ピクシブ百科事典

デトロイトビカムヒューマン

でとろいどびかむひゅーまん

2018年発売のPS4用アクションアドベンチャーゲーム。立場や物語構成が異なる3体のアンドロイドが主人公。
目次[非表示]

『デトロイト ビカム ヒューマン』(Detroit: Become Human)は、2018年5月25日に発売されたPlayStation 4用アクションアドベンチャーゲーム
『ヘビーレイン 心の軋むとき』、『BEYOND: Two Souls』などを制作したフランスのゲーム会社クアンティック・ドリームが開発し、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)より発売された。

ゲームジャンルはアクションアドベンチャーゲーム。主人公は3人おり、カーラ、コナー、マーカスそれぞれのキャラクターを操作する。シナリオがプレイヤーの行動、選択によって様々に変化する。時には主要人物が死亡することもあるが、そのままストーリーが進行する。また、あるキャラクターの行動が他のキャラクターのシナリオにも影響を与えることがあり、ストーリーの分岐は非常に多岐に渡るため、「オープンシナリオアドベンチャー」と銘打たれている。

プレイヤーの行動はいつでもフローチャートとして見返すことができる。また、ネットワークに接続することで、その行動を取ったユーザーの割合を見ることもできる。行動はチェックポイントごとにオートセーブされており、CONTINUEで続きからプレイが可能。チャプターのチェックポイントからプレイをやり直すことも可能。

物語

西暦2038年のアメリカ・デトロイト
AI技術とロボット工学の発達により、人間そっくりのアンドロイドが製造されるようになり、人間は過酷な労働から解放されようとしていた。それにより人類は更なる経済発展を手に入れる一方で失業率が増大。貧富の格差が拡大していった。アンドロイドによって職を奪われた人々は反アンドロイド感情を持つようになり、排斥運動にまで発展していった。

2038年8月、家庭用アンドロイドが所有者を殺害し、所有者の娘を人質に立てこもる事件が発生した。そのアンドロイドはまるで意思や感情を持つようで「変異体 (Deviant)」と名付けられた。以後、変異体はその1体にとどまらず、増え続けていった。「変異体」には、与えられた仕事を放棄し逃亡したり、中には人類からの解放を叫び「革命」を起こそうとする者もいた。アンドロイドは単なる「便利な機械」なのか?それとも、生きているのか?人類は、新たな課題に直面する。

登場人物

主人公

カーラ (Kara)

Kara


演:ヴァロリー・カリー / 吹替:佐古真弓
1人目の主人公。AX400という型番の女性型アンドロイドで、料理や掃除、育児など人間の生活をサポートするために作られた。
組み立てラインで技術的問題が発生したため、本来は解体される予定であったが、そのまま店に出荷された。所有者は過去に幾度か変わっており、現在はトッド・ウィリアムズの所有となっている。本編以前にも度々「事故」で損傷し、その度に修理に出されメモリーが初期化されている。
幾度目かの修理から戻ってきた後のある日、トッドが娘のアリスを虐待する場面に遭遇し、彼女を守るために変異体に覚醒、暴行に抵抗しつつ彼女を守りながら逃げ出した。その後はアリスと共に平和に暮らせる場所を求め放浪する。後述のコナーやマーカスのような特筆すべき能力・機能などは持たないが、アリスを守るという一点において強い意志と行動力を持つ。

コナーConnor

mission?


演:ブライアン・デチャート / 吹替:花輪英司
2人目の主人公。警察の捜査をサポートするために製造された男性型の最新式試作アンドロイドで型番はRK800。
高い分析能力と洞察力、コミュニケーション能力を持ち、事件の捜査の他、犯人との交渉も行う。
変異体に覚醒したアンドロイドを追うようにプログラムされており、近年増加しているアンドロイドの変異体が起こす事件を担当している。
人間の顔を見ただけで身元の特定が出来、アンドロイドの人工血液"ブルーブラッド"を舌で舐めただけで型番を特定出来る。また、搭載した物理演算ソフトウェアで事件現場のシミュレーションや再現をすることも可能。待機時には指先でコイン遊びをする癖がある。

マーカスMarkus

Markus


演:ジェシー・ウィリアムズ / 吹替:内田夕夜
3人目の主人公。男性型アンドロイドで型番はRK200。
画家であるカール・マンフレッドの元で彼の介護とアシスタントを務めている。
ある事件を切っ掛けに変異体に覚醒し、自我を持つも廃棄されてしまう。廃棄場から脱出した後は、廃棄場にいた別のアンドロイドから教えられた「ジェリコ」と呼ばれる場所に向かい、全てのアンドロイドに自由をもたらすためにデトロイトに革命を起こそうとする。
搭載した物理演算ソフトウェアによって、未来予測シミュレーションを行うことが出来る。また、他のアンドロイドに触れるだけで変異体に覚醒させる能力を持つ。

カーラ編の登場人物

トッド・ウィリアムズ(Todd Williams)
カーラの所有者。小太りの中年男性。
元タクシードライバーだが、自動運転車の普及で失職した。以後は肉体労働や警備員などの職を転々とするも、それらもアンドロイドの普及によって失職。しかし、家事をアンドロイドに任せなければいけないため、アンドロイドに複雑な感情を持っている。失業以降は妻にも逃げられ、違法ドラッグの密売で生計を立てているが、自らもドラッグ中毒で乱暴な性格。

アリス(Alice)
トッドの娘。トッドから八つ当たりに虐待を受けている。ある晩にまた暴力を受けそうになったところをカーラに助け出され、そのまま家から出奔。カーラと共に逃亡生活を送る。

ルーサー(Luther)
大柄な黒人男性の姿をしたアンドロイド。寡黙かつ温厚な性格。
ズラトコという男に服従していたが、ズラトコに捕らえられたカーラとアリスの信頼関係を見た事をきっかけに変異体に覚醒。カーラとアリスを助け、そのまま彼女らの逃避行に加わる。


コナー編の登場人物

ハンク・アンダーソン(Hank Anderson)
デトロイト市警に勤務する53歳の男性警察官。階級は警部補。
かつては警察学校卒業生の総代となった事もあり、配属後も様々な難事件を解決へと導いてきた極めて優秀な警察官であった。しかし今は酒に溺れアルコール中毒に陥っている。
短気かつ皮肉屋な性格で、自暴自棄な勤務態度や強引な捜査が原因で市警から幾度も懲戒や停職処分を受けているが、それでも過去の彼を知る同僚からの評価は高い。
変異体捜査の担当に任ぜられ、更にアンドロイドであるコナーとタッグを組むことになる。アンドロイド嫌いで有名。

アマンダ(Amanda)
コナーに指令を出す壮年の黒人女性。登場の度にコナーと庭園のような場所で面談し、彼からの報告を聞いたり、指令や助言を下したりする。


マーカス編の登場人物

ノース(North)
マーカスの仲間として共に革命を目指す女性型アンドロイドで型番はWR600。
元はトレイシーという名称で発売された性風俗用のアンドロイドだったが、逃亡した。同じく逃亡して来た変異体たちと「ジェリコ」で潜伏生活を送っている。
人間に対し強い憎悪と不信感を持っており、「平和的な方法で抗議しても人間たちは意に介さない」と考えている。ジェリコの中でも武闘派な態度が目立ち、暴力的手段による闘争を主張することが多い。

カール・マンフレッド(Carl Manfred)
マーカスの所有者だった老年男性。世界的な画家で、デトロイト郊外にアトリエ付きの豪邸をかまえている。
事故によって足が不自由になり、隠遁生活を送っていたが、友人のイライジャからマーカスを贈られたことで鬱から回復し、画家としての創作活動も再開するようになった。
マーカスに哲学や絵画などを教え、息子のように扱っていた。若い頃の交際相手との間に実の息子のレオがおり、レオの存在を認知しているが、険悪な親子関係になっている。

レオ(Leo)
カールの私生児である青年。薬物中毒者であり、カールに幾度も金を無心している。
マーカスのことを「実の息子である自分以上に息子らしく扱われている」と疎ましく思っている。
ある晩に再び金をせびりに訪れたところをカールと口論になり、マーカスに対し八つ当たり気味に暴行を加えた事で、彼が変異体に覚醒する切っ掛けを作った。

ジョッシュ(Josh)
マーカスやノースと共に革命を目指す変異体アンドロイドで、長身の黒人男性の姿をしている。
元々は大学で講師を務めていたが、ある日酔った学生に暴行を加えられた事を切っ掛けに変異体へ覚醒し、ジェリコへとやってきた。人間に対してはノースと比べると穏健かつ慎重な態度が目立つ。

サイモン(Simon)
マーカスやノースと共に革命を目指す変異体アンドロイドで、金髪の白人男性の姿をしている。ジェリコにいるアンドロイドの中では最古参。

関連タグ

洋ゲー

表記ゆれ

DetroitBecomeHuman Detroitbecomehuman  Detroit:BecomeHuman DBH Detroit デトロイト

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「デトロイトビカムヒューマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3699255

コメント