ピクシブ百科事典

アイ,ロボット

あいろぼっと

アイ,ロボットとは、SF小説家アイザック・アシモフの作品の一つ『我はロボット』のこと。またはそれを原作として2004年に制作されたアメリカのSFアクション映画である。
目次[非表示]

概要

原典はアイザック・アシモフの短編SF小説集の1つ『われはロボット』。
2004年7月16日に、アレックス・プロヤス監督のもと、ウィル・スミス主演で20世紀フォックスが配給を行ってアクション映画として公開された。
ただ、原作にはしているものの、脚本は映画製作側のオリジナルのものが使用されており、アシモフの別作品であるロボット長編『鋼鉄都市』の設定や、登場人物のスプーナー刑事が主人公となっているなど、かなり独自要素が強くなっている。
また、主演のウィル・スミスも製作総指揮を行って作品製作に関わっており、作中に彼の趣味と思しきものが所々に登場する。

あらすじ

西暦2035年の近未来におけるアメリカ
ロボット工学の第一人者であるアルフレッド・ラニング博士が製作したロボット工学三原則が組み込まれたロボットは、人間のサポート役として欠かせない存在となって、社会の日常に溶け込んでいた。
シカゴに本社を構えるロボット開発販売企業のUSロボティクス社(通称:U.S.R.)では、新たに開発された、会社の中枢コンピューター「ヴィキ(VIKI)」にシステムをリンクさせ、利便性の増した次世代家庭用ロボットNS-5(Nestor Class 5)が出荷されようとしていた。

そんな時、ロボット嫌いなデル・スプーナー刑事の下に、彼の恩人でもあるラニング博士がU.S.R.本社ビルで死亡しているのが発見されたと連絡が入り、向かった現場にはスプーナーを呼ぶよう遺言が記録されたホログラムプロジェクターが残されていた。
警察は自殺と判断したが、どうしても腑に落ちなかったスプーナーは、ラニング博士の愛弟子でロボット心理学者のスーザン・カルヴィン博士と共にラニング博士の研究室の中を探ると、「サニー」と名乗る限りなく人間に近い感情を持つNS-5型ロボットを発見し、彼との出会いを機に事件の裏にある恐ろしい陰謀が明らかになっていく。

登場人物

  • デル・スプーナー

演:ウィル・スミス
吹替:山寺宏一(ソフト版)・東地宏樹(フジテレビ版)
本作の主人公で、シカゴ市警に勤める刑事。過去の遭遇したある事件がもとでロボット嫌いになり、それが原因で警察署内でもはみ出し者になっているが、刑事としては優秀であり、上司であるバーギン警部補とは友人である。

  • サニー
声・動作:アラン・テュディック
吹替:田中明生(ソフト版)・森田順平(フジテレビ版)
本作のもう一人の主人公。ラニング博士のラボに隠れていたところを発見された『NS-5』型ロボット。他のNS-5達と同様に丁寧な口調で話すが、通常の個体とは違い瞳が蒼く、より人間に近い感情を持っている。

  • スーザン・カルビン
演:ブリジット・モイナハン
吹替:坪井木の実(ソフト版)・岡寛恵(フジテレビ版)

  • アルフレッド・ラニング
演:ジェームズ・クロムウェル
吹替:大木民夫(ソフト版)・堀勝之祐(フジテレビ版)

  • ローレンス・ロバートソン
演:ブルース・グリーンウッド
吹替:森田順平(ソフト版)・小川真司(フジテレビ版)

  • V.I.K.I.
声:フィオナ・ホーガン
吹替:石塚理恵(ソフト版)・堀越真己(フジテレビ版)

  • ジョン・バーギン警部補
演:シャイ・マクブライド
吹替:楠見尚己(ソフト版)・辻親八(フジテレビ版)

  • ファーバー
演:シャイア・ラブーフ
吹替:結城比呂(ソフト版)・宮下栄治(フジテレビ版)

関連タグ

アメリカ映画
SF映画 アクション映画
ロボット 近未来

pixivに投稿された作品 pixivで「アイ,ロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2569

コメント