出せないからである。
このため、未来学において提唱されている技術的特異点は、設計~製造(発生)において人類が関わらない事が条件となっている。
よって、上記の「超AI」のようなArtificial(「人工的な」)が含まれた表現は、本質的には不適当である。

なお、“人類が関わったもの”は、「ブレイクスルー」「技術革新」「技術的飛躍」のような異なる表現(概念)となる。

テーマとした作品

※主に作成済みの記事より抜粋。
※シンギュラリティを「主題」としていない作品は除外とする(メカ系アクションを含めると多くなりすぎてしまう為)。
※キャラクターについてはアンドロイド人工知能などの記事も参照。


人間に取って代わる、人間が設計に関与しない(=ロボット三原則の完全無視)が前提となるため、人類に対して敵対的、あるいは破滅的事象を起こす存在として描かれる事が多い。

このような解釈が正しいか否か?という議論自体が、常識にとらわれているが故に意味が無い、とだけ付記しておく。

関連タグ

SF AI/人工知能 未来 サイバーパンク

関連記事

親記事

人工知能 じんこうちのう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンギュラリティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7186

コメント